NVIDIA、新しい USD コネクタとツール、シミュレーションテクノロジ、開発者フレームワークを備えた Omniverse のメジャーリリースを発表

CGソフト

2022年8月9日(現地時間)- NVIDIA は、Universal Scene Description (USD) に基づきメタバースワールドを構築および接続するためのプラットフォームである NVIDIA Omniverse™ 用の新しい開発者フレームワーク、ツール、アプリ、プラグインを発表しました。

Omniverse Kit、Nucleus、Audio2Face、Machinimaアプリの新機能により、ユーザーは物理的に正確なデジタルツインやリアルなアバターをより良く構築することができます。Omniverse の拡張には、アーティスト、開発者、エンジニアが仮想世界とコンテンツをこれまでになく簡単に構築するための AI を活用したツールが含まれ、PTC Creo、SideFX Houdini、Siemens Xcelerator プラットフォームのソリューションなどの今日の主要な 3D アプリケーションにシームレスに接続する機能を特徴としています

仮想世界を構築するためのマルチ GPU スケーラブル コンピューティング プラットフォームである Omniverse は、建築およびプロダクト デザインを強化し、視覚効果ワークフローを簡素化し、工場、都市、および地球のデジタルツインを構築するために、世界中の約 700 社の大手企業によってすでに使用されているとのことです。

新しいアプリケーションとアップデート

NVIDIA Omniverse Avatar Cloud Engine (リアルな仮想アシスタントとデジタル ヒューマンを構築および展開するためのクラウドネイティブな AI モデルとサービスのスイート) の発表に加えて、以下のプラットフォームのアップデートを公開しました。

■Omniverse Kit

Omniverse Kit は、ネイティブのOmniverse拡張機能とアプリケーションを構築するためのツールキット です。Omniverse Kitのアップデートは以下の通りです。

  • Omniverse の PhysX® のアップデート:スケーラブルな符号付き距離場(SDF)シミュレーション、ソフトボディシミュレーション、布を操作するためのパーティクルクロスシミュレーション、ソフトコンタクトモデルといった新機能があります。
  • 新しい OmniLive ワークフロー:OmniLiveによって、USDワークフローにおけるインタラクションや柔軟性を向上させることができます。Live layersにより、ユーザーは誰がセッションに参加しているかを知ることができるため、チームは簡単に所有権を割り当てることができ、コラボレーションセッションを保存、破棄、一時停止する方法も簡単に用意できます。また、OmniLiveはカスタムバージョンのUSDをシームレスにライブシンクさせ、Omniverse Connectorsの開発をより容易にします。
  • 合成データ生成の改良:これには、トレーニング用シーンの準備に役立つアセットや、USDおよびSimReadyアセットが追加されたコンテンツライブラリの改良が含まれています。
  • Viewport 2.0:これは、すべてのKitベースのアプリケーションのための新しい拡張可能なビューポートです。ビューポート 2.0 では、カスタム ユーザー インターフェイスを作成し、複数のビューポート ウィンドウを一度に使用することができます。
  • レイアウトツールの改善:ビューポート内のコンテンツをより良く操作できるようになりました。整列、スナップ、ランダム化などの機能により、大量のコンテンツを素早くレイアウトし、ステージ生成プロセスを改善することができます。
  • 新しいレビューツール:コラボレーションセッションにおいて、チームメンバーに変更点を測定・伝達することができます。
  • アクショングラフの改良:新しいダイレクトインビューポートボタンと改良により、ユーザーはアクショングラフだけでビューポートに直接コンフィギュレータを構築することができるようになりました。

Omniverse Audio2Face

Omniverse Audio2Faceは、音声ファイルから直接フェイシャルアニメーションを作成できる AI ツールです。リアルな感情を推測して生成し、すべての顔の特徴をアニメーション化する新しい機能により、AI を活用したアニメーションに大きな飛躍をもたらします。以下は新しく公開されたデモ動画となります。

また、感情表現が可能となったアップデート内容については以下の記事でも説明しています。

Omniverse Audio2Face 2022.1 がリリース、感情のあるアニメーションの生成が可能に
2022年7月21日(現地時間)- Nvidiaは、Omniverse Audio2Face 2022.1をリリースしました。今回のアップデートは、確かCOMP...

Omniverse Machinima

Machinima は、3D シネマティクスとアニメーションフィルムを簡単に構築するためのアプリです。

#MadeinMachinimaコンテストのサポートパートナーである『Post Scriptum』、『Beyond the Wire』、『Shadow Warrior 3』 のゲームから何百もの新しい 3Dアセットが無料で提供されます。

さらに、音声ファイルからリアルな腕と体の動きを生成する AI である Audio2Gesture とAudio2FaceがSequencerに統合され、AIによるパフォーマンスの再生と編集がより簡単にできるようになりました。

■Omniverse DeepSearch(Omniverse Enterprise 

DeepSearch は、チームが AI を使用して、「赤く、さびたドラム缶」などの自然言語を使用して、大規模なタグ付けされていない 3Dビジュアルアセットデータベースを直感的かつ正確に検索できるようにします。DeepSearch は、検索するのに大きな課題のある数十万のタグ付けされていないアセットを持つゲーム開発者や VFX スタジオ向けの画期的なツールです。

以下の動画では、受賞歴のあるスタジオ Industrial Light & Magicが、DeepSearch をどのように活用しているかを確認できます。

Omniverse Nucleus

Omniverse Nucleusは、Omniverseのデータベースとコラボレーションエンジンです。様々なクライアントアプリケーション、レンダラー、マイクロサービスが仮想世界の表現を共有し、変更することを可能にします。

Nucleusの最大のアップデートは、新しいヘッドレスシングルサインオン認証で、ユーザーはユーザーインターフェースにアクセスしてログインする必要なく、ツールを書いたりタスクを実行したりできるようになりました。

Omniverse Nucleusのその他のアップデートは以下の通りです。

  • Nucleus Navigator:コンテンツをナビゲートし管理するためのアプリで、検索機能が強化され、Omniverse EnterpriseではNGSearchとDeepSearchがサポートされます。
  • Nucleus Cache:データ転送を最適化するためのサービスで、バグフィックスとパフォーマンスの改善が行われました。

NVIDIA Modulus

さらに、物理機械学習フレームワークである NVIDIA Modulus が、Omniverse Extensionとして新たに利用可能になりました。

ほぼリアルタイムのパフォーマンスを提供する、Modulus でトレーニングされた物理 ML モデルは、アプリケーションによっては 4,000倍~10万倍高速であり、高忠実度のシミュレーションに近い前例のない精度を提供します。Modulus は、NVIDIA の Earth-2 を含む科学的なデジタルツインの基礎の 1 つとなっています。

新しい Omniverse Connector

NVIDIA は、産業、設計、シミュレーション、CAD ソフトウェア エコシステムのパートナーとの共同作業の一環として、USD ベースのプラグインである 11 の新しいOmniverse Connector を発表しました。これにより、Omniverse USD エコシステムへのConnector の総数は 112 になります。

 Autodesk AliasAutodesk Civil 3DBlenderOpen Geospatial ConsortiumSiemens JTSimScaleUnity 向けの Connector の継続的な開発に加えて、新しく PTC CreoVisual Components、 SideFX Houdini 用の Connector がベータ版で新たに利用可能になっています。

また、以下のNvidiaのパートナー各社は、Omniverse対応コネクションの新しいアップデートを継続的にリリースしています。

  • MaxonのRedshift Hydra Renderer、OTOYのOctaneRender HydraプラグインとOmniverse Connectorは、アーティストやデザイナーは好みのレンダラーを Omniverse で直接使用できます。
  • Ipologのスピンオフ企業であるSyncTwinは、産業用デジタルツインの開発を可能にするOmniverse上に構築された新しいツールとサービスのスイートを提供します。
  • Prevu3D は、3D 点群からデジタルツイン用の高品質でインタラクティブなメッシュに変換するソリューションで、Omniverse のワークフローを可能にする USD サポートが追加されています。
  • Lightning AIは、Omniverse Replicatorを使用して合成データを生成する機械学習アプリを構築しました。

NVIDIA Omniverseの、個人での利用は無料でごす。

NVIDIA Omniverse のダウンロードはこちらから

NVIDIA Announces Major Release of Omniverse With New USD Connectors and Tools, Simulation Technologies and Developer Frameworks

NVIDIA Unveils Powerful AI, Simulation and Creative Tools for Creators and Developers of Virtual Worlds

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました