3dsMax用レンダラー finalRender Subscription Drop 6 がリリース、ボリュームレンダリングの改善など

プラグイン

2022年8月31日(現地時間) - cebas Visual Technologyは、3dsMax用レンダラーの最新アップデート finalRender Drop 6 をリリースしました。

新機能ハイライト

この最新アップデートでは、前のリリースと比べて多くの新機能が追加され、安定性が向上しています。OptiXも最新のOptiX 7.5バージョンに更新され、より優れたRTXパフォーマンスと機能互換性を実現、さらに finalRender のCUDAコアも更新され、CUDAバージョン11.7になっています。

DirectVolumeRendering

改良されたより高速な DirectVolumeRendering が追加されました。cebas Visual Technologyは、3Dアーティストが3ds Max内でOpenVDBのパワーを完全に体験できるようにするため、3ds Max用のDirectVolumeRenderingを開発しました。そして現在、finalFluid™はthinkingParticlesと同様にDirectVolumeRenderingでサポートされるようになりました。

fR-PyroVDB

OpenVDBボリュームデータに基づく火と煙のエフェクトを主にレンダリングするために作成された新しいマテリアル fR-PyroVDB が追加されました。このシェーダは、品質と制御を妥協することなく、高度に最適化されています。

■fR-VolumeVDB

fR-Pyroマテリアルは最高の火と煙の結果を作成しますが、このボリュームシェーダは依然としてfinalRenderの唯一のトゥルーライトスキャッタリングシェーダです。例えば、物理的に正確なスペクトルライトスキャッタリングは、内部または外部照明効果に依存する雲や他のボリュームエフェクトを作成するために必要です。

■fR-Volume (Object)

3ds Max の In-Viewport ボリューメトリック表示がマルチボリュー ム OpenVDB グリッドと一緒にサポートされました。これにより、様々な種類のボリュームデータを簡単に視覚化することができます。

■Temporal GPU Denoiser

VIDIAの最新のGPUデノイザー技術を搭載しています。現在、テンポラル・デノイジングを有効にすることができ、アニメーションをレンダリングする際に、より良い結果を生み出すのに役立ちます。以前とは異なり、NVIDIAの新しいGPUデノイザーは、ノイズアーティファクトを除去するために複数のフレームを使用します。

■Lock Sampling Pattern

アンバイアス物理ベーススペクトルレンダラーとして、finalRenderは大量のランダム光線を作成し、より多くの光線が発射されるほど、結果はより物理的に正確になりますが、視覚的なノイズが発生するというペナルティも持ち合わせています。

サンプリングパターンを ” in place ” (または、より良い:スクリーンピクセルに)ロックすることで、システムが可視ノイズアーティファクトを削減するの役立ちます。

■RTXシェーダのコンパイル時間

この最新リリースでは、RTXシェーダのコンパイル時間が大幅に短縮されました。

■レンダーエレメント

fR Velocity レンダーエレメントに新しいオプション2D Screenが追加されました。このオプションは、スクリーンピクセルの速度ベクトルを別チャンネルで出力します。

価格とシステム要件

FinalRender Drop 6は3ds Max 2020以降で使用できます。

価格はサブスクリプションのみで294ドル/年です。また、FinalRenderは、ThinkingParticles Subscriptionに無料で含まれています。

無料版について

cebas Visual Technologyは、現在主要なレンダリングアプリケーションであるfinalRenderの商用利用も可能な無料版を提供しています。Subscription Drop 6のリリースに伴い、finalRender Freeもすぐにダウンロードできるようになりました。

無料版ページへ


FinalRender ウェブサイトへ

finalRender Subscription Drop 6

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました