オープンなメタバースの構築を推進するための Metaverse Standards Forum が設立

ニュース

2022年6月21日(現地時間)- オープンなメタバースを構築するために必要な相互運用性標準について業界全体で協力するためのメタバース標準化フォーラム(Metaverse Standards Forum)の設立が発表されました。

Metaverse Standards Forum とは

メタバースは、インタラクティブな3Dグラフィックス、拡張現実、バーチャルリアリティ、フォトリアリスティックコンテンツオーサリング、地理空間システム、エンドユーザーコンテンツツーリング、デジタルツイン、リアルタイムコラボレーション、物理シミュレーション、オンライン経済、マルチユーザーゲームなど、コラボレーション空間コンピューティングのための多様なテクノロジーを新しいレベルで統合・展開する動機付けとなるもので、スケールや没入感も新たなレベルに突入しています。

Metaverse Standards Forumは、主要な標準化団体と企業が連携し、メタバースのためのオープンスタンダードの開発を促進するものです。相互運用性の欠如がメタバース展開の足かせとなっている部分と、必要な標準を定義し進化させる標準開発組織(SDOs)の作業をどのように調整し加速させることができるかを模索します。

オープンなメタバースの構築

複数の業界リーダーが、メタバースの可能性は、オープンスタンダードの基盤の上に構築された場合に最もよく実現されると述べています。

Metaverse Standards Forumは、いかなる組織にも無償で開かれ、標準化団体と企業間の協力の場を提供、オープンで包括的なメタバースのための相互運用性標準の開発を促進し、実装プロトタイピング、ハッカソン、プラグフェスト、オープンソースツーリングなど、実用的でアクションベースのプロジェクトを通じてその開発と展開を加速させます。

標準のコンステレーション(constellation)

グローバルに普及するオープンで包括的なメタバースを構築するには、The Khronos Group、World Wide Web Consortium、Open Geospatial Consortium、Open AR Cloud、Spatial Web Foundationその他多数の国際標準化団体間の協力と調整が必要です。

フォーラムは、標準そのものを作成するのではなく、関連領域で活動する標準化団体内で標準の作成と進化を促進するための要件とリソースを調整します。

Metaverse Standards Forumは、メタバース標準の要件と優先順位を定義し調整するために、多様なSDOと企業間の合意に基づく協力を促進し、その利用を加速させ、業界全体の努力の重複を削減することを目的としています。

設立メンバー

代表的なプロジェクト

3Dアセットの相互運用性

このフォーラムが主催するプロジェクトの一例として、複数のエンジンにおけるオーサリングからランタイムレンダリングまでの3Dアセットワークフローを検証するものがあります。

  • アセットの動作や属性がユースケースを満たしていることを確認。
  • パブリッシングと送信のパイプラインをテスト。
  • 複数のランタイムアプリケーションで相互運用可能なビヘイビアとアトリビュートを確認。

参加と活動につて

このフォーラムは、Khronos Groupが主催し、企業、標準化団体、大学のいずれにも、クリックするだけの簡単な参加同意書を通じて無料で開放されています。フォーラムの監督を行いたい企業や、フォーラムのプロジェクトに資金を提供したい企業は、主要メンバー(Principal Organization)になることを選択できます。

また、フォーラムの活動は、会員のニーズと関心によって方向づけられ、3Dアセットやレンダリング、ARやVRなどのヒューマンインターフェースやインタラクションパラダイム、ユーザー作成コンテンツ、アバター、ID管理、プライバシー、金融取引、IoTとデジタルツイン、地理空間システムなど多様な技術領域が含まれる可能性があります。

Khronos の社長である Neil Trevett氏は次のように述べています。

「メタバースは多様な技術を結集し、多くの標準化団体が作成・維持する相互運用性標準の仕組みを必要とします。Metaverse Standards Forum は、オープンで包括的なメタバースに不可欠な実用的かつタイムリーな標準化を促進することを使命とし、標準化団体と産業界が連携するユニークな場です。」

フォーラムの開催は、2022年7月からの予定です。

参加に関する詳細は、こちらから確認できます。

フォーラム設立メンバーからの声

すべてではありませんが、設立メンバーの声明をいくつか抜粋して紹介したと思います。

Academy Software Foundation

「アカデミーソフトウェア財団は、映画業界のエンジニアによって開発されたオープンソースソフトウェアがメタバースのためのビルディングブロックに貢献できるため、メタバース標準フォーラムに設立メンバーとして参加することを喜んでいます。 奇妙な新しい世界を構築し、誰も行ったことのないところに大胆に行くことになれば、私たちも仲間に入れてください。」

ー David Morin, executive director of Academy Software Foundation (ASWF)

Adobe

「アドビはメタバース標準化フォーラムに参加することに興奮しています。PDFやDNGで行ったように、デジタル体験のための基礎的な標準を定義することで業界に貢献することは、当社の歴史そのものです。標準の確立は、メタバースにおけるコラボレーションを促進し、この新しいエコシステムを真に繁栄させるために不可欠です。」

ー Stefano Corazza, vice president and fellow of AR at Adobe.

Autodesk

「我々は、メタバース体験の可能性を最大限に引き出すオープンスタンダードとコラボレーションを促進するメタバース標準フォーラムの創設メンバーになることに興奮しています。設計と製造の未来は、設計者、施工者、製造者、コンテンツ制作者が、より多くの情報に基づいた意思決定を迅速に行うことができる産業メタバースです。」

ー Eric Bourque, vice president of Engineering, Media & Entertainment, Autodesk

Cesium

「インターネットは、すべての参加者の利益のために、オープンスタンダードと相互運用性の上に構築されています。3D中心のコンピューティングの時代に突入した今、同じようにメタバースを構築していかなければなりません。メタバースのためのオープンスタンダード、特に3Dアセットのためのコミュニティ間の実用的なコラボレーションを促進するために、Metaverse Standards Forumを主催するクロノスより良いホームはないと思います。Cesiumは、今後数十年にわたってメタバースの基礎を築くために、設立代表者として参加できることを嬉しく思っています。」

ー Patrick Cozzi, CEO at Cesium

Epic Game

「相互運用性標準の開発と採用を促進するために設立された、業界主導の共同作業であるMetaverse Standards Forumの立ち上げに協力できることを嬉しく思っています。我々の目標は、人類を豊かにし、何百万人ものクリエイターがいる活発で公正なエコシステムの本拠地となる、オープンなメタバースを構築することです。」

ー Marc Petit, vice president of Unreal Engine ecosystem at Epic Games

Maxon

「Maxonは、Metaverse Standards Forumの初期メンバーになることを嬉しく思っています。私たちは、相互運用性標準の実装と採用を促進するために、アーティスト主導の協力的で包括的な基盤を育成することを強く信じています。標準化は、この刺激的な新しいエコシステムの創造性、成長、革新、そして無限の可能性のための触媒であると考えています」

ー David McGavran, CEO of Maxon

Meta

「べての人のためのメタバースを構築するには、共通の標準に業界全体で焦点を当てることが必要です。Metaverse Standards Forumは、これを可能にするために必要なコラボレーションを推進することができ、Metaはこの作業にコミットしています。クリエイター、開発者、企業のすべてが、共通のプロトコルによって実現される技術や体験から恩恵を受けることになるでしょう。」

ー Vishal Shah, vice president of Metaverse at Meta

NVIDIA

「NVIDIAは、メタバースを、今日のウェブの2Dビューから没入型3D空間オーバーレイへのインターネットの進化として理解しています。メタバースが成功し、ユビキタスになるためには、今日の2Dウェブと同様に、オープンスタンダードの上に構築されなければなりません。当社がMetaverse Standards Forumに参加することにより、コミュニティは、メタバースの基礎を形成する、協力的でオープンな3D標準の新時代の到来を告げることができます。」

ー Rev Lebaredian, vice president, Omniverse & Simulation Technology at NVIDIA

OTOY

「空間コンピューティングとホログラフィック複合現実の新時代を迎えるにあたり、OTOYはMetaverse Standards Forumに貢献できることを嬉しく思っています。先進的なSDOと協力して開発されたオープンスタンダードは、私たちのコミュニケーション方法を再構築し、創造経済を変革し、高度な3D可視化を基盤とした新しい産業に力を与える可能性を持つオープンメタバースを構築するためのフレームワークを提供することになります。私たちは、メタバース標準化フォーラムで業界のリーダーたちと協力し、3Dグラフィックスとブロックチェーンクラウドコンピューティングの最前線での経験を貢献できることを楽しみにしています。」

ー Jules Urbach, CEO and founder of OTOY Inc

Unity

「Unityは、映画、ゲーム、広告、デジタルツイン体験に必要なリッチコンテンツの作成と共有において、お客様が現在直面している課題の解決を支援することに尽力しています。我々は、Metaverse Standards Forumと協力して、業界におけるツールやワークフロー間のリッチな相互運用性のための未来としてUSDを拡張することを楽しみにしています。」

ー Allan Poore, SVP of professional artistry at Unity


Metaverse Standards Forum ウェブサイトへ

Leading Standards Organizations and Companies Unite to Drive Open Metaverse Interoperability

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました