Apple Vision Pro 用 visionOSソフトウェア開発キット(SDK)の提供が開始

ニュース

2023年6月21日 – Apple は、Apple Vision Proの画期的なアプリ体験を生み出す新しいソフトウェアツールとテクノロジーの提供開始を発表しました。

visionOSソフトウェア開発キット(SDK)の提供が開始

Appleデベロッパのグローバルコミュニティは、Vision Proの無限のキャンバスを最大限に活用し、デジタルコンテンツと現実の世界をシームレスに融合して新しい体験を実現する、新しいクラスの空間コンピューティングアプリを作り出すことができるようになりました。

Appleは来月、クパティーノ、ロンドン、ミュンヘン、上海、シンガポール、東京でデベロッパラボをオープンし、デベロッパが自分たちのアプリを実際のApple Vision ProでテストしてAppleのエンジニアからサポートを得られる、実践的な体験を提供します。また、アプリの開発に携わるデベロッパは、Apple Vision Proで、すばやくビルドからテストまでを繰り返し行えるように、デベロッパキットを申し込むこともできます。

Appleの基盤フレームワークを活用

開発者は、Xcode、SwiftUI、RealityKit、ARKit、TestFlightのようなパワフルなテクノロジーを含め、ほかのAppleプラットフォームですでに慣れ親しんでいる基盤フレームワークを使って、Apple Vision Proの画期的な機能を活用する新しい体験を構築できます。

これらのツールによりデベロッパは、奥行きがあり3Dコンテンツを表示できるウインドウ、あらゆる角度から見ることができる体験を生み出すボリューム、境界のない3Dコンテンツでユーザーが完全に環境に浸ることができるスペースなど、様々な没入感に対応する新しいタイプのアプリを作り出せるようになります。

visionOSのアプリやゲームの3Dコンテンツを最適化するのをサポートするため、アップデートされたXcodeとReality Composer Proというまったく新しいツールが利用できるようになります。これによってデベロッパは、3Dモデル、アニメーション、イメージ、サウンドがVision Proで素晴らしい見栄えになるようにプレビューし、準備することができます。開発者は、新しいvisionOSシミュレータでアプリを操作して、様々な部屋のレイアウトや照明条件を試しテストすることも可能です。また、誰もが空間コンピューティングとvisionOSアプリを使えるように、すべてのデベロッパフレームワークにAppleの革新的なアクセシビリティ機能のサポートが組み込まれています。

Unityアプリをサポート

また、来月から、Unityの強力なオーサリングツールで3Dアプリやゲームを開発しているデベロッパは、自身のUnityアプリをApple Vision Proにポーティングしてパワフルな機能を完全に活用することができるようです。

Unityは、Apple Vision Proの発表時にApple visionOS 向けゲームやアプリ制作のためのベータプログラムを発表しています。

Apple visionOS 向けゲームやアプリ制作のための Unity ベータプログラム
2023年6月6日 - Unityは、Apple visionOS 向けゲームやアプリ制作のためのベータプログラムを発表しました。 空間体験のためのunity...

SDKへのアクセス

Apple Developer Programのメンバーは、developer.apple.comでvisionOS SDK、アップデートされたXcode、シミュレータ、Reality Composer Proを入手できます。登録済みのAppleデベロッパは、幅広い技術的な資料や新しいデザインキット、visionOSについてアップデートされたヒューマンインターフェイスガイドラインなど、Apple Vision Proのアプリの設計、開発、テストに役立つ様々なリソースにアクセスできます。

デベロッパがApple Vision Proの新しいアプリ体験のデザインについてさらに学んだり、来月から提供開始されるデベロッパキットの申し込みはこちらから


Apple Vision Proの空間体験を生み出すデベロッパツールの提供を開始

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました