AMD、プロ向けワークステーショングラフィックスカード AMD Radeon PRO W7700 を発表

PC関連

2023年11月13日(現地時間) – AMD は、コンテンツ制作、CAD、AIアプリケーション向けに、信頼性、安定性、価格対性能の理想的な組み合わせを提供する、1,000ドル以下のプロフェッショナル向けワークステーショングラフィックスカード AMD Radeon™ PRO W7700 を発表しました。

AMD Radeon PRO W7700

この新しいワークステーショングラフィックスカード AMD Radeon PRO W7700 は、メディア&エンターテインメント、デザイン&製造、建築、エンジニアリング&建設など、クリエイティブ産業の高まる要求に応えるように設計されています。

16GBの高速VRAMにより、3Dアーティストやビデオ編集者は、より高解像度のモデルやテクスチャを使用し、複雑なエフェクトを処理することができます。また、アプリケーション間でのデータ交換も可能なため、編集、合成、レタッチをマルチタスクで行い、プロジェクトの納期に間に合わせることができます。

さらに、ビデオ編集者は、DisplayPort™ 2.1のサポートにより、より豊かな色空間と、現在利用可能な最高解像度のディスプレイを活用する能力から恩恵を受けることができます。また、この新しいグラフィックスカードは、AV1エンコード/デコード2およびAI強化ビデオエンコード機能で最新のコーデックをサポートし、ビデオ制作を合理化および高速化します。

次世代のCADとデザインを実現

高性能でエネルギー効率に優れたAMD RDNA™ 3アーキテクチャを採用したRadeon PRO W7700ワークステーショングラフィックスカードは、競合製品と比べて最大1.7倍の価格対性能を実現します。

また、この新しいグラフィックスカードは、競合他社のソリューションと比較して、SOLIDWORKS4で最大52%、Creo5で最大24%、CATIA6で最大37%の高いパフォーマンスを発揮し、フォトリアリスティックなレンダリングや没入感のあるウォークスルーの作成を実現します。また、DisplayPort™ 2.1およびAMD Radiance Display™ Engineテクノロジーは、最大4台のディスプレイでプロジェクトを表示するための優れた解像度と鮮やかな色深度を提供します。

AIアクセラレーション

ハードウェアベースのAIアクセラレータを搭載したこのグラフィックスカードは、DaVinci Resolve、Adobe Premiere、Topaz Labs Video AIなど、最新のアプリケーションにおけるAIワークロードを高速化するように設計されています。

主な仕様

モデル計算ユニット
AI アクセラレータTFLOPS
(ピーク単精度)
GDDR6メモリ
(ECC 付き)
メモリバスディスプレイ出力 ボードの
合計

電力
AMD Radeon PRO W7700489628(FP32)16GB256-bit4X UHBR 13.5 DisplayPort™ 2.1190W

より詳しい情報はこちらから

価格と販売時期

AMD Radeon PRO W7700ワークステーショングラフィックスカードは、2023年11月13日に大手小売業者から発売される予定です。OEMワークステーションおよびSIシステムでの発売は、2023年11月に開始される予定です。AMD Radeon PRO W7700ワークステーショングラフィックスカードのSEP(標準小売価格)は999ドルです。


New AMD Radeon PRO Workstation Graphics Card to Power Next-Generation Professional Content Creation, CAD and AI Applications

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました