3ds Max 用スキャッタリングプラグイン Forest Pack 8.0 がリリース

プラグイン

2022年11月.日(現地時間)- iToo Softwareは、3ds Max用スキャッタリングとシーン組み立てプラグインの最新アップデート Forest Pack 8.0 をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、Forest Setの追加、リンクエリアの追加、エフェクトの改善などシーンへの配置に新しい効率的なワークフローを提供しています。

Forest Set

Forest Setは、シーンオブジェクトの多目的コンテナを作成するための新しいヘルパープラグインです。

Forest Set オブジェクトは、ジオメトリ、サーフェス、リファレンス、エリアのコレクションとしてForest オブジェクトに追加することができます。複数の Forest オブジェクト で Forest Set を共有できるので、エリア、ジオメトリ、サーフェスの追加や削除、複数のスキャッタの更新を、編集しやすい一カ所で簡単に行うことができます。さらに、レイヤーのコンテンツをフォレストセットに動的にリンクできるので、使い慣れたシーン整理ツールを使って簡単にスキャッターを更新できます。

リンクされたエリアとサーフェス

相互依存のスキャッターを作成するオプションをさらに広げるために、Forest Pack 8では、別のForest Packオブジェクトで使用されているエリアやサーフェスにリンクする機能が追加されました。

GIF

この方法を使えば、スプラインを何度も割り当てなくても、1つの親フォレストオブジェクトで複数の子オブジェクトのすべてのエリアをコントロールすることができます。各エリアのタイプに固有のパラメータは継承されますが、包含/除外、フォールオフなどの共通パラメータはローカルで、Forest Objectごとに変更でき、非常に柔軟なセットアップが可能です。

注:新しいリンクエリアの追加ボタンのためのUIスペースを確保するために、Add Multipleボタンは削除されました。複数のエリアを追加するには、Shiftキーを押しながらエリア追加ボタンをクリックすることで、このオプションにアクセスすることができます。

サーフェスUVモードでのエリアのサポート

以前のバージョンでは、UVモードを使用するために、他のタイプのエリアを犠牲にしなければなりませんでしたが、バージョン8では、New Area->Projection Axisパラメータを使用して3軸に沿って投影することにより、スプライン、オブジェクト、およびその他のエリアをUVサーフェスと組み合わせて使用できるようになりました。また、スプラインエリアを使用する場合、エッジモードもサポートされます。

GIF

秋の葉

肌寒い秋のレンダリングのために、高品質な写真でスキャンされた葉っぱの新しいプリセットライブラリ が追加されました。プリセットは色ごとに論理的に整理され、細部の作業に適した個々の葉と、広い領域を埋めるためのパッチの両方が提供されています。

Forest Effectsの改良

Forest Effectsは、分布域に依存しないスプラインを参照する機能が拡張されました。この機能を使用すると、分布領域に影響を与えずにパスで囲むことによって、大きなスキャッタの一部分のみを変更することが可能です。

GIF

スプライン入力は、Effects EditorのParametersロールアウトを使用して追加されます。新しいオブジェクトをサポートするために、いくつかの新しい関数があり、これらはすべてXYローカルプレーンを使用して2Dで動作します。

  • insideSpline(spline, pos): 指定した位置がスプラインの内側であれば1を、そうでなければ0を返します。これは、スプラインの内側か外側かに基づいて、散布されたアイテムに何らかの変更を適用するのに便利です。
  • distanceSpline(spline, pos): 位置からスプラインまでの2次元での最近接距離を返します。散布アイテムのスプラインへの近接性に基づくフォールオフ効果を作成するのに便利です。
  • nearestPosSpline(spline, pos): 位置からスプラインまでの最も近い点を返します。散布されたアイテムをスプライン上の最も近い点に向かって平行移動させたいアトラクション効果に便利です。
  • nearestTangSpline(spline, pos): 位置からスプラインに最も近い点のタンジェントを返します。散布されたアイテムをパスの方向に沿うように方向付けるのに便利です。

また、パス分散モードを使用しているときに、サーフェスやスプラインからマテリアルIDを読み取ることができるようになりました。これは2つの新しいアトリビュートを使用してサポートされています。

  • surfMatID: サーフェスのマテリアル ID。
  • splineMatID: スプラインのマテリアル ID。Path Distribution Modeでのみ機能します。

新しいフォレストエフェクトのプリセット

オブジェクトを回転させてスプラインに沿わせる、オブジェクトを傾けてスプラインに沿わせる、スプラインに近接またはエリア内でスケールする、スプラインマテリアルIDで制限するなど、新しいエフェクトの利点を説明するために、新しいサンプルプリセットが利用可能になりました。

  • Colour > Tint By Spline
    散布されたアイテムのスプラインへの近接度に基づいてフォレストカラーを制御できるようになります。
  • Dynamics > Spline Attraction
    指定されたフォールオフ距離内のアイテムをスプラインに向かって徐々に移動させます。
  • Dynamics > Spline Repulsion
    指定されたフォールオフ距離内のアイテムを徐々にスプラインから遠ざけます
  • Item Effects > Swap Geometry by Spline
    アイテムがスプラインの内側または外側にあるかどうかに基づいて、散らばったアイテムに局所的な変更を加えることができます。ディゾルブ効果やフォールオフ範囲を持ち、アイテム間を徐々に移行させることができます。
  • Path Distribution > Inside of Spline (Path Mode)
    パスモードで分配されたアイテムが閉じたスプラインの内側にある場合、そのアイテムを除外する機能が追加されます。
  • Path Distribution > Outside of Spline (Path Mode)
    閉じたスプラインの外側にある場合、パスモードで配布されるアイテムを除外する機能を追加します。
  • Path Distribution > Limit to Spline Material ID (Path Mode)
    マテリアルIDを割り当てることによって、スプラインのどのセグメントをパス配布に使用するかを制御できるようになります。
  • Path Distribution > Limit to Material ID (Surfaces)
    サーフェスに割り当てられたマテリアルIDを使用して分布をコントロールできるようにします
  • Transform > Lean in spline Direction
    スプラインを使ってスキャッタを ” コーム ” することができます。アイテムはパスと同じ方向に回転し、フォールオフとリーン角のコントロールが可能です。
  • Transform > Rotate to follow Nearest Spline
    オブジェクトをZ軸上で回転させ、最も近いパスの方向と一致させます。
  • Transform > Scale by spline
    閉じたスプライン領域に基づいて、アイテム(フォールオフカーブ付き)をスケールするのに使用することができます。影響を受けるアイテムは、閉じた領域の内側、外側、または内側と外側の両方かどうかを選択できます。
  • Transform > Z Transform by Spline
    閉じたスプライン領域に基づいてZ軸上のアイテムを変換するのに使用します。地形タイプ間の遷移で、石などを徐々に地面に沈める場合に便利です。

リンクされた階層の分散

グループの代わりに、Forest Pack 8ではソースジオメトリの子オブジェクトを、階層(hierarchy)を維持したまま散布できるようになりました。階層オブジェクトはアニメーションさせることができ、Forest Packは通常のメッシュのようにランダムに再生させることも可能です。

この機能を使うには、階層の一番上のオブジェクトを選び、Geometry > Include Children オプションをチェックします。

その他の改善

パス上の位置のランダム化

パスモードを使用する際、スプラインに沿いつつオブジェクトの位置をシャッフルすることができるようになりました。

エラーの特定が容易に

Forest Packのアイコンは、3種類のエラー状態に応じて色が変わるようになり、問題を一目で確認できるようになりました。

:エリアが割り当てられていない、最大密度を超えているなどのエラー。
:アイテムがない、またはカメラのクリッピングでアイテムが隠れている。
オレンジ:新しいFPオブジェクトや無効化されたオブジェクトなど、その他のエラー。

V-Rayでユーザープロパティが保持されるようになりました。

V-Ray CPUユーザは、ユーザプロパティが保持されることにより、高度なテクスチャリングワークフローを使用することができるようになりました。

Arnoldの頂点カラーサポート

Arnoldのユーザーは、マテリアルで頂点カラーを利用できるようになり、Forest Packが最終的な外観を維持することが可能になりました。

ブラシ設定

ブラシ サイズ パラメータがメイン インターフェイスに表示されるようになり、簡単にアクセスできるようになりました。

価格とシステム要件

Forest Pack 8は、3ds Max 2013-2023で利用できます。対応レンダラーなど詳しいシステム要件の確認はこちらから可能です。
価格は1年間のメンテナンスが含まれるライセンスが1シート230ユーロ(投稿時点約33,250円)となっています。価格の確認はこちらから

また、Forest Pack には商用利用も可能な無料のLiteバージョンがあります。

無料Liteバージョンのダウンロードはこちらから(アカウントが必要)


Forest Pack ウェブページへ

Forest Pack 8: The Ultimate Scattering Tool

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました