Photoshop 24.0 & Fresco 4.0 がリリース、選択機能の向上、写真の復元ニューラルフィルターなど

CGソフト

2022年10月18日(現地時間)- Adobeは、Adobe Max 2022 の開催に合わせて、同社のクリエイティブアプリケーションの最新アップデート(2022年10月リリースをリリースしました。

ここでは、デスクトップ版 Photoshop 24.0 と Fresco 4.0 の新機能を紹介したいと思います。iPad版のPhotoshopは、ユーザーから報告された問題に対する機能強化と修正のみが行われています。

デスクトップ版 Photoshop 24.0

このリリースでは、ワンクリックで削除と塗りつぶし、写真修復ニューラルフィルター、レビューのための共有などの新機能が追加されました。また、Photoshopベータ版では、ライブガウスブラーやライブグラデーションなどの新機能を試すことができます。

Photoshop(Beta)をインストールするには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「Beta 版アプリケーション」タブを開き、Photoshop(Beta)の横にあるインストールボタンをクリックしてくだい。

選択機能の向上

オブジェクト選択ツールでは、空、水、地表、植物、建築物などの検出と選択がさらに向上しました。カーソルを合わせることオブジェクトを選択することでき、「選択とマスク」ワークスペースでこの選択を調整したり、その他の調整を行うことができます。

ワンクリックで削除および塗りつぶし

ワンクリックで選択範囲を削除および塗りつぶし機能を使用して画像から不要なオブジェクトを簡単に削除することができるようになりました。

オブジェクト選択ツールで選択を行い、Shift + Delete キーを押せば、選択範囲は即座に削除されます。また、なげなわツールなどの他の Photoshop ツールを使用しているときにマウスを右クリックしてコンテキストメニューにアクセスし、「選択範囲の削除および塗りつぶし」を選択しても、選択範囲を削除できます。

ライブぼかし(ガウス)(BETA)

ライブぼかし(ガウス)フィルターは、特定の画像部分に焦点を合わせるための最新のアプローチです。この機能を使用すると、フィルターを適用しながら、画像の一部の操作、描画モードとレイヤーの表示の調整、画像上のぼかし効果の直接ペイント、または削除をリアルタイムで行うことができます。

現在、このフィルターにアクセスできるのは、MacOS の Photoshop(Beta)アプリケーションのみです。

ライブグラデーション(BETA)

この機能では、カンバス上でグラデーションポイントを作成および制御し、ライブグラデーション機能を使用してコンテキストグラデーションの編集を実行することができます。

グラデーションを適用する領域を選択し、ツールバーから、グラデーションツールを選択します。このツールが表示されていない場合は、塗りつぶしツールを押し続けます。グラデーションウィジェットがアプリケーション画面に表示され、グラデーションを調整して、その効果をリアルタイムで確認できます。また、カラー分岐点を追加して移動し、カラー、密度、描画モードの調整をグラデーションポイントに適用することもできます。

現在、このフィルターにアクセスできるのは、Photoshop(Beta)アプリケーションのみです。

写真の復元ニューラルフィルター(BETA)

古い写真を復元することができる新しい写真復元ニューラルフィルターが追加されました。Photoshop で古い家族写真を修正したり、プリントを復元したりすることが可能です。

ニューラルフィルターについて詳しくは、以下を参照してください。

編集に招待

編集に招待機能が更新され、Photoshop クラウドドキュメントへのリンクを必要な数の共同編集者と共有し、リンクへのアクセスを管理することが可能となりました。

編集に招待機能では、非同期編集が可能です。この場合、クラウドドキュメントを同時に編集できるのは 1 人のユーザーのみです。

レビュー用に共有(BETA)

新しいレビュー用に共有機能を使用して、ローカルドキュメントまたはクラウドドキュメントの両方の web バージョンを生成し、ドキュメントリンクをチームメイトや関係者と共有してフィードバックを収集できます。

リンクは公開にするか、少数の共有者に制限するかを制御することもできます。これは、既存のコラボレーション機能である編集に招待に追加されたもので、ライブドキュメントへのアクセスも許可します。

さらに、3 点()アイコンを使用すると、新しいレビューリンクの作成リンク設定の調整、レビューリンクの削除レビューリンクの管理を行うことができます。

PHOTOSHOP 用 SUBSTANCE マテリアル

アドビの研究部門チームが開発した Substance Photoshop プラグインは、Photoshop ユーザーが Substance マテリアルのパワーにアクセスできるようにする拡張機能です。

マテリアルは、Photoshop 内でフォトリアリズムを高めたり、抽象的なデジタル作品に使用することができます。Photoshop の既存のパターンと同じように考えることはできますが、無制限のバリエーションを可能にするコントロールと、編集および適用に既存の Photoshop パターンより優れたワークフローを備えています。

コンテンツの信頼性(BETA)

コンテンツ認証情報(Beta)は Adobe Photoshop の開発中の機能で、有効にすると、進行中のコンテンツに関連する編集、アクティビティおよび属性情報を収集します。

これらの詳細は、改ざんの跡がすぐわかる属性と履歴データ(コンテンツ認証情報と呼ばれます)として取得され、作成者が書き出し時に最終コンテンツに添付します。

その他の新機能

  • 選択の安定性を向上させる新しい環境設定(WINDOWS のみ)
  • テクノロジープレビュー(WINDOWS のみ)で導入された古い GPU モード(2016 以前)
  • 絵文字字形のサポート
  • PHOTOSHOP タイトルバーのスナップウィンドウサポート(BETA)
  • CEP の廃止と UXP スクリプティング
  • 新しいカメラとレンズのサポート

その他の新機能、より詳しいアップデート内容の確認はこちらから

Fresco 4.0

Fresco 4.0では、ファイル整理の改善、ゆがみツール、鉛筆ブラシコレクションといった新機能が追加されました。

ファイル整理の改善

並べ替えオプションの横にある新しい「選択」ボタン(自分のファイルの下)を使用して、一度に複数のドキュメントやフォルダーを簡単に移動、コピー、削除することができるようになりました。

ゆがみツール(iphone)

ゆがみツールが、 iPhone でも利用できるようになりました。

Fresco のゆがみツールを使用すると、デザインを微調整したり、変形したりできます。また、品質を落とさずオブジェクトのピクセルをプッシュおよびプルするためにも使用できます。

GIF

鉛筆ブラシコレクション

Kyle T. Webster の新しい 9 本の鉛筆のユニークな鉛筆ブラシセットが追加されました。

その他より詳しいアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

デスクトップ版 Photoshop

デスクトップ版Photoshopは、現在Windows 10(64 ビット)バージョン 1909 以降、macOS Catalina(バージョン 10.15)以降で利用できます。詳しいシステム要件の確認はこちらから

PhotoShopの価格はサブスクリプション形式で、単体プランが2,728 /月 (税込)です。フォトプラン 1,078 /月 (税込)やコンプリートプラン 6,248 /月 (税込)にも含まれています。

デスクトップ版PhotoShopにはiPad版のライセンスも付属しています。また、単体プランではAdobeFrescoプレミアム版も利用できます。

価格の確認はこちらから

iPad 版 Photoshop

iPad 版 Photoshopは、iPadOS(14.0)以降で利用できます。詳しいシステム要件はこちらから

価格は1か月間の無料期間後1080/月または8600円/年となります。

アプリストアから Photoshop iPad 版のサブスクリプションを購入すると、Photoshop iPad 版とAdobe Fresco プレミアム版の両方にアクセスできます。

また、iPad 版 Photoshopは、1600円/月または15800円/年のアドビデザインモバイルバンドルにも含まれています。

Fresco

Frescoは、Windows 10 バージョン 1903 以降、iPadとiPhoneのサポート対象デバイスで使用できます。詳しいシステム要件はこちらから

Frescoは無料から使用でき、100GBのストレージやすべてのブラシが利用できるプレミアム版は、1080/月となります。

また、新しい低価格の年間サブスクリプションプランが登場しています。新しい Fresco プランの価格は、1,150円/年、Fresco のプレミアムブラシ、シェイプ、Adobe Fonts、および 5GB の Creative Cloud ストレージにアクセス可能です。

プレミアム版は1600円/月または15800円/年のアドビデザインモバイルバンドルにも含まれています。

価格オプションをまとめるとは以下のようになっています。

  • Fresco:1,150円/年
  • Fresco + Ps on iPad:1,080円/月
  • Adobe Design Mobile Bundle:1,600円/月
  • Fresco + Ps on iPad:8,900円/年
  • Adobe Design Mobile Bundle:15,800円/年

Photoshop ウェブサイトへ

iPad版 Photoshop AppStoreページへ

Fresco AppStoreページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました