CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.0 アップデータ がリリース!3D機能の改善、メッシュ変形の強化など

CGソフト

2023年12月5日 – セルシスは、イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」の最新バージョンVer.2.3.0をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、3Dデッサン人形の操作性を改善するなどの3D機能強化やメッシュ変形の強化など多くの機能アップデートが行われています。

Ver.2.3.0は、将来のバージョンに搭載される新機能を先行して利用できる機能追加アップデートで、月額利用プラン/アップデートプランをご利用の方が利用可能です。これらの機能は、先日発表されたVer.3.0 に含まれることになります。

2024年3月リリース予定の CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0 の価格・新機能が公開!
2023年11月22日 - セルシスは、ペイントソフトウェアの次期アップデート CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0 の提供開始、価格、新機能の...

メッシュ変形の強化

メッシュ変形で複数の格子点を選択できるようになり、複雑な変形もスムーズに行えるようになりました。

[編集]メニュー→[変形][メッシュ変形]実行時の[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットに、[選択の追加(クリック)][選択の追加(範囲選択)][変形対象上のドラッグ操作]が追加され、これらの設定や修飾キーを使用することで、複数の格子点をまとめて選択し、移動できます。

3Dデッサン人形の操作性改善

3Dデッサン人形と3Dキャラクター素材の部位をドラッグしたときに、自然な動きになるように操作性が改善されました。他にも、ポーズを設定するためのマニピュレーターが追加され、3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材をアニメーションコントローラーで操作するときには、[ツールプロパティ]パレットの[関節角度制限]の設定が反映されるようになりました。

パースをつけない3Dオブジェクトの表示【EX/PRO】

従来の「透視投影」に加え、3D空間にパースがかからない「平行投影」を選択できるようになりました。[オブジェクト]サブツールで3Dレイヤー選択時の[サブツール詳細]パレットの[カメラ]カテゴリに、[投影方法]が追加されています。

ノーマルマップが設定された3Dファイルの読み込みに対応

3Dレイヤーで、テクスチャで陰影や凹凸を表現できる法線マップ(ノーマルマップ)を使用した描画ができるようになりました。法線マップが設定された3D素材や、FBX形式・glTF形式・GLB形式の3Dファイルを読み込むと、自動的に法線マップが描画されます。

鮮やかでリアルな混色を使ったグラデーションの作成が可能に

[グラデーションの編集]ダイアログや[グラデーションマップ]ダイアログに、[混色モード]が追加され、[知覚的]などの項目を選択したり、[輝度の補正]などを行えるようになりました。

[知覚的 (Photoshop互換)]・[リニア (Photoshop互換)] を選択すると、Adobe Photoshopドキュメント(拡張子:psd)・Adobe Photoshop ビッグドキュメント(拡張子:psb)のファイルの読み込みや書き出し時のグラデーションの互換性が強化されます。これらの初期値は[混色モード]は[知覚的]、[輝度の補正]は[高]に設定されます。

テキスト機能の強化

[テキスト]ツールや、[オブジェクト]サブツールを使用してテキストレイヤーを選択したときの[サブツール詳細]パレットの[フォント]カテゴリに、[カーニング]が追加されました。

さらに、[行間・揃え]カテゴリには、[均等揃え]が追加されています。[フレームで折り返す]をオンの状態で[均等揃え]を設定すると、行の先頭と末尾の文字がテキストボックスの両端に揃うように配置されます。

タブレット版の機能強化

【iPad / Galaxy / Android / Chromebook】

一定間隔で保存する機能が追加

一定間隔で保存を実行する「保存の間隔」や「保存方法」を設定できるようになりました。

シンプルモードのUIが左右反転できるように

タブレット環境のシンプルモードにおいて、インターフェースを左右反転できるようになりました。

スマートフォン版がより使いやすく

スマートフォン環境で無料使用できる時間が、毎日1時間から毎月30時間に変更されました。また、Galaxyなど筆圧検知可能なスマートフォン環境において、スマートフォンプラン契約中の場合に、ペンの筆圧・回転・傾きを検知できるようになりました。

DC3マスターコンテンツ登録機能【EX】

CLIP STUDIO PAINTで制作したイラスト・マンガをDC3マスターコンテンツとして登録できる機能が正式に追加されました。

[ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]または、【Win/mac】[ファイル]メニュー→[複数ページ書き出し]→[同人誌印刷データを出力]からファイルの出力が完了したあとに表示されるダイアログに、[DC3マスターコンテンツを登録]が追加されています。

また、CLIP STUDIO MONOが正式リリースされました。登録したDC3マスターコンテンツから「唯一無二」のコンテンツを製造し、CLIPPYを使って取引することができます。詳細は以下の記事をご参考に

セルシス、DC3コンテンツを出品・入手できる新サービス「CLIP STUDIO MONO」が正式リリース
「CLIP STUDIO MONO」は2023年12月5日に正式リリースされました。 2023年9月26日 - 株式会社セルシスの提供する「CLIP STUD...

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

CLIP STUDIO PAINT は、Microsoft Windows 64bit 10,11, macOS12-14, iPadOS 16, 17,  iOS 16- 17, Chrome OS含むAndroid 11以降(ARM32 / ARM64) で利用できます。より詳しいシステム要件はこちらから

製品ラインナップと価格は以下のようになっています。

CLIP STUDIO PAINTの新規利用をご希望の方は、おすすめプラン診断でご希望に応じた最適な利用方法を確認できます。

■一括払い (無期限版)

製品名価格(税込)
CLIP STUDIO PAINT PRO  ダウンロード版5,000円
CLIP STUDIO PAINT EX  ダウンロード版23,000円

■月額利用プラン 月払い/年払い

製品名価格(税込)
CLIP STUDIO PAINT PRO 1デバイスプラン月額:480円
年額:2,800円
CLIP STUDIO PAINT EX 1デバイスプラン月額:980円
年額:7,800円

EXとPRO版の比較やその他の購入オプションの確認はこちらから

アップデートについて

Ver.2.xは、将来のバージョンに搭載される新機能を先行して利用できる機能追加アップデートであり、月額利用プランとアップデートプランのユーザ―が利用できます。

ダウンロード版(無期限版・一括払い)をお持ちでアップデートプランを契約されていない方は、アップデートプランのご利用が必要です。

アップデートプランの価格は以下のようになっています。

製品名価格(税込)
CLIP STUDIO PAINT PRO アップデートプラン年額:1,100円
CLIP STUDIO PAINT EX アップデートプラン年額:3,100円

また新規ユーザーの方は3か月間の無料の体験版が利用できます。

ダウンロードはこちらから

CLIP STUDIO PAINT ウェブサイトへ


CLIP STUDIO PAINT Ver.2.3.0機能追加アップデータを公開 3D機能の改善やスマホ版の連続無料使用時間を拡大など

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました