Open 3D Engine 23.10 がリリース、ロボット機能、グラフィックスとレンダリング パフォーマンスの強化など

CGソフト

2023年10月9日(現地時間) –  オープンソースのリアルタイム3D開発エンジン Open 3D Engine の最新アップデート バージョン 23.10 がリリースされました。

新機能ハイライト

このリリースでは、ゲームクリエイターやロボットシミュレーション開発者のオーサリング体験が向上しています。コアエンジンの改良に加え、O3DEのロボット工学ユーザーは、ロボット工学シミュレーション用のドライバ、最先端のアルゴリズム、開発者ツールを提供するロボットオペレーティングシステム(ROS2)との統合を提供するGemであるROS2 Gemが更新されました。

強化されたロボット機能

Open 3D Engineのモジュラーデザインは、正確なニーズに合わせて微調整できます。これは、、ロボット工学において特に重要です。この柔軟性は、業界で最も緊密なROS2統合と相まって、プロジェクトを構築する際に多様な要求とトレードオフに直面することが多いROS開発者にとって最適です。

この最新リリースでは、ロボット開発のための多くの新機能が導入されています:

  • ロボティクスプロジェクトテンプレートの大幅な改善。
  • ロボットアームのクイックスタートを可能にするマニピュレーションテンプレートが追加されました。テンプレートには、Robot Operating System 2 (ROS 2)パッケージでの実行をガイドするミニチュートリアルも含まれています。
  • 再設計されたマニピュレーションコンポーネント
  • プリズムジョイントのサポートが追加されました。
  • カメラとLiDARセンサーの性能向上、設定可能性が向上し、ノイズの追加をサポート。
  • 2つのグリッパー(Gripper)にフィンガーグリッパー(Finger Gripper)とバキュームグリッパー(Vacuum Gripper)が追加されました。
  • 新しい接触センサー(Contact sensor)と独自のセンサーを追加する機能
  • SDFおよびURDF形式のロボットインポート機能の向上

強化されたグラフィックスとレンダリング パフォーマンス

レンダリング システムにさまざまなビジュアルおよびパフォーマンスの改善が導入されています。

  • メモリ サポートの向上: Vulkan メモリ アロケータ (VMA) サポートおよび DirectX メモリ アロケータ (DX12MA)
  • メッシュのインスタンス化
  • モバイルシェーダーのパフォーマンス向上
  • マルチGPUサポートのフレームワーク
  • レイトレーシング反射の追加

自動化機能を含む改良されたオーサリング体験

O3DE 23.10リリースでは、これまでにない自動機能を含むワークフローが強化されました

コンパクトノード

スクリプトキャンバスにコンパクトノードが追加されました。これは、シンプルな操作を扱うノードで、より少ないビジュアルスペースで、よりコンパクトでデバッグしやすいグラフを実現します。

新しいドキュメント・プロパティ・エディタ(実験的)

Document Property Editor (DPE) (デフォルトは無効)は、ツール作成者が Qt ベースの UI や要素の並べ替え、ユーザー主導のフィルタリングに特有の複雑さに触れることなくエディタを記述できるようにする新しいフレームワークです。

DPEにより、開発者はXMLのような “ドキュメント “でユーザーインターフェースのレイアウト、編集動作、一般的なプロパティを指定でき、DocumentPropertyEditorウィジェットはそれを解釈して、希望するユーザーエクスペリエンスを作成します。

O3DEの “Console Variables “エディタはDPEフレームワークを使って書かれた最初のツールで、DPEベースのEntity Inspectorの実験的なサポートがこのリリースで登場しました。

■新しいプレハブオーバーライド(実験的)

新しいドキュメントプロパティエディタ(DPE)インスペクタにプレハブオーバーライドのサポートを追加(デフォルトは無効、DPE を有効にする必要あり)

プレハブのオーバーライドはインスペクタで青い点として表示されるようになりました。ユーザはプロパティおよびコンポーネントレベルでエンティティのオーバーライドを確認および操作できます。

インストールとGemの改善

  • リモートオブジェクトリポジトリ(gems、テンプレート、プロジェクト)の自動作成により、O3DEの他のユーザーのコンテンツへのアクセスがこれまで以上に簡単になりました。
  • Ubuntu 20.04と22.04の両方に対応したLinux Snapパッケージにより、コンパイル済みのバージョンのO3DEをLinuxに簡単にインストールできるようになりました。Debian、Snap、またはGitHubインストールを利用する際のLinuxへのインストールとセットアップに関する多くの修正。
  • この最新リリースのその他の改善点には、Windows、Linux、Linux Server、および iOS の O3DE からプロジェクトをエクスポートする機能の改善と、Windows、Linux、iOS を含むすべてのプラットフォーム向けのビルド修正が含まれます。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

これらの新機能は、10月18日から22日(現地時間)までニューオーリンズで開催される国際的なロボット開発者会議  ROSConで実際に見ることができるとのことです。

ダウンロード

O3DEは、モジュール式のオープンソースでクロスプラットフォームな3Dエンジンです。

商用での使用料や義務はなく、Apache 2.0ライセンスで利用可能です。

O3DE最新版のダウンロードはこちらから


O3DE公式ウェブサイトへ

Get Speed and Efficiency Improvements in O3DE 23.10 and Join the First Open 3D Connect Virtual Meetup

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました