Houdini 19.5 が正式リリース!

CGソフト

2022年7月21日- SideFX は、ノードベース3DCGソフトウェアの最新アップデート Houdini 19.5 をリリースしました。

新機能ハイライト

Houdini 19.5 では、Houdiniコミュニティ全体のアーティストの創造性の向上に重点が置かれています。

モデリング

■CURVE | ORIENTATION HANDLES

Curve ツールに、カーブ形状や接線方向操作用のインタラクティブなステートが追加されました。

■TANGENT FIELDS

この機能は、様々な使い方ができる強力なローレベルツールで、サーフェス上の接線を、ジオメトリに沿って滑らかに流れるように制御できます。

その他

  • TopoTransfer node の大幅な改善。
  • 新しいTopo Landmark node TopoTransferノードのランドマークの指定をサポートします。
  • 新しい Spiral node 2Dスパイラルと3Dらせんを作成できます。
  • 新しい Heat Geodesic node は、物理的な熱分布モデルを使用して、サーフェス全体の属性値の広がりを計算できます。
  • Delete node はランダム削除、 Group node はランダムグループの作成をサポート
  • glTFレンダーノードで、新しいForceObjectsパラメーターとExcludeObjectsパラメーターを使用して、表示フラグを無視して、エクスポートするオブジェクトを強制的に含めるか除外することができるようになりました。
  • Alembicサポートをバージョン1.8.3に更新しました。
  • LIDARインポートノードは、LAS1.4およびLAZファイルのサポートを追加しました。

SideFX Labs

■SCAN DATA

スキャンデータのクリーンアップのためのツール一式が用意されており、プロジェクトで使用するスキャンジオメトリの準備のための効率的なパイプラインが構築できます。

■POLY WIRE UV


効率的な UV レイアウトが組み込まれたポリワイヤの作成が可能になるので、用途に応じたワイヤを設定して、プロジェクトに応じたワークフローの構築が可能になります。

■POLY SCALPEL


道路や交差点、室内空間の構築など、複雑な状況でもプロシージャルかつ堅牢なツールによるジオメトリのカットが可能になりました。

KineFX

■SMOOTH MOTION

Butterworth フィルタでモーションキャプチャデータを滑らかに。ジッタを手早く除去、キャラクタに使い回せるクリップが作成可能です。


■MOTION EDITTING

キーフレームによるモーションとラグドールシミュレーションやセカンダリモーションの組み合わせが可能になりました。これらの効果をレイヤすることで、適切なルックの実現が可能です。

■ANIMATING WITH VFX


RBD などのVFX要素をアニメーションワークフローに簡単に組み込むことができます。

■RETARGET


あるキャラクタのモーションデータを別のキャラクタへ効率的にリターゲットすることができます。

UX

■DASHBOX


新しいDashboxは、インターフェース要素、パラメーター、式など、Houdiniで物事を見つけるためのインターフェースを提供します。CtrlDを使用してアクセスできます。

■HUDS


HUDSは、より多くのツールで利用できるようになり、希望どおりに表示されるように構成できます。これらの学習ツールをワークスペースに表示するタイミングと方法を制御することもできます。

Solaris

Solaris は、Houdini 19.5 でルックデブ、レイアウト、ライティング機能が強化され、新しいレイアウトブラシやライトフィルタが追加されました。

RENDER REGION

Karmaなどのレンダーデリゲートを使用すると、Solarisビューポートはすぐに完全なIPR体験になります。Houdini 19.5では、特定の領域をレンダリングすることで、ショットをより集中的にチェックすることができます。この領域は、現在のフレーム内のすべての領域を簡単に移動することができます。


LAYOUT BRUSHES

Layout LOPに新しいブラシが追加され、ショットにディテールをすばやく追加できるようになりました。ランダムに選択されたアイテムを積み重ねたり、線に沿ってディテールを作成して、より具体的な結果を得ることができます。


■LIGHT | Filters

ライトフィルタは、投影された光にディテールを重ねる方法を提供します。ゲルとして使用したり、ゴボを定義したり、イメージをスクリーンに投影したりすることができます。Solarisの照明ワークフローにこの機能を追加するために、Material Xノードが使用されます。これらの強力なノードは、同時に複数のライトに追加することができます。

Light Filters

Gobo

Projector

Multiple Lights

FINISH SHOTS

新しいライトフィルタにより、必要なルックを持つ高品質のショットを簡単に作成できるようになりました。より多くのコントロールが可能になり、これらのノードにアクセスしてライトに適用するのも簡単です。

Karma

Houdini 19.5のKarmaでは、Mantraからレンダリング任務を引き継ぐ準備が整いました。Karma XPUへのベータアクセスも含まれています。

MaterialX

KarmaがMaterialXを採用するにあたり、このシェーダー構築ツールセットに機能を追加するために新しいノードが追加されています。これには、公式の同等品が準備されるまでMaterialX標準外のノードがいくつか含まれてます。

Curvature and Facing Ratio

Rounded Corners

OCEAN | Rendering

Solarisの新しいKarma Ocean LOPにより、海を照明とレンダリングのコンテキストに取り込むことが非常に簡単になりました。これまで使用していたすべての設定が1つのインターフェイスで利用できるようになり、すばやく作業を開始できます。

KARMA | XPU

Karma XPUはサブサーフェススキャッタリングなどの新機能を搭載し、ベータ版に移行しました。この新しいハイブリッドレンダラーは、プロダクションクオリティのショットが可能ですが、もう少し機能が必要とされています。

Sub Surface Scattering

XPU Project

KARMA|ライセンスについて

KarmaはHoudini内部でも、他のUSDベースのアプリケーションのHydraデリゲートとしても動作するため、SideFXはHoudini CoreとFXにライセンスを無料でバンドルし、追加ライセンスを有料にすることを計画しています。

この新しい価格は2023年1月1日から適用される予定です。Mantraからの移行を支援するため、それまで無料のKarmaトークンが利用可能です。

その他

Karma CPU

  • 水密細分化/変位(コービング)
  • 自動クロップポストプロセス
  • テクスチャベイク (アルファ – アーティストフレンドリーなワークフローはまだありません)
  • ネストされた誘電体
  • 連続的なダイシングオプションが可能
  • ライトシェーダ/ライトフィルタのシェーディングネットワーク
  • ライティングワークフローのオーバーライド
  • HDKの依存関係を制限(他のUsdライブラリのKarmaデリゲートを構築)。
  • Cryptomatte LOP
  • Cryptomatte RenderVars用のPrimvars
  • Mtlxの改良と拡張
  • オートモーションセグメント(ステージ上のオーサリングサンプルに基づく)
  • モーションベクターAOV
  • シェーディング品質マルチプライヤー
  • HdCoordSysのサポート
  • ヒートマップによるAOVの視覚化(cputimeはこれを行うように設定されています。)

Karma XPU

  • Karma CPUの出力とのマッチングが向上
  • テクスチャフィルタリングの改善
  • バンプマッピング
  • ライトパス表現(LPE)のサポート
  • シェーダコンパイル性能の向上
  • ポイントメッシュ、キャットマル・ロム曲線の描画
  • シリンダーライト
  • シンプルなライトフィルタ
  • サンプリングの改善(クアッドライト、ライトツリー)
  • ライトのリンキング
  • シェーディングのためのディフューズ+スペキュラースケール
  • 薄膜の改善
  • ランダムウォークSSS、MtlX標準サーフェス用
  • マテリアルバインディングの数無制限(フェースごとのマテリアル)
  • テクスチャーの遅延ロード(エヴィクション機能付き)
  • テクスチャタイルとメッシュプリムのオンデマンドロードにより、バッチレンダリング時のGPUメモリ効率が大幅に向上。
  • Karmaが点とCatmull-Rom曲線をレンダリングするようになりました。

CharacterFX

Houdini 19.5のCFXには、新しいグルーミングツールとヘアプロシージャルに加え、筋肉、組織、スキンシミュレーションのシステムが改善されています。また、Lookatのような新しい群集機能もあります。

HAIR & FUR

ヘアとファーについては、新しいインタラクティブなグルーミングツールとレンダリングに多くの焦点が当てられています。Karma XPUはファーをレンダリングできるようになり、レンダリング時にガイドカーブからヘアを生成するためのヘアプロシージャルも用意されています。また、Solarisの他のレンダーデリゲートと連動するHUSKプロシージャルも用意されています。

Karma XPU

Mirror Grooming

Hair Procedural

HUSK Procedural

MUSCLES

この機能セットはまだベータ版ですが、Houdini 19.5では新機能が追加され、顧客からのフィードバックに基づき、プロダクション対応に向けてツールが改善されています。このバージョンでは、リジッドスペーサー、トポトランスファーを使用したリターゲット、フランケン筋と組織のスライドが含まれています。

Rigid Spacers

Retarget

Franken Muscle

Tissue Sliding

Crowds | Dynamic Look at

群衆は、移動中に視線を動的に切り替えることができるようになりました。特定のルールに基づき、各エージェントは目線と頭の向きを変え、近くにいる別のエージェントを見るようになります。これにより、中景や背景の群衆がより自然に見えるようになります。

FLIP Fluids

Houdini 19.5では、SOP Level Fluidsが追加され、アーティストに流体シミュレーションのためのより良いワークフローが提供されています。また、海の波と浅瀬のための新しいソリューションも含まれています。

SOP | FLIP

他の多くの VFX ツールと同様に、流体にも SOP レベルツールが追加され、アーティストにとってより良いエクスペリエンスが提供されるようになりました。これらのツールには、粘度(viscocity)、任意境界(arbitrary boundaries)、クローズアップショットのためのシムのアップレシングのサポートが含まれています。

SOP Level Tools

Viscocity

Boundaries

Upresing

OCEAN | Spectra

波のライブラリにEncino Wavesが追加され、アーティストがより簡単にリアルな海のルックを手に入れることができるようになりました。また、SideFX Labsの変形ツールを使って、ケルビンウェイクを追加することもできます。

Encino Waves

SideFX Labs | Kelvin Wakes

SHALLOW | Water

Shallow Waterソルバーは、高さフィールドで動作する新しいソリューションで、本質的には2Dの流体シミュレーションとなります。これにより、流体が空間を満たすことで、景観との強い相互作用が可能になります。

Pyro FX

Houdini 19.5では、Pyro FXに新しいワークフローオプションが追加され、アーティストのエクスペリエンスが向上しています。

SOURCE | Instancing

元々はMinimalソルバーでGPUに使用されていたPyro FXソースのインスタンス化が、一般的なツールとして利用できるようになりました。これにより、シミュレーションを可能な限り効率的に行いながら、異なる爆発を混ぜることが簡単にできるようになりました。

VOXEL | Scale

このワークフローでは、シミュレーションのベロシティをスケーリングして、より効率的に動作するようにできます。この方法を取れば、大きなパフォーマンス効果が期待でき、モーションから削除したディテールは、煙自体のディテールに影響を与えません。

VIEWPORT | Rendering

ビューポートでの環境照明により、レンダリングに回す前に簡単にPyroFXシミュレーションを評価することができます。このようにインタラクティブに作業ができることで、生産性が大きく向上します。

GAME ENGINE | Workflows

SideFX Labsを通じて、PyroFXシミュレーションをゲームエンジンで適切に表現するための新しいワークフローが提供されています。チュートリアルの数が増えているため、これらのワークフローは習得しやすく、アーティストにとってより身近なものとなっています。

他にも多くの新機能や改善があります。すべてのアップデート内容の確認はこちらから(英語)

日本語版公式ドキュメントはまだが出ていません、公開されたらこちらに表示されると思われます。

価格とシステム要件

Houdini 19.5 は、次のシステムで利用できます。

  • Windows 8, 8.1, 10, 11 (64 ビット)
  • 64 ビットインテル CPU 搭載 Mac または Apple Silicon Mac で OSX 10.15 以降(注: M1 Mac のネイティブモードには未対応ですが、テクニカルプレビューリリースが入手可能です。)
  • Linux: Ubuntu 18.04+ LTS (64ビット)、Debian 10.0+ (64ビット)、RHEL 7+ (64ビット)、Fedora 28+  (64ビット)、Open SUSE 15+ (64ビット)、CentOS 7+ (64ビット)、Mint 19.3+ (64ビット)、Pop! 20.04 LTS

より詳しいシステム要件の確認はこちらから

円安の影響により、2022年5月1日から日本円価格が値上げされています。

詳しい価格の確認はこちらから

無料体験版で学生やプロシージャル手法を習得したいアーティストは、インストール時に無料のライセンスHoudini Apprentice を入手可能です。

それぞれのライセンスの種類と機能の比較はこちらから

最新のHoudini のダウンロードはこちらから


SideFXウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました