iPadでのお絵描きを快適にする人間工学に基づいた超軽量ケース Darkboard の Kickstarter が開始

PC関連

Astropad が新しく開始した Darkboard の Kickstarter の紹介です。

このプロジェクトは 2022年10月15日 (土曜) の01:00 UTC +09:00 までに目標を達成した場合のみファンディングされます。現時点で76,210ドルの資金を調達しており、目標額は20,000ドルを大きく超えています。

Astropad について

2013年に2人の元 Apple エンジニア、Matt RongeGiovanni Donelliによって設立されたAstropad は、設立以来、クリエイティブ向けの革新的なツールを開発してきました。

まず、iPad をプロ向けの描画タブレットに変える受賞歴のあるアプリ、Astropad Studioを作成し、その後、iPad や Mac をワイヤレスのセカンド ディスプレイに変えるハードウェア、  Luna Displayを発表しました。今年の4月には、Astropad Studio が Windows に対応するアップデートをリリースしています。

Darkboard とは

iPadで作業する際の問題

iPadで長時間ドローイングすることは、体に負担をかけます。

  • 手が痛くなる : 不自然な角度は神経を圧迫し、手のむくみ、しびれ、脱力感を引き起こします。
  • 姿勢が悪くなる : 机の上で絵を描くと、どうしても姿勢が悪くなってしまいます。
  • 握る場所がない : 最新のiPadはベゼルがないため、スクリーンを掴むしかありません。
  • 限られたモバイル性 : デスクに縛られたままでは、クリエイティビティが損なわれてしまいます。

Astropadは、アーティストのこれらの問題を解決したいと考え、Darkboard を作成しました。

特徴

Darkboard の設計では、次の 3 つの主要な機能に焦点が当てられています。

快適性 : DarkboardはiPadの表面を広げ、長時間のドローイングの際に腕や手首にクッションを提供します。

軽量 : Darkboard は、プロ用スポーツ用品に使われている素材と同じ、成型EVAユニボディでできており、十分な剛性と耐久性を持ちながら、持ち運びに便利な軽さを実現しています。

安全性 : Darkboardの安全なハードケースは、iPadとApple Pencilを持ち運びやすいように固定することができます。Darkboardをどの角度にも傾けることができ、iPadは保護クレードルにしっかりと固定されます。

快適性

長時間のドローイングを可能にする、人にやさしいデザイン

新しいiPadはベゼルがなく、スクリーンがiPadの端まで届くようにデザインされています。ベゼルがないと、画面を覆い隠すことなく、腕を休ませながら描画することができません。

Darkboardは、プレミアム硬質フォームでiPadの周囲に面を広げます。腕や手首の負担を軽減し、長時間のドローイングでも疲れにくく、ケガをしにくい構造になっています。

ドローイング中の腕や手首の負担を軽減

ハンドルの人間工学を研究し、多くのデザインに反映させています。工業デザイナーとして有名なヘンリー・ドレフュス氏は、最適なハンドル部分の直径を32~38mmと定義しています。

Darkboardの厚さは33mmで、ちょうど使い心地のいいところに位置しています。

その場に座っているときも、移動しているときも、快適なグリップを提供する角ばった溝を備えています。持ち手には溝があり、表面はグリップ感のある質感です。

軽量

重量のある他の製図用具とは異なり、Darkboardの重量はわずか1.4ポンド(635.029グラム)です。持ち運びに便利なように設計されているので、ワークスペースをどこにでも持ち運ぶことができます。

Darkboardは、EVA Unibodyというユニークなプレミアムフォームで作られています。EVAは、プロ用スポーツ用品に使われているのと同じ高性能な素材です。軽量でありながら、十分な剛性と耐久性を備えています。

安全性

iPadの落下を心配する必要はありません。Darkboardの安全な硬い筐体は、iPadとApple Pencilを固定して、持ち運びを可能にします。もしDarkboardが床に落ちても、iPadはしっかりと固定されたままです。

ポリカーボネート製の iPad クレードルは、Darkboard の厚いフォーム ボディに成形されています。iPad はクレードルにぴったりと収まるので、落下することはありません。

  •  ポリカーボネート iPad クレードル: DarkboardのiPad用保護クレードルは、最も強度の高いプラスチックの1つであるポリカーボネートでできています。あらゆる保護具に使われる素材と同じものです。
  •  1mm ドロップ クッション: iPadの画面と本体のエッジの間には1mmの空間があり、平らな場所で落下した際に画面が地面に接触するのを防ぎます。

その他のスペック

  • Apple Pencil ポケット:Apple Pencilポケット Apple Pencilはポケットにぴったりと収まり、持ち運びの際もしっかりと固定されます。取り外すときは、Apple Pencilの先端を押し下げると、先端が外れます。
  • 充電ポート:絵を描くと同時に、充電もできます。充電口はほとんどのUSB-C充電器に対応しています。
  • カメラ穴:iPadクレードルの背面には開口部があり、Darkboardを使いながらiPadのカメラにアクセスすることができます。
  • 滑りにくい表面の質感: Darkboardのフォームボディは、微妙なシボ加工が施され、心地よいグリップ感を実現しています。
  •  溝付きハンドル: Darkboardの背面には、フォームの側面と上面に沿って、丁寧な凹凸が施されています。この角張った溝が、Darkboardをその場に座ったままでも、移動中も持ちやすくしています。
  •  1mm ドロップ クッション:iPadの画面と本体のエッジの間には1mmの空間があり、平らな場所で落下した際に画面が地面に接触するのを防ぎます。
  • ポリカーボネート iPad クレードル: DarkboardのiPad用保護クレードルは、最も強度の高いプラスチックの1つであるポリカーボネートでできています。あらゆる保護具に使われる素材と同じものです。
  • リリース ウィング: iPadをクレードルから簡単に取り外すことができるレバーです。
  • 寸法: ダークボード (モデル D1) の寸法は、18.1 x 14.2 x 1.3 インチです。
  • 重量: Darkboard (モデル D1) だけで 1.4 ポンド (または 635 グラム) の重さがあります。これは、iPad Pro 自体の重さよりも軽いです。

互換性について

Darkboard には 2 つのサイズがあり、現在から出荷されるまでの間に発表された新しい11インチおよび12.9インチのiPadをサポートします。

  •  モデル D1は、12.9 インチ iPad Pro (第 3 世代以降) に適合します。
  •  モデル D2は、11 インチの iPad Pro または iPad Air に適合します。

価格

希望小売価格は、99.99ドルです。Kickstarterでは最大20%お得に購入できます。

  • Darkboard – Super Early Bird:79ドル(投稿時点で終了間近)
  • Darkboard – Early Bird:89ドル

お届け予定日は2023年3月となっています。

配送料について

発送先の国 発送先国の一覧は、Kickstarter FAQをご覧ください。日本への配送料は35ドルとなっています。Kickstarterキャンペーン終了後、発送可能な国のリストは拡大される予定です。

関税と税金 関税・税金については、Darkboardの発送準備が整い次第、別途請求されます。


Darkboard の Kickstarter ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました