Maya 2023.1 アップデートがリリース、ブール演算、頂点カラー、USD統合の強化など

CGソフト

2022年6月15日(現地時間)- Autodeskは、、3Dアニメーションソフトウェア の最新アップデートMaya 2023.1 をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、ブール演算、頂点カラーの強化がされました。また、チーム間でよりシームレスなエクスペリエンスを提供するために、引き続きUSD統合の強化が行われています。

ブール演算のアップデート

新しいブール演算ワークフローの更新により、使いやすさとパフォーマンスが向上しました。

スタックインタフェースでは、選択したメッシュを入力オブジェクトとして直接すばやく追加できます。入力オブジェクトを追加すると、スタックインタフェースとビューポートの両方で選択できるようになります。これにより、ブール演算スタックの操作性が大幅に向上し、入力オブジェクトの追加と編集をより自由に行うことができます。

スタックのオブジェクトを右クリックすると、すばやくオブジェクトを複製できるようになりました。また、インタラクティブな更新(Interactive Update)というオプションを無効にすることで、入力編集時のパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

さらに追加設定により、スタックに追加される新しい入力オブジェクトのデフォルトの動作を設定することができます。(以前は、新しい入力オブジェクトは、ワイヤフレーム表示モードで論理和(Union)演算として既存のブール演算ノードに追加されていました)。これらの変更により、複雑なモデルを扱う際のパフォーマン スの向上と操作性が改善されています。

これらの新機能に加え、Maya にはブーリアン関連のバグフィックスが多数含まれています。

新しい HumanIK キャラクターテンプレート

既存の 2 つのリグ テンプレート(CharacterControlsConfig.xml と CustomRigControlsConfig.xml)に加えて、新しい HumanIK キャラクタ テンプレート FullRigControlsConfig.xml が追加されました。この新しいテンプレートにより、脊椎、首、手と足のジョイント、追加の肩ジョイント、追加の指と足のボーンをすべて含む包括的なリストが提供されます。

新しい FullRigControlsConfig.xml テンプレートをロードするには 編集 > カスタム リグ > UI 設定のロード(Edit > Custom Rig > Load UI Configuration)を選択します。

頂点カラー

頂点カラー ペイント ツール(Paint Vertex Color Tool)が更新され、次の操作を実行できるようになりました。

  • ペイントを個々の RGB チャネルに制限して、他のチャネルが誤ってペイントされるのを防止することができます。
  • 新しい RGB カラー セットをグレースケールとして表示(Display RGB color set as greyscale)オプションを使用して、特定のカラー チャネルをグレースケールとして表示できます。

USDとの統合の改善

USD for Maya v0.18.0 が、Maya 2023.1 のインストール環境で使用できます。このバージョンのプラグインには、重要なバグ修正、パフォーマンスの改善、安定性の更新が行われています。

このバージョンに関するすべてのアップデート内容ついてはこちらから

Maya USD の最新バージョンの入手はこちらから可能です。

Bifrost 2.5.0.0

最新のBifrost 2.5には、OperatorSDKの最初のパブリックバージョンの追加、パフォーマンスの向上、およびバグ修正がされています。

Operator SDK

Bifrost SDKの最初のリリースでは、BifrostをC++で開発することが可能となりました。独自のC++コードを持つスタジオは、Bifrostグラフでそれらのツールを使用し、拡張することができます。

またこのアップデートには、オペレータ、オーバーロード、構造体、列挙型、およびクラスの作成方法を示す SDKサンプルプロジェクトが含まれています。また、独自のプロジェクトを構築したり、Bifrost JSON ファイルを自動生成するためのツールも提供されています。

エアロカラー

空中で混ざり合う色鮮やかな粉末のプルームから、汚れ、すす煙、蒸気が混ざり合う爆発まで、Bifrostは、空中で混ざり合う色付きのガスをシミュレートして、Arnoldでアーティファクトなしにレンダリングできるようになりました。

色は、ペイントされたカラーセット、パーティクルカラー、または空間の色を定義するフィールドなどの生データから取得することができます。

MPM診断の改善

MPMに新しい診断と診断コントロールが追加され、シミュレーションで何が起こっているかをよりよく理解できるようになりました。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

Bifrost 2.5 は Maya 2023.1 には含まれいないので、別途ダウンロードが必要です。

ダウンロードはこちらから

その他のアップデート

Arnoldのアップデート

Maya 2023.1 には Arnold 7.1.1.1 用の MtoA 5.1.2 が付属しており、安定性の向上、USD/Hydra レンダー デリゲートの機能強化と統合、パフォーマンスの最適化、バグ修正などが行われてい

新しいFBX読み込みオプション

新しい FBX 読み込みオプションであるスムージング グループ(Smoothing Groups)が追加されました。これにより、書き出されたFBX ポリゴンオブジェクトにスムーズエッジ法線が設定されている場合、正しくない法線情報とともに再読み込みされる問題が解決されました。

シェーディングを保持するには、スムージング グループ(Smoothing Groups)の FBX 書き出しオプションを有効にし、読み込み時に新しいスムージング グループ(Smoothing Groups)読み込みオプションを有効にします。

Substance プラグインの更新

Maya 2023.1 には Substance バージョン 2.2.3 が含まれており、新しいスクリプト コマンド substanceNodeGetGraphMetadata の追加や、さまざまなバグ修正の実装が行われています。詳細については、http://www.autodesk.com/maya-substance-docs を参照してください。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Maya2023は、Windows 11, 10、Linux RHEL / CentOS 8.2 , 7.6-7.9 /Rocky Linux 8.5とmacOS 12.x, 11.x, 10.15.x, 10.14.xで利用することができます。より詳しいシステム要件はこちらから

価格はサブスクリプション形式で、36,300/月、286,000円/年、815,100円/3年です。

また、条件にあてはまる方はIndieライセンスを購入することが可能です。価格は42,900円/年です。より詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

Maya & 3ds Max Indie の詳細が明らかに!日本価格は40,700円/年!
8月7日になり、Maya と 3ds Max の Indie 版が購入可能になっています、あわせて対象者や日本での価格なども明らかになりました。 機能につ...

Mayaウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました