Unity 2023.2 Tech Stream が利用可能に!

CGソフト

2023年11月16日(現地時間)- Unity は、Unity 2023.2 Tech Stream が利用可能になったことを発表しました。

Unity 2023.2 Tech Streamは、2023開発サイクルの最新リリースとなります。Unite 2023 Keynoteで発表されたように、Unity 2023 LTSの名前は、Unity 6に変更されます。これにより、2023.1(7月リリース)以降のLTSまでのすべての2023リリースは、新しいUnity 6にロールアップされることになります。

この変更に伴い、今後リリースの命名規則もUnity 6に移行されますが、この2023.2 Tech Streamは簡単に見つけられるようにそのままとなります。いつものように、Tech Streamのリリースは次のメジャーリリースまで完全にプロダクションサポートされます。

新機能ハイライト

スケーラブルなレンダリング

2023.2では、クロスプラットフォームのライティング・パフォーマンスの向上、HDRP(High Definition Render Pipeline)の大気機能の強化、VFX Graphのアーティストワークフローの改善が行われ、プロジェクトのクオリティとリアリズムが向上しました。

Scriptable Render Pipelines (SRP) Adaptive Probe Volumes のパフォーマンス

Adaptive Probe Volumes (APV) は、特にモバイルデバイス上のUniversal Render Pipeline(URP )での反復時間とランタイムパフォーマンスを強化するために大幅にアップグレードされました。

HDRP Light Probe Data Streaming from Diskの導入により、よりスムーズなランタイムエクスペリエンスが可能になり、CPUプールを最適化することで、大規模なシーンにおけるすべてのプローブデータを収容できるようになりました。

以前は、APVはピクセル単位のクオリティの間接照明のみをサポートしていましたが、これはAPVが実行時に許容可能なパフォーマンスレベルを下回る可能性があるため、モバイルデバイスには適さないことがあります。APVの頂点単位の品質設定により、ライトプローブからの間接照明の品質レベルを決定でき、モバイルデバイス上でライトプローブ照明環境を効率的に実行できます。ジオメトリの複雑さに応じて、品質よりもパフォーマンスを優先する場合に便利です。

GPU Lightmapperのプレビュー終了

GPU Lightmapper の製品リリースは、ゲームチェンジャーとされており、CPU Lightmapperの機能を上回るライトマップとプローブの光速ベイクを提供します。GPU Lightmapperは、CPU Lightmapperと比較して、ライティングデータの処理にかかる時間を半分以下に短縮でき、大規模なシーンや高解像度のライトマップテクスチャに最適です。

さらに、Static Global Illumination (GI)を使用している場合、新しい Interactive Preview機能 により、”Auto Generate “に代わって、ベイクされたライティングデータのオーサリングとトラブルシューティングがより簡単に行えるようになりました。

 

ベイク後にライトプローブを移動する新しいAPI

ライトプローブを含むモジュラーコンテンツを構築する際、ライトプローブの位置が読み取り専用に制限されることがなくなりました。このリリースでは、プローブがベイクされた後にライトプローブの位置を変更できるAPIが提供されます。

HDRPによる環境機能の強化

HDRPは、ビジュアル体験を拡張するための機能強化が行われました。

  • HDRP Night Skyは、より没入感のあるシーンのために、星や月のような天体を統合し、時間帯の遷移をサポートするようになりました。

  • Volumetric Cloudsは、Beer shadow mapsによってビジュアルクオリティが大幅に改善され、よりリアルで視覚的に魅力的なSelf-shadowingエフェクトを提供します。
  • SpeedTreeのビジュアルクオリティがHDRPで強化され、新しい Transmission Mask を活用して、葉にのみサブサーフェススキャッタリングを適用できるようになりました。木の皮や小枝から意図しない透過光を除去したり、3Dジオメトリのライティングと一致しない明るすぎる看板照明を修正できるようになりました。
  • デカールの改良には、パストレーサーとの互換性が含まれています。 シェーダーグラフベースのデカールは透明オブジェクトに影響を与えることができるため、雨滴、波紋、カスタム彫刻、ガラス上の汚れエフェクトなどのプロシージャルエフェクトを構築できます。

VFX Graph Artistワークフロー

  • 2022 LTSでは、HDRP向けにVFX Graph 6-way lighting が導入され、URPでも利用できるようになりました。これらのツールを使用すると、ライトマップをベイクし、実行時にスプライトシートでライティングをシミュレートできるため、異なるライティング条件下で動作する煙、雲、蒸気などのカスタマイズ可能なエフェクトを作成できます。

  • VFX Graph の Motion Vectors サポートは、URP Object Motion Blurのサポートと連動し、アーティストはカメラの露光時間よりも速く動くオブジェクトをぼかすことができるようになりました。これにより、 Temporal Anti-Aliasingのようなシステムとシームレスに統合された印象的なビジュアルエフェクトを提供することができます。
  • 新しい VFX Graph Templates and Wizard は、定義済みのエフェクトを提供するテンプレートウィンドウにアクセスでき、ユニークなエフェクトを簡単に作成するための出発点として機能します。
  • 熟練したVFXアーティストや開発者のために、Custom HLSL Blockが追加されました。これによりVFX Graphの可能性が広がり、(近傍探索による)群れのようなエフェクトを追加したり、バッファから読み出してオーディオをトリガーしたりすることができます。

シェーダーグラフとUIの統合

Shader Graphのアップデートには、UGUI用のShader Graphが含まれており、パフォーマンスとメモリコストを削減しながら、無限のアニメーションエフェクトを作成し、UIの動作と外観を調整することができます。

プラットフォームの強化

複数のプラットフォームにまたがる最新のビジュアル改善により、ゲーマーが求めるグラフィックリッチな体験が強化されるとともに、Androidデバイスの安定性が向上し、モバイルゲーム全体が改善されました。

  • ハイダイナミックレンジ(HDR)クロスプラットフォームディスプレイサポートのリリースにより、より自然な照明条件に近い、より高い輝度差のある画像を再現することができるようになりました。HDR出力により、デバイスに表示されるリニアライティングレンダリングとHDR画像のコントラストと品質をより良好に保つことができます。また、Unityエディタとスタンドアロンプレイヤーは、モバイルやXRを含むすべてのレンダリングパイプラインと対応プラットフォームで、HDRトーンマッピングと表示を完全にサポートするようになりました。
  • DXR1.1対応のWindowsプラットフォーム、XboxシリーズX|S、およびPlaystation®5をターゲットとする場合、ラスタライズおよびコンピュートシェーダで利用できるインラインレイトレーシング(inline ray tracing)により、ハードウェアアクセラレーションを駆使した魅力的なレイトレーシング効果とシミュレーションを実現できるようになりました。
  • Google との提携により、Android でのインストー ルや ランタイム エクスペリエンスが改善され、ダウンロード サイズを削減し、ゲームの全体的な安定性に影響する問題について、重要なインサイトを提供できるようになりました。
  • 推奨されるUnityアセット管理ソリューションであるAddressablesに、Play Asset DeliveryとTexture Compression Format Targetingが追加されました。新しいAddressable for Androidパッケージでは、新規または既存のAddressablesセットアップを使用して、Play Asset Deliveryの動的配信オプションのメリットが得られます。これをTexture Compression Target Formattingと組み合わせると、プレイヤーはデバイス用にカスタマイズされたテクスチャを、より小さな初期インストールサイズで入手できます。新しいパッケージの詳細はこちらから
  • アプリケーションの終了理由へのアクセスを提供する多数の新しいC# APIを統合できるようになりました。これらのインサイトは、クラッシュやアプリケーション応答なし(ANR)イベントの場合のユーザーメッセージの微調整、分析への送信、あるいはゲームの起動方法の適応に役立ちます。詳しくはドキュメントをご覧ください。

Meta Quest 3のサポート

Unityは、2022 LTS、2023.1、2023.2でMeta Quest 3のサポートを追加しました。以前のQuestデバイスで利用されていた使い慣れたワークフローでVRゲームを作成できます。さらに、AR Foundationを活用して、Quest 3向けの複合現実体験を作成し、強化されたパススルーを活用して、デジタルコンテンツを物理的な世界とシームレスに融合させることができます。

新しいAR、VR、MRテンプレート

MR(Mixed Reality:複合現実感)、VR(Virtual Reality:仮想現実感)、AR(Mobile AR:モバイルAR)用の新しいプロジェクトテンプレートが追加されました。

これらのテンプレートは、OpenXR、Meta Quest、Windows Mixed Reality、ARKitおよびARCore対応デバイスのビルドとデプロイに役立ちます。AR FoundationとXR Interaction Toolkit(XRI)を使用してワールドトラッキングと入力およびインタラクション機能を実演するサンプルシーンで基本を学ぶことができます。

テンプレートはUnity Hubからダウンロードでき、詳細はドキュメントをご覧ください。

XRインタラクションツールキット

XRIには、より優れたインタラクティブ体験の作成に役立つアップデートが多数含まれるようになりました。レイベースのインタラクションが更新され、オブジェクトをつかむ際の精度が向上しました。

さらに、よりインタラクティブなクロスプラットフォームゲームを構築できるように、視線と手の機能が追加され、視線でオブジェクトをターゲットしたり、コントローラーと手を交換したり、手首にメニューをスポーンしたりできるようになりました。

また、クライミングベースのインタラクションもアップデートされ、より柔軟なクライミング機能を構築できるようになりました。

XRI 2.4とXRI 2.5の新機能については、ドキュメント( XRI 2.4 / XRI 2.5 )をご覧ください。

マルチプレイヤー

WebGLのサポートやUnity Gaming Services  Relayとの統合の簡素化など、 Unity Transportのさらなる改善が行われています。

さらにこのアップデートでは、ネットワーク状況をシミュレートする新しいネットワークシミュレーションツールがNetcode for GameObjectに導入されました。

拡張可能なUI

UI Toolkit for Unityの最新アップデートにより、UI要素へのデータ接続の容易性と柔軟性が強化され、エディタとランタイムの両環境におけるUIの開発プロセスが合理化されました。

新しいRuntime Bindings機能は、UI Builderを使用するか、包括的なAPIを使用してC#コードから直接設定できるようになりました。さらに、UXML SerializationとAttributesの導入により、カスタムUIエレメントを素早く作成できるようになりました。C# Attributesを活用し、UI Builder内にCustom Property Drawersを統合することで、繰り返しのコーディングの必要性を低減します。

UI Builder自体も、スタイル プロパティのソースを表示する新機能、キャンバス操作の高速化、UXMLオブジェクト オーサリングのサポートなど、大幅に強化されています。これには、複数カラムのTreeViewやListViewのような複雑なUIコンポーネントの編集機能も含まれます。

また、ToggleButtonGroup や TabView などの新しい UI Toolkit コントロールや、Buttons のアイコンサポート、ListView や TreeView 要素のカスタマイズオプションなど、既存のウィジェットの改善も行われています。

Unity のシーンビューは、UI Toolkit を使用して作成され、C# を使用して拡張可能な、右クリックまたはキーボードショートカットからアクセス可能な新しいコンテキストメニューでアップグレードされました。このメニューは、一般的なコマンドへのクイックアクセスを提供し、新しいツール開発のために調整することができます。

スプラインの機能も改善され、スプラインオブジェクトの新しいデータ保存オプションや、インスペクタの洗練されたポイント編集インターフェイスが追加されました。シーンビューのコンテキストメニューはここでも利用でき、スプラインの作業効率を高めます。

オーディオ

このリリースでは、Audio Random Container(ARC )が導入されました。オーディオワークフローを強化するために設計されたARCは、Unity内の様々なアプリケーションにランダム化されたオーディオエレメントを提供します。この追加は、コードを記述することなく、よりダイナミックで没入感のあるオーディオ体験を作成するための重要な一歩となります。

アセットレベルで利用できるようになったARCは、一般的なアンビエントノイズ、衝撃音、ダイアログクリップなどのランダム化されたエフェクトを設定する機能を提供し、スクリプトで設定するのではなく、必要に応じてトリガーすることができます。

パフォーマンスの最適化

Unity Profilerに新しい Highlights module が追加されました。これはCPU/GPUのボトルネックを素早く特定するのに役立ち、パフォーマンス最適化の出発点となります。2023.2では、このモジュールはデフォルトでは有効になっていないので、Profilerウィンドウを開き、Profiler Modulesドロップダウンメニューを選択して、Highlights機能をオンに切り替えて使用する必要があります。

2023.2 Tech Stream の内容について詳しくは、機能の包括的なリストについてはリリースノートを、使用方法の詳細についてはUnity マニュアルを確認してください。

今後の展望についてはロードマップページをご参考に

ダウンロード

Tech Streamリリースは次のバージョンまで毎週アップデートでサポートされますが、新機能の長期的なサポートは保証されないことに留意してください。また、新しいバージョンにアップグレードする前に、必ずバックアップを取ることを忘れないでください。アップグレードガイドを参考に。

本番環境でのプロジェクトでは、より高い安定性とサポートのためにUnity 2022 LTSを使用することが推奨さています。

Unity 2023.2 のダウンロードはこちらから


Unity 2023.2 Tech Stream is now available

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました