Chaos Corona 9 for 3ds Max & Cinema 4D がリリース!プロシージャルクラウド、Corona Patternの追加など

プラグイン

2022年10月17日(現地時間)- Chaosは、同社のCPUレンダラーの最新アップデート Chaos Corona 9 for 3ds Max & Cinema 4D をリリースしました。

新機能ハイライト

Coronaのライセンスが更新され、1つのライセンスで3ds MaxとCinema 4Dの両方をカバーするようになりました。以下で紹介する新機能は基本的にはCorona for 3ds MaxとCinema 4Dに適用されます。

新しいプレミアムライセンスにはChaos Phoenix、Scans、Playerなどの新しいChaosツールが追加されています。

プロシージャルクラウド

Corona Skyは素晴らしいが、常に晴天でした。HDRIは素晴らしいものですが、静的なもので雲のレベルや時間帯によって独自のHDRIが必要です(アニメーションさせる場合は、ハードディスクの容量を圧迫する膨大な数の大きなファイルが必要です)。

V-Rayにも搭載された新しいプロシージャル クラウドは、これらの問題をすべて解決し、雲の量、雲の形、シーン内の位置などを微調整して、簡単にアニメーション化できます。さらに、飛行機雲を追加してアニメーションさせることも可能です。

計算とレンダリングの方法によっては、フルボリュームのソリューションと比較してレンダリング時間への影響が最小限に抑えられます。ビューポートでプレビューすることもできるので、レンダリングやIRを使用せずに設定を調整することができます。

プロシージャル クラウドは、太陽の位置に反応するので、夕方や夜明けも、真昼と同じように簡単に作ることができます。ランダムシードオプションで好みの外観を探すことができ、すべてのパラメータをアニメーション化できるので、雲を動かしたり、雲の範囲を広げたり狭めたりすることができます。また、雲がシーンに影を落とすかどうかも選択できます。

Corona Pattern

テクスチャを貼り付けるのと同じ感覚で、サーフェス上に実際のジオメトリを貼り付けられるようになりました。これは、不透明度マップ、バンプマップ、変位マップよりもはるかにリアリズムが得られるだけでなく、それらの代替よりもはるかに少ないメモリしか必要としません。

この機能は、布地(編んだり織ったりした繊維でできているもの)、ワイヤーフェンス、防火壁、チェーンなどの宝飾品の作成に役立ちます。

Corona Patternでの作業を簡単にするために、ジオメトリの高さをタイルに合わせて自動的に自然にスケールさせ、ジオメトリが頻繁にスケールされると高さが減少するように設定することもできますし、これを無効にして必要に応じて手動で高さを設定することも可能です。

Corona Patternのサンプルファイルがこちらからダウンロード可能

Chaos Scatterのエッジトリミング

Scatterの最新アップデートでは、Chaos Scatterの中で最もリクエストの多かったエッジトリミング機能が搭載されました。エッジトリミングは、個々の草のブレードの「塊」を散布するときに、境界からはみ出る個々のブレードを隠すことのに役立ちます。例えば、以下のように芝生やその他の草のエッジをコントロールすることができます。

これを設定するには、散布されるオブジェクトに使用されているすべてのマテリアルの不透明度スロットに、Scatter Edge Trimming シェーダ(Cinema 4D)または ChaosScatterEdgeTrimming マップ(3ds Max)を追加するだけです。この方法論と結果は、Corona 9の他のスキャッタリングツールで使用されているものと同様ですが、将来的には、単一のチェックボックスを使用するなどして、プロセスが簡素化される予定です。

その他のScatterのアップデート

エッジトリミングの他、Scatterのその他のアップデートには以下のものがあります。

  • 非常に多くのインスタンスを持つシーンの解析が高速化されました。このスピードアップは、シーンの複雑さに比例しています。
  • コマンドパネルとマテリアルエディタのスキャッター関連カテゴリの名前を「Chaos Scatter」に変更。
  • Chaos Cosmos (3d Models > Presets の下) に5 つの新しい Scatter Presetsを追加。
    • Grass Dandelions 002
    • Grass Lawn 002
    • Palm Tree Avenue 001
    • Riverbed 001
    • Tree avenue 001

テクスチャのためのアウトオブコアレンダリング

アウトオブコアテクスチャレンダリング(Out of Core texture rendering)は、Corona Bitmapを介してロードされたテクスチャマップに必要なメモリ量を削減します。社内やいくつかのarchvizスタジオで行われたテストでは、シーンの重さ、使用するテクスチャの大きさ、その他の要因に応じて、5〜70%の削減が確認されています。

このオプションを有効にすると、Corona はハードドライブに必要なスペースを自動的に割り当てます。必要であれば、システム設定で手動で設定を上書きすることも可能です。OOC Textures を使用する場合、Corona は新しいシーンのロード時またはホストアプリケーションの終了時に自動的にキャッシュをクリアします。

Corona 9では、この機能はデフォルトで無効になっており、この機能を利用するには有効にする必要があります。これは、レンダリング設定のパフォーマンスセクションにあるチェックボックスで有効にすることが可能です。

 

モーションブラーのためのシャッターカーブ

現実世界では、カメラのシャッターは開くのに一定の時間がかかり、閉じるのにも一定の時間がかかりますが、通常、これらのプロセスには加速と減速の要素が含まれます。

モーションブラーのシャッターカーブコントロールを使用すると、レンダリングでこれらの効果を正確に表現することができます。均一で直線的な結果ではなく、ぼかし領域の開始、中間、終了でぼかしを少なくしたり多くしたりすることができます。

新しいマテリアルオーバーライドオプション

マテリアルオーバーライドの使用は、シーンのセットアップ、特にライティングの際に重要な部分です。そのワークフローを強化するために、「スライサーを保存」「バンプを保存」「不透明度を保存」オプションが追加され、シーンのセットアップや要件に関わらず、マテリアルオーバーライドを効果的に使用できるようになりました。

内部コードの改善

Corona 8のリリース時に約束された、以下のような重要なコードのクリーンアップとリファクタリングが行われた。

  • ライトサンプリングに関連するコードの半分以上を削除し、今後の改善と保守をより迅速に行えるようにしました。
  • エラーウィンドウを qt に書き換え、高速化し、異なるプラットフォームでの見栄えを改善し、メッセージ数の制限をなくし、統一されたモダン UI に近づけました。
  • Corona 8で追加されたトーンマッピングの初期設計を修正するために、内部コードの一部を改良し、いくつかのバグも修正しました。
  • などなど

Corona Premiumサブスクリプションの機能

以下の3つのChaosツールは、Corona Premiumサブスクリプションに含まれていますが、別途購入することも可能です。

Chaos Scans

一般的なマテリアルでは、光に対する反応の仕方が独特で、いくらパラメータやマップを増やしても再現できないものがあります。そこで登場したのがChaos Scansです。ライブラリ内の各マテリアルは、光との相互作用をキャプチャするために入念にスキャンされており、シーンにドラッグ&ドロップすることで見た目もスケールも100%の精度で再現できます。

これは、レザー、衣服の生地、車の塗料、反射材やホログラフィックマテリアルなどのマテリアルで威力を発揮します。CoronaScannedMtl (3ds Max)/Scanned Material (Cinema 4D)を使えば、ワンクリックでこれらのマテリアルをシーンに追加でき、自分でマテリアルを作るのに何時間もかけずに現実を再現することができます。

Chaos Player

カオスプレイヤーは、ビデオフォーマットにエクスポートする前に、画像シーケンスを表示し、基本的な合成、カラーグレーディング、編集を行う、軽量で簡単な方法です。詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

プロ向け画像シーケンスプレーヤー&ビューアー Chaos Player がリリース
2022年1月17日(現地時間) - Chaosは、VFXやビジュアライゼーション作業用の新しい画像シーケンスプレーヤー「Chaos Player」をリリースし...

Chaos Phoenix

Chaos Phoenixは、3ds MaxやCorona(もちろんV-Rayも)とシームレスに統合できるダイナミクスシミュレータで、リアルな火、煙、液体、炎、爆発、海の波、霧、水しぶきなどを作成することができます。Chaos Phoenixについては以下のページをご参考に

Chaos Phoenix | CGinterest
CG情報サイト | 3D・2DのCGに関する最新情報を紹介

その他の改善

  • 魚眼カメラの被写界
    深度 魚眼投影を使用するカメラ セットに被写界深度効果を使用できるようになりました。
  • Chaos Cosmos のデカール プリセッ
  • ACES OT は、トーン マッピング スタックでデフォルトでオンに
    この機能は非常に人気があるため、すべての新しいシーンでデフォルトで有効化されます。露出に習慣的に選択する特定の値がある場合、1ストップ分明るい露出を使用していることに気づくかもしれません。
  • コロナ マテリアルとマップのビューポート プレビューの改善 (3ds Max)
  • エラーウィンドウの修正
    システムを完全に書き直したおかげで、パフォーマンスが向上し、テキスト クリッピングが修正され、macOS (Cinema 4D) での UI の問題が修正されました。
  • スプライン レンダリングのサポート (Cinema 4D)
    任意のスプラインに Corona Spline Render タグを追加することで、Corona でレンダリングできるようになりました。
  • Corona Converter の改善 (3ds Max)
    – metals の検出と変換が改善されました。
    – 屈折材料の変換が改善されました (黒い屈折色の材料は、屈折材料として扱われなくなりました)。
  • Chaos Scatter (Cinema 4D) での分布マップのサポート
    ビットマップやプロシージャルノイズをScatterに追加して、散布されるオブジェクトの分布を制御できるようになりました。
  • VRaySwitchMaterial (3ds Max) のサポートが追加
    これまでは部分的なサポートのみでしたが、改善されました。
  • 複数のマテリアル プレビューをレンダリングする際の速度の向上
  • Twinbru ファブリックが Chaos Cosmos で利用可能に
  • Cinema 4D 2023 のサポートを追加
  • 3ds Max 2014 および 2015 のサポートが削除されました
    これらのバージョンの3ds Maxはサポートされなくなり、2016が最も古いサポートバージョンとなりました。
  • Cinema 4D R14 から R16 のサポートの削除
    Cinema 4D のこれらのバージョンのサポートは終了し、R17 が最も古いサポート対象バージョンとなりました。
  • Chaos Scatter の更新
    3ds Max の場合、Chaos Scatterは、3ds Maxセッション全体ではなく、UIが使用されている間のみライセンスが必要になりました。これにより、他の 3ds Max インスタンスからライセンスがロックされることがなくなります。分散インスタンスのレンダリングは無制限です。Scatter プリセットの一部としてインポートされた Cosmos モデルは、レンダリングが無効に設定されています。つまり、インスタンスはレンダリングされますが、分散されているソース オブジェクトはレンダリングされません。必要に応じて、各モデルのオブジェクト プロパティでこれを再度有効にすることができます。
  • Windows 上の Cosmos ブラウザーは、外部 Web ブラウザー (Cinema 4D) ではなく独自のウィンドウで開くようになりました。
  • コロナ カメラ UI がタブに分割されました (Cinema 4D)

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

ライセンスの更新について

Coronaのライセンスが更新され、1つのライセンスで3ds MaxとCinema 4Dの両方をカバーするようになりました。

新しいプレミアムライセンスにはChaos Phoenix、Scans、Playerなどの新しいChaosツールが追加されました。新しいライセンスの詳細は、購入ページで確認できます。

今後の予定

このCoronaサブスクリプションの変更に伴い、Chaos Cloud Renderingの追加や、その他の機能の検討など、今後に向けた取り組みが行われています。 3ds Max と Cinema 4D のロードマップで、計画していることを確認することができます。

この初期段階では、ロードマップに記載されているものは、必ずCorona 10に搭載されると決まっているわけではなく、検討しているもののすべてでもないことに留意してください。また、Chaos Scatterのロードマップもご参考に。

価格とシステム要件

Corona Solo ライセンスの価格が、50000円/年、または7500円/月です。

Chaos Phoenix、Scans、PlayerなどのChaosツールが含まれるCorona Premiumライセンスの価格が、67000円/年、または9500円/月です。

より詳しい価格のかくにんはこちらから

Corona 最新版のダウンロードはこちらから


コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました