Boris FX、Final Cut Proユーザー向けの3つの低価格エフェクトユニットをリリース

プラグイン

2022年9月8日(現地時間) – Boris FXの受賞チームは、新しい3つのContinuum FCPユニット Color Essentials Unit、Stylize Unit、Transitions Unit をリリースしました。

新しい3つのContinuum FCPユニット

新しい3つのユニットは、Continuum FCPスイートに含まれる人気のあるカテゴリーをベースに作成されています。

これらのユニットは、コンテンツ制作者、DIY映画制作者、放送局のTV編集者やアーティストがプロジェクトにエフェクトを簡単に追加できるように、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えており、カスタムFXエディタにより、プリセットを数秒で閲覧したり、数クリックで微調整や保存を行うことができます。各エフェクトはGPUアクセラレーション、AppleのネイティブM1テクノロジー、HDRに対応しています。

また、Color Essentials UnitまたはStylize Unitには、平面トラッキングとマスキングツールであるMochaが含まれています。

Transitions Unit

このユニットには、ドラッグ&ドロップで使える15種類のトランジションとCrash Zoom、Film Glow Dissolve、Light Leaks Dissolve、Video Glitch Dissolveなど、100種類以上のプリセットが含まれています。

  • プロがデザインした数百のプリセットを備えた 15 のドラッグ アンド ドロップ トランジション
  • Blur Dissolve, Camera Shake Dissolve, Channel Blur Dissolve, Crash Zoom Dissolve, Cross Zoom Dissolve, Directional Blur Dissolve, Dissolve, Film Glow Dissolve, Light Leaks Dissolve, Multi-Star Dissolve, Prism Dissolve, Rack Focus Dissolve, Rays Dissolve, Spin Blur Dissolve, と Video Glitch Dissolve
  • 色補正(Color Correction)グループ: トランジションエフェクトのPush-to-WhiteまたはDip-to-Blackルックを作成したり、トランジションの一般的な色調を調整することが可能です。
  • モーションブラー(Motion Blur)オプション: よりフォトリアリスティックなレンダリング結果を生成します。Boost Motionは、ぼかしを高速にするユニークなオプションです。

より詳しい内容はこちらから

Color Essentials Unit

8つのカラーエフェクトと750以上のプリセットで、アナログ映画時代の象徴的なルックを再現したり、デジタルビデオを即座に変身させることができます。

  • プロがデザインした 750 以上のプリセットを備えた 8 つの堅牢なエフェクト
  • 色調補正とトーン調整フィルタ
  • ルックデベロップメントとグレーディングツール
  • フィルムストックエマルジョンとグレインエミュレーションフィルタ
  • Wratten™ Optical フォトフィルタとジェル

より詳しい内容はこちらから

Stylize Unit

このユニットには、フィルムグランジ、豊富なゴボ、ライトリーク、ビデオグリッチなど、9つのマストハブエフェクトと950以上のプリセットが含まれています。

  • プロがデザインした 950 以上のプリセットを備えた 9 つのエフェクト
  • ビデオグリッチ、グランジ、ダメージTVエフェクト
  • ライトリークとグロー
  • ブラーおよびプリズムエフェクト
  • ボリューメトリック アルファまたはルーマ駆動の光線

より詳しい内容はこちらから

価格とシステム要件

Continuum FCPユニットは、Mac OS X: 10.15.6 以降での利用が推奨されています。

価格は、永久ライセンスでそれぞれ以下のようになっています。

  • Color Essentials Unit: 59.00ドル
  • Stylize Unit: 59.00ドル
  • Transitions Unit: 59.00ドル

Boris FX Releases Affordable Final Cut Pro Plugin Units

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました