AMD、RDNA 3 アーキテクチャを採用した Radeon RX 7900 XTX とRadeon RX 7900 XT を発表

PC関連

2022年11月03日(現地時間)- AMDは、次世代の高性能でエネルギー効率に優れたAMD RDNA™ 3アーキテクチャを採用した新しいグラフィックスカード、AMD Radeon™ RX 7900 XTXとRadeon RX 7900 XTグラフィックスカードを発表しました。

AMD「Zen」ベースのAMD Ryzen™チップレットプロセッサに続くこの新しいグラフィックスカードは、AMDチップレット設計を採用した世界初のゲーミンググラフィックスカードとなります。このグラフィックスカードは、卓越したパフォーマンスと優れたエネルギー効率を実現し、最も要求の厳しいタイトルで高フレームレートの4Kおよび高解像度ゲームを可能にします。

また、ソフトウェアのアップデートなど今回発表された内容を合わせて紹介したいと思います。

Radeon RX 7900シリーズ グラフィックスカード

AMD RDNA 3アーキテクチャを搭載

AMD RDNA 3アーキテクチャーのチップレットデザインは、5nmと6nmのプロセスノードを組み合わせており、それぞれが特定のジョブ向けに最適化されています。この画期的なアーキテクチャは、AMD RDNA 2アーキテクチャと比べて1ワットあたりの性能が最大54%向上し、グラフィックスとメモリシステムのチップレットをつなぐ世界最速のインターコネクト(最大5.3 TB/秒2)を備えています。

また、最大96個の新しいユニファイド・コンピュート・ユニット、第2世代のAMD Infinity Cache™テクノロジー、最大24GBの高速GDDR6メモリー(最大384ビット・メモリー・インターフェース)を搭載しています。さらに、最大2.7倍のAIパフォーマンスを実現するAIスループットの向上、AMD RDNA 2アーキテクチャ3よりも最大1.8倍高いレイトレーシング性能を実現する第2世代のレイトレーシング・テクノロジーも搭載しています。

これらの機能と進化を合わせると、AMD RDNA 2アーキテクチャ4と比較して、4Kの一部のタイトルで最大1.7倍のパフォーマンスアップを実現します。また、この新しいグラフィックカードは、DisplayPort™ 2.1ディスプレイをサポートしており、最大4K 480Hzおよび8K 165Hzのリフレッシュレートで超高速フレームレートと驚異的なビジュアルを提供することが可能です。

主な機能

Radeon RX 7900シリーズは、新しいレベルのパフォーマンスと効率性を引き出し、ゲーム体験を加速させる多数の新機能と強化された機能を提供します。

AMD Radeon RX 7900 XTXグラフィックスカードは、一部のタイトルでRadeon RX 6950 XTグラフィックスカードよりもネイティブ4K性能が最大1.7倍高く、Radeon RX 7900 XTは一部のタイトルでRadeon RX 6900 XTグラフィックスカードよりも性能が最大1.5倍高くなります主な特徴は以下のとおりです。

■AMD RDNA 3 アーキテクチャ

高度なチップレット設計、新しいコンピュートユニット、第2世代のAMD Infinity Cacheテクノロジーを特徴とするAMD RDNA 3アーキテクチャは、前世代のAMD RDNA 2アーキテクチャに比べてワット当たりのパフォーマンスが最大54%向上しています。新しいコンピュート・ユニットは、レンダリング、AI、レイトレーシングの間でリソースを共有し、各トランジスタを最も有効に活用して、前世代よりも高速で効率的な性能を実現します。

■チップレット設計

チップレット設計を採用した世界初のゲーミング GPU は、最大 54% 優れた電力効率で最大15% 高い周波数を提供します。これには、新しい 5nm の 306mm2 グラフィックコンピュートダイ(Graphics Compute Die(GCD))を搭載し、GPUのコア機能を提供する最大96個のコンピュートユニットを備えています。また、最大16MBの第2世代AMD Infinity Cacheテクノロジーを搭載した37.5mm2の新しい 6nm メモリキャッシュダイ (MCD) が 6 つが組み込まれています。

■超高速チップレット インターコネクト

第2世代のAMD Infinity Cacheテクノロジーのメリットを発揮する新しいチップレットは、AMD Infinity Linksと高性能ファンアウト パッケージを活用して、最大5.3TB/秒の帯域幅を実現しています。。

■拡張メモリとより広いメモリバス

今日の要求の厳しいタイトルの高まる要件を満たすため、新しいグラフィックスカードは、384ビットのメモリバス上で20Gbpsで動作する最大24GBの高速GDDR6メモリを搭載しています。

■専用AIアクセラレーションと第2世代レイトレーシング

新しいAIインストラクションとAIスループットの向上により、従来のAMD RDNA 2アーキテクチャと比較して最大2.7倍の性能を実現し、第2世代レイトレーシング技術により前世代と比較して最大1.8倍の性能を実現します

■DisplayPort 2.1 対応

UHBR 13.5のDisplayPort 2.1技術をサポートし、最大54Gbpsのディスプレイリンク帯域幅を提供、次世代ディスプレイでのハイリフレッシュ4K(最大480Hz)または8K(最大165Hz)ゲームを可能にします。

■新しい AMD Radiance Display™ エンジン

AMD RDNA 2アーキテクチャと比較して、最大680億色に対応する12ビット/チャンネル・カラーと高リフレッシュレートのディスプレイを提供し、DisplayPort 2.1およびHDMI 2.1aのサポートを含んでいます。

■高リフレッシュ ゲーム

DisplayPort 2.1は、DisplayPort 1.410と比較してディスプレイ帯域幅を拡大し、1440p、4K、8Kディスプレイに対してそれぞれ最大900Hz、480Hz、165Hzのリフレッシュレートをサポートする能力を備えています。

■デュアル メディア エンジン

HEVCの最大8K60までの同時エンコードまたはデコードストリームをサポートし、AV1エンコードをサポートし、AMD RDNA 2アーキテクチャ12よりも最大1.8倍高いエンジン周波数を実現しています。

モデCompute UnitsGDDR6Game Clock
(GHz)
Boost Clock
(GHz)
Memory InterfaceInfinity CacheTBPPrice
(USD SEP)
AMD Radeon RX 7900 XTX9624 GB2.3Up to 2.5384-bit96 MB355W$999
AMD Radeon RX 7900 XT8420 GB2.0Up to 2.4320-bit80 MB300W$899

価格と発売時期

AMD Radeon RX 7900シリーズ・グラフィックス・カードは、2022年12月13日よりAMD.comから、また12月中旬よりASRock、ASUS、Biostar、Gigabyte、MSI、PowerColor、Sapphire、Vastarmor、XFXおよびYestonなどの主要ボードパートナーから発売される予定です。

AMD Radeon RX 7900 XTXのSEPは999ドル、AMD Radeon RX 7900 XTのSEPは899ドルです。

ソフトウェアアップデート

新しいグラフィックスカードをサポートするために、AMDは、AMD FidelityFX Super Resolution 2.2およびAMD Software:Adrenalin Edition™テクノロジーなどソフトウェアスイートのいくつかのアップデートも発表しています。

AMD FidelityFX Super Resolution (FSR) 2.2

FSRは216のゲームで利用可能で今後登場予定、人気のFSRテンポラリーアップスケーリング技術の次のアップデート FSR 2.2は、視覚品質を改善するための拡張機能を備えています。これは2022年11月8日に最初のタイトルとなる「Forza Horizon 5」で利用可能となる予定です。また、ゲーム開発者向けにGPUOpen.comで近日中に公開される予定です。

AMD FSR 3

AMDは、AMD Fluid Motion Framesテクノロジーを搭載したAMD FSRの新バージョンを2023年にリリースする予定で、一部のゲームでAMD FSR 2と比較して最大2倍のFPSを実現すると見込まれています

AMD HYPR-RX

2023年前半を目標に、AMD Radeon Anti-Lag、AMD Radeon Boost、AMD Radeon Super ResolutionといったAMDソフトウェアの各種機能を同時に作動させるワンクリックプリセットが提供される予定です。

Radeon RX 7900 XTXグラフィックスカードとAMD Software:Adrenalin Edition™ 22.40.00.24 を使用したDying Light 2 Stay Humanでは、待ち時間を短縮し、純正設定より最大85%高いFPSを実現します。

新しいAMD RDNA 3メディアエンジン

AV1ハードウェアエンコーディングを搭載し、ソフトウェアのみのソリューションと比較して8Kで最大7倍高速なビデオエンコーディングを実現しています。

また、Xilinx Content Adaptive Machine Learningテクノロジーを統合し、低解像度およびビットレートのストリームに対してテキスト品質を向上させます。

ビデオ録画とストリーミングの改善

AMDはOBSと協力し、AMD Radeon RX 6000およびRadeon RX 7000シリーズグラフィックスカードのビデオストリーミングの品質を向上させました。さらに、AMD RDNA 3 Media Engineは、AV1ハードウェアエンコーディングを搭載しており、品質の向上とライブストリーミングの変換を支援します。

デスクトップPC向け AMD Advantage

AMDは、AMD Advantageノートパソコンの成功に基づき、AMD Advantageフレームワークをデスクトップパソコンに導入することを発表しました。最上位のAMD Ryzen 7950xプロセッサーとAMD Radeon RX 7900 XTXグラフィックスカード、AMD Software: Adrenalin Edition テクノロジーとAMDのスマートテクノロジーを融合させたゲーマーとクリエーターのためのプラットフォームが提供されます。

AMD Advantage認定デスクトップは、AMD Smart Access Memory™テクノロジーや、AMD RyzenプロセッサーとAMD Radeonグラフィックスカード間でデコードとエンコードのワークロードをインテリジェントに分割する新しいAMD SmartAccess Videoテクノロジーなど、パフォーマンスを増幅させるAMDスマート・テクノロジーを厳選して搭載し、4Kマルチストリーミングエンコーディングで最大30%の高速化を実現します。

また、AMD Advantage デスクトップは、ワールドクラスのパフォーマンス、AMD Radianceディスプレイエンジンによる圧倒的なグラフィックス、対応するAMD FreeSync™ プレミアムテクノロジー対応モニター、高品質な筐体、CPU水冷、最低2TBのNVMe SSDストレージ、32GB以上のDDR5 AMD EXPO™メモリー17、80プラスゴールド電源、最適化された静音性など、ゲーム用に作られており、容易にカスタマイズできるように設計されています。

新しいAMD Advantageデスクトップシステムは、CSL、サイバーパワー、eBuyer、Falcon Northwest、Maingear、Origin PC、XIdaxなどの大手SIパートナーから近日中に発売される予定です。


Radeon RX 7900 XTX および Radeon RX 7900 XT グラフィックス カードの詳細はこちらから
AMD RDNA 3 アーキテクチャの詳細はこちらから
AMD Advantage デスクトップの詳細はこちらから
AMD Software: Adrenalin Edition アプリケーションの詳細はこちらから

AMD Unveils World’s Most Advanced Gaming Graphics Cards, Built on Groundbreaking AMD RDNA 3 Architecture with Chiplet Design

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました