V-Ray 6 for Maya がリリース!Enmesh、プロシージャルクラウド、新しいドームライトモードなど

プラグイン

2022年8月31日(現地時間)- Chaos は、Maya向けのレンダリングソフトウェアの最新アップデートの V-Ray 6 for 3ds Mayaをリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、ジオメトリを繰り返すEnmesh、プロシージャルな雲、Finite Dome Light モード、ディスプレイスメント付き V-Ray Decal 、新しいレンダー分析などの機能が追加されました。

V-Ray Enmesh

V-Ray Enmeshを使用すると、サーフェス全体に複雑な幾何学模様を、追加のメモリコストなしで適用できます。チェーンメール、フェンス、編み物、柵などをわずか数クリックで作成できます。

フィニットドームライトモード

V-Ray ドームライトのより柔軟な地面投影機能、フィニットドームライト(Finite Dome light)モードが追加されました。このモードでは、ドームライトのスケールを設定し、ブレンド設定を完全に制御することができます。

プロシージャルクラウド

V-Ray の新しいプロシージャル雲システムにより、数クリックでさまざまな雲を作成できるようになりました。

GIF

ディスプレイスメントを持つ V-Ray Decal

V-Ray Decal を使って、サーフェスにディスプレイスメントを追加し、ひび割れた壁、岩、エンボス文字などをさらにリアルに表現できるようになりました。

Chaos Cloud Collaboration

V-RayのフレームバッファからChaos Cloud Collaborationにレンダリングをアップロードし、世界のどこからでも同僚やクライアントと作品を共有して、コメントや注釈を加えたり、パノラマビューを見たりすることができます。

その他のアップデート

V-Rayプロファイラー

シーンのマテリアル計算に費やされた時間のレポートを入手できます。メモリー・トラッカーと組み合わせることで、レンダリング・パフォーマンスを監視、管理するための完全なツールセットとなります。

■IPRのライトキャッシュ

IPRでLight Cache GIを使用できるようになり、IPRと製品レンダリングを同一にすることができます。

合理化されたUSDサポート

V-Ray マテリアルを USD プレビューサーフェスとしてエクスポートし、V-Ray アセットをさまざまな非 V-Ray ビューポートに表示できます。その他にもさまざまな機能があります。

強化されたChaos Cloud Experience

Chaos Cloud への送信は別のプロセスで行われるようになり、Maya インターフェイスが空くので、ユーザーは作業を続けることができるようになりました。

薄膜レイヤー

V-Ray Material の新しい薄膜オプションで、リアルなシャボン玉やオイルの流出などを作成できます。

強化されたV-Rayマテリアルエネルギー保存

強化されたV-Rayマテリアルエネルギー保存で、より物理的に正確なラフメタルやその他の反射サーフェスをレンダリングできます。

VFB のコンポジションガイドレイヤー

カスタマイズ可能なオーバーレイで、VFBの新しいコンポジションガイドレイヤーを使えば、別のアプリケーションを使用せずに、シーンの構図を微調整できます。

■VFBパノラマビューア

V-Ray Frame Bufferから、レンダリング中に球体パノラマレンダリングをプレビューできるようになりました。

価格とシステム要件

V-Ray 6 for Maya は、Windows 8.1、Windows 10またはWindows 11 Pro で動作する Maya 2019 – 2020、Windows 10 ProまたはWindows 11で動作する Maya 2022– 2023で利用できます。詳しいシステム要件はこちらから

価格は、シングルノードロックライセンスのV-Ray Solo が11,990円/月、71,280円/年、182,160円/3年です。

また、V-Ray 6 for Maya は、Chaosのすべての製品が含まれた V-RayPremium の一部としても利用できます。

価格の確認はこちらから


 V-Ray 5 for maya ウェブサイトへ

V-Ray 6 for Maya out now

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました