Epic、従業員の約16%を解雇し、Bandcamp等を売却

ニュース

2023年9月29日(現地時間)- EpicGamesは、Epicの従業員の約16%を解雇し、BandcampとSuperAwesomeの大部分を分社化しました。これは、Epicの従業員にメールで通知され、同時にウェブサイトにその内容が掲載されました。

Epic Gamesの創設者兼CEO Tim Sweeney氏は次のように述べています。

「ここしばらくの間、私たちは収入よりもはるかに多くのお金を使い、Epicの次の進化に投資し、クリエイターのためのメタバースに触発されたエコシステムとしてFortniteを成長させてきました。私は長い間、レイオフなしでこの移行を乗り切れると楽観視していましたが、振り返ってみると、それは非現実的なことでした。

Fortniteは再び成長を始めていますが、成長は主にクリエイターコンテンツによって推進されており、それには大きな収益分配が含まれています。これはFortnite Battle Royaleがブームを起こし、私たちの事業拡大に資金調達し始めた頃と比べると、利益率の低いビジネスとなっています。クリエイターエコシステムでの成功は素晴らしい成果ですが、私たちの経済に対する主要な構造的変化を意味します。

世界中のEpicのスタッフは、ネットゼロ採用への移行や、マーケティングやイベントなどの営業費用の削減など、コスト削減のための努力を続けてきました。しかし、それでも私たちは財政的な持続可能性にはほど遠い状態です。私たちは解雇が唯一の方法であり、今、この規模でそれを行うことで私たちの財政を安定させると結論づけました。

また、いくつかの売却を行っています。Bandcampは、アーティストをサポートする音楽マーケットプレイス企業であるSongtradrに加わります。SuperAwesomeの広告事業は、現CEOのKate O’Loughlinが率いるSuperAwesomeブランドの独立した企業になります。親の確認と同意管理ツールセットであるKids Web Services (KWS)は、引き続きEpicの一部であり続けます。

Epicの発展に貢献してくれた社員との別れは、誰にとっても辛い経験です。慰めとしては、解雇された社員をサポートするための十分な資金が用意されていることです。6ヶ月分の基本給と、米国/カナダ/ブラジルでは6ヶ月分のEpic負担の医療費を含む退職パッケージを提供しています。また、2024年末までのストック・オプションの権利確定スケジュールを早め、本日からさらに2年間、オプションを行使できるようにしています。米国では、401kの未取得利益分配金の権利確定も行います。また、キャリア移行サービスやビザサポートなどの福利厚生も可能な限り提供します。

現在も Epic に在籍している従業員には、シニアリーダーからチームの今後の方針について、さらに詳しい話を聞けるでしょう。Epicの将来の見通しは明るいです。複数のプラットフォームで素晴らしいゲーム体験を提供しています。世界最高のエンジンを構築し、来週にはコミュニティを集めて Unreal Fest を開催し、Unreal Engine と UEFN を使用して構築しているものにスポットライトを当てる予定です。クリエイターはフォートナイトのエコシステムで生計を立てており、サードパーティのゲームに費やす時間は、今やファーストパーティのゲームを上回っています。

私たちは、野心的な計画に集中し続けることができるように、開発や中核事業を壊すことなくコスト削減を行っています。解雇の約3分の2は、コア開発以外のチームで行われました。私たちの製品や構想のなかには、予定通りに着地するものもあれば、当面はリソース不足のため予定通りに出荷できないものもあります。目標を達成し、黒字化を達成し、メタバースのリーディングカンパニーになるための能力を維持するためであれば、スケジュールのトレードオフでも構わないと思っています。」

売却されたBandcampとSuperAwesomeの詳細については以下のページから

Songtradr acquires Bandcamp from Epic Games

SuperAwesome Leadership to acquire company from Epic Game

解雇について

雇用の16%にあたる約830人が解雇される予定です。解雇の約 3 分の 2 は、コア開発以外のチームとなります。さらにBandcampとSuperAwesomeの売却により、約250人がEpicを去ります。

開発部門や事業部門を犠牲にすることなくコスト削減を行っているため、事業部門は開発部門に比べて比べて大きな影響を受けています。

これらの変更は、財務的にビジネスを安定させるものであり、今回の解雇によりコスト構造をより持続可能なものにすることが達成されると考えられています。なので、これ以上の解雇は増えず、今後もEpicは、重要な役割のためにネットゼロ採用を継続していくとしています。

Epicの優先事項への影響について

Epicは、まだ、成功させなければならない取り組みをリリースすることに集中しているとしており、次のFortniteシーズンとFortnite Chapter 5, Del Mar, Sparks, Juno のスケジュールはそのままです。

また、『Fortnite』のファーストパーティ開発、『Fortnite』のクリエイターエコシステムとエコノミー、『Rocket League』、『Fall Guys』などのゲーム事業、ゲームおよびエンタープライズ向けUnreal Engine、Epic Games Store、Epic Games Publishing、Epic Online Services、Kids Web Services、MetaHuman、Twin Motion、Quixel Mega Scans、Capturing Reality、ArtStation、Sketchfab、Fabなどの開発者向けサービスへの投資も継続していくとしています。

今年3月に発表され今年後半にリリース予定であった新しいマーケットプレイスFabのリリースは 2024 年に延期することが発表されています。

Epic Games, Sketchfab, Quixel, ArtStation を統合した新しいマーケットプレイス「Fab」を発表
2023年3月23日(現地時間) - Epic Gamesは、新しいマーケットプレイス「Fab」を発表しました。 Fabとは Fab は、すべてのデジタルコ...

Epicは、10月下旬に長い社内会議を開催し、すべての取り組みと優先事項についての話し合いが行われる予定です。


Layoffs at Epic

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました