Premiere Pro 22.5 がリリース、新しいワークスペース、プロキシワークフローの強化など

CGソフト

2022年6月21日 – Adobeは、Premiere Pro 22.5 や After Effects 22.5 など映像制作アプリの2022年6月のアップデートをリリースしました。ここでは、Premiere Pro 22.5 と After Effects 22.5の新機能を紹介したいと思います。

Premiere Pro 22.5

Premiere Pro の 2022年6月(22.5)リリースでは、新しい「初期設定」ワークスペースと「縦型ビデオ」ワークスペースが導入され、プロキシワークフローの機能が強化されました。

また、タイトルやグラフィックのストロークやシャドウにグラデーションを追加することができるようになり、RED V-RAPTOR カメラがサポートされるなど、さまざまな点でパフォーマンスが改善しています。

新しいワークスペース

新しい「初期設定」ワークスペース

「初期設定」ワークスぺースでは、Premiere Pro の主要な機能のすべてを、ワークスペースを切り替えずに簡単に利用できるようになっており、ラップトップや単一の画面で Premiere Pro を使用する環境向けに最適化されています。左から右に進む論理的なワークフローに沿ったパネルと、画面の下部全体には大きなタイムラインが表示されます。

新しい「縦型ビデオ」ワークスペース

新しい「縦型ビデオ」ワークスペースは、右側に、縦型の 9:16 ビデオを確認できるように設定されたプログラムモニターが表示され、縦型のコンテンツに最適化されています。

プロキシワークフローの機能強化

プロジェクトパネルとタイムラインに追加された新しいプロキシバッジにより、編集中にプロキシとソースメディアを簡単に見分けることができるようになりました。プロキシで作業中であることを確実にしたい場合は、プロキシの透かしを書き込むオプションもあります。

さらに、プロキシファイルがデフォルトで ProRes 形式に設定されるようになりました。この形式はプロキシで作業する際に使用するのに適しています。

ストロークとシャドウのグラデーション

ストロークやシャドウにグラデーションを追加できるようになり、文字やグラフィックに視覚的なインパクトを加えることができるようになりました。

グラデーションを使用して、光沢などのカラフルなエフェクトが作成でき、グラデーションは不透明度やカラー、またはその両方の組み合わせで、線形や円形にできます。

Apple M1 システムでの H264 または HEVC エンコードの機能強化

Premiere Pro では、Apple M1 システムで H264 または HEVC にエンコードされたファイルのエンコード品質が向上しました。

特に、Apple M1 システムで H264 または HEVC にエンコードされたファイルのビットレートは、Mac Intel システムでエンコードされたファイルのビットレートと同等になりました。

GPU 高速処理エフェクトの追加

ズーム複製球面波形ワープなどのエフェクトが、GPU 高速処理に新たに対応しました。

GPU 処理によって、これらのエフェクトのパフォーマンスが向上し、編集中のスムーズな再生、高速なレンダリングや書き出しを実現します。

その他

■統合された AAF ARM SDK

Premiere Pro に、統合された AAF ARM SDK が含まれるようになりました。

■RED V-RAPTOR カメラのサポート

Premiere Pro で、RED V-RAPTOR カメラがサポートされるようになりました。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

After Effects 22.5

After Effects の2022年6月のリリース(バージョン 22.5)では、テキストアニメーションのアップデートが行われています。

■テキストアニメーションのアップデート

  • After Effects では、右から左に表記される言語のテキストを適切にアニメーション化できるようになりました。 テキストが逆方向にアニメーション化されなくなったことにより回避策が必要なくなったので、時間を節約し、すばやく簡単に使用できます。また、既存のアニメーションプリセットは、右から左に表記されるテキストに適用された場合にも正しく動作します。
  • 英数字と右から左に表記される言語をシームレスに組み合わせることができます。After Effects は、これらの文字を識別し、自動的に正しい文字順でアニメーションを実行します。そのため、個別にアニメーション化する必要はありません。
  • 文字オフセット効果により、韓国語とヘブライ語の両言語において適切な Unicode 範囲が判別されるようになったので、これらの言語に固有の文字のみが表示されるようになりました。詳しくは、テキストサポートの拡充 – 統合テキストエンジンを参照してください。

この他にも、バグの修正が行われています。

修正内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Premiere Pro

Premiere Pro 22.5は、Windows 10(64 ビット)1909 以降、macOS v10.15(Catalina)以降で利用できます。より詳しいシステム要件はこちらから

Premiere Proの単体プランは

  • 年間プラン, (月々払い) — 2,728 円/月(税込)
  • 年間プラン, (一括払い) — 28,776 円/年(税込)
  • 月々プラン — 3,828 円/月(税込)

となります。

After Effects

After Effects 22.5は、Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降、macOS のバージョン10.15、または macOS Big Sur(11.*)、macOS Monterey(12.*)で利用できます。Apple シリコンコンピュータを使用の際は以下リンクもご参考に。

より詳しいシステム要件はこちらから

After Effectsの単体プランは

  • 年間プラン, (月々払い) — 2,728 円/月(税込)
  • 年間プラン, (一括払い) — 28,776 円/年(税込)
  • 月々プラン — 3,828 円/月(税込)

となります。

また、Premiere Pro、After Effectsともに6,248 /月 (税込)Creative Cloudコンプリートプランの一部としても利用できます。

詳しい価格はこちらから


After Effects ウェブサイトへ

Premiere Pro ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました