After Effects 23.0 がリリース、選択可能なトラックマットレイヤー、ネイティブの H.264 エンコードの追加など

CGソフト

2022年10月18日(現地時間)- Adobeは、Adobe Max 2022 の開催に合わせて、同社のクリエイティブアプリケーションの最新アップデート(2022年10月リリース)をリリースしました。

ここでは、After Effects 23.0 の新機能を紹介したいと思います。

新機能ハイライト

2022年10月(23.0)リリースでは、選択可能なトラックマットレイヤー、レンダリングキューでの H.264 エンコード、コンポジション設定の更新されたプリセット、新規アニメーションプリセットおよび強化されたキーフレームナビゲーションが含まれています。また、Maxon の Cinema 4D のインストールはオプションとなりました。

選択可能なトラックマットレイヤー

タイムラインパネルの新規トラックマットドロップダウンメニューを使用して、任意のレイヤーをトラックマットとして使用することで、コンポジションをより簡単に、柔軟に行うことができるようになりました。これにより、ターゲットレイヤーの上にマットを配置する必要がなくなります。

レイヤースタック内のどこに配置されていても、コンポジションのレイヤーをすべてトラックマットとして使用できます。 複数のレイヤーに 1 つのレイヤーをマット用に参照させることも可能です。

また、マットレイヤーのアルファチャンネルまたはルミナンスチャンネルを使用して、必要に応じて反転することもできます。

ネイティブの H.264 エンコード

出力モジュール設定のオプションとして H.264 を使用すると、After Effects レンダーキューから直接 H.264 をエンコードできるようになりました。この統合では、Adobe Media Encoder(AME)UI と AME のバックエンドエンコードシステムを使用しています。

この統合は、Adobe Media Encoder(AME)のUIとAMEのバックエンドエンコーディングシステムを使用しており、すべてAfter Effectsから離れることなく行うことができます。

H.264の書き出しは、ハードウェアエンコードモードとソフトウェアエンコードモードの両方をサポート、AMEやPremiere Proと同様に、After EffectsのH.264書き出しも高速化されています。

コンポジションプリセット

コンポジションプリセットリストが見直され、より一般的に使用されるプリセットの検索が容易になりました。プリセットには、ソーシャルメディア出力用のサイズも含まれています。

新しいアニメーションプリセット

After Effects コミュニティによって作成された 50 以上の新しいアニメーション プリセットを入手できます。最新のモーションデザイン ワークフロー用に設計されたこれらのプリセットを使用すると、よく使うテクニックをゼロから始める必要がなくなり、すばやくアニメーションを作成できます。

プリセットリストの確認はこちらから

より迅速なタイムラインのナビゲーション

Shift キーを押しながら、使い慣れた J および K ホットキーを使用すると、作業中のキーフレームのみをフォーカスすることが可能となりました。これにより、現在の時間インジケーター(CTI)の動きが、選択されたレイヤーおよびプロパティのキーフレームのみに制限されます。

Cinema 4D のインストールがオプションに

After Effects のインストールの際に、「アドオン」オプションを使用して、Cinema 4D をダウンロードするかスキップを選択することができます。もし、後でCinema4Dをインストールしたい場合は、いつでもCreative Cloudアプリケーションからインストールすることができます。

現在ベータ版で提供中の機能

3Dモデルの読み込み

3D モデルを After Effects に読み込んでコンポジションに追加し、位置、拡大/縮小、回転などの変形を編集したりアニメーション化したりできます。3D モデルの読み込み時に、単位や拡大/縮小など、モデルの変換方法を指定できます。

プロパティパネル

プロパティパネルを使用して、タイムライン内の選択したレイヤーの重要なプロパティにすばやくアクセスすることができます。これにより、複数のレイヤー階層を開いたり、別のパネルを開く必要がなくなり、ワークフローを高速化するレイヤーおよびオブジェクトプロパティのアクセシビリティが向上します。

現在のベータ版ビルドには、シェイプレイヤーのプロパティパネル機能が備わっており、パネルには、選択したシェイプレイヤーのレイヤーの変形、レイヤーの内容、シェイプのプロパティおよびシェイプの変形が表示されます。

OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント

ACES は、映画やテレビ制作のライフサイクル全体でカラーを管理するための業界標準です。エンドツーエンドの画像忠実度を維持するための標準を提供することで、複数の画像キャプチャおよびプレゼンテーションデバイスの使用から生じる複雑さを簡素化します。

After Effects と OpenColorIO(OCIO)の統合により、ACES ワークフローが簡素化され、After Effects 内の ACES でネイティブに作業できるようになります。

より詳しいアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

After Effects 23.0は、Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降、macOS のバージョン10.15、または macOS Big Sur(11.*)、macOS Monterey(12.*)で利用できます。Apple シリコンコンピュータを使用の際は以下リンクもご参考に。

より詳しいシステム要件はこちらから

After Effectsの単体プランは

  • 年間プラン, (月々払い) — 2,728 円/月(税込)
  • 年間プラン, (一括払い) — 28,776 円/年(税込)
  • 月々プラン — 3,828 円/月(税込)

となります。

また、Premiere Pro、After Effectsともに6,248 /月 (税込)Creative Cloudコンプリートプランの一部としても利用できます。

詳しい価格はこちらから


After Effects ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました