Ziva VFX 2.1 がリリース!シミュレーションの品質、使いやすさの改善など

プラグイン

2023年3月2日(現地時間) – Unityは、Ziva VFX 2.1 のリリースを発表しました。

Ziva VFX とは

Ziva VFXは、映画やゲームなどの3Dキャラクターを作るときに使われるMaya用のプラグインで、柔らかい組織(筋肉、脂肪、皮膚など)の動きをシミュレーションすることができます。シミュレーションがもたらすキャラクター変形の細かいディテールやニュアンスにかかる時間を短縮するのに役立ちます。

詳細については、以下のUnityのブログをご覧ください

長編アニメーションでの Ziva の活用:スタイル化されたシミュレーションと機械学習に対応したワークフロー | Unity Blog
シニアソリューションエンジニアの Brian Anderson が、Ziva と機械学習を使って長編アニメーションに対応したキャラクターのシミュレーションを行う方法を紹介します。

新機能ハイライト

今回の2.1へのアップデートでは、シミュレーションの品質と一般的な使いやすさという点が改善されました。他にもMaya 2023をサポートするだけでなく、多くの機能改善とバグフィックスがあります。この中には、より優れた衝突検出と応答ソリューションも含まれており、解答時間を犠牲にすることなく、より正確で堅牢なシミュレーションを作成することができます。

iterative solver が改良され、すべてのインテグレータータイプをサポート

バージョン2.0で実験的な機能として導入された iterative solver (反復ソルバー)では、Inertial damping 属性を持たない Backward Euler integrator (後退オイラーインテグレータ) のみがサポートされました。

このリリースでは、4つのインテグレータの種類とその中で Inertial damping 属性がすべてサポートされています。これにより、反復ソルバーが直接ソルバーと同等の機能を持ち、同じシミュレーション結果を得ることができるようになりました。

Continuous Collision Detection(連続衝突検出)メソッドが適用されるように

2.1では、より正確な衝突検出結果を提供するために、Continuous Collision Detection (CCD) メソッドが導入されました。このCCDを衝突検出フェーズに適用することで、シミュレーションの品質が向上しました。

GIF
GIF

CCDは、頂点の過去と現在の位置を補間して接触点を検出する方法です。従来のDCD(Discrete Collision Detection)方式では、頂点の貫通を検出し、表面への最接近投影によって接触点を見つけるため、貫通が深くなりすぎるとトンネルスルーが発生していました。

この変更により、各シミュレーションタイムステップのコストは高くなりますが、シミュレーションの質は上がりました。シミュレーションの品質が向上すると、視覚的な精度を維持したまま、必要なサブステップ数を大幅に削減することができます。そして、このサブステップ数の削減は、多くの場合、総シミュレーション時間の短縮につながります。

zMaterialノードにCurvature stiffness属性が追加

zMaterial ノードに curvature stiffness 属性が追加されました。このアトリビュートは、組織の曲げ(全体的な形状や表面の変形)に対する耐性を高めます。

GIF

Attachment damping の追加

Attachment damping (Physical EffectsのDampingをチェック)が追加され、zAttachmentの下にdampingという調整可能なアタッチメント全体のパラメータとして表示さ れるようになりました。Attachment dampingを有効にすると、アタッチメントの振動や不安定な挙動が軽減されます。

GIF

注意: Attachment dampingは、スタートフレーム以外からシミュレーションを再開する場合、Maya Cached Playbackをサポートしません。ただし、Ziva Simulation Cache(zCache)では、この問題は発生しません。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Ziva VFX は、Linux、Windowsで動作するMaya2019以降で使用できます。より詳しいシステム要件の確認はこちらから

価格は、Ziva VFX STUDIO が 1800ドル/年、年間総収益または資金調達額が 50 万ドル未満の作品に利用可能な Ziva VFX Indie が500ドル/年です。

他にもアカデミックやバッチライセンスが用意されています。その他の価格オプションの確認はこちらから


Improve your simulations with Ziva VFX 2.1

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました