Apple、iOS 16、iPadOS 16、macOS Venturaを発表

CGソフト

2022年6月6日(現地時間)- Appleは、iPhoneとiPad用のオペレーティングシステムのメジャーアップデート iOS 16と iPadOS 16、デスクトップオペレーティングシステムの最新バージョンmacOS Ventura をプレビューしました。

ここでは、macOS VenturaとiPadOS 16の新機能を紹介したいと思います。iOS 16の新機能は割愛しますが、ロック画面にアップデートがあるようです。また、Safari、メール、メッセージ、iCloud共有写真ライブラリのアプリのアップデートは共通です。

macOS Ventura

ステージマネージャ

ステージマネージャは、複数のアプリケーションとウインドウで作業するための新しい方法です。開いているアプリケーションとウインドウを自動的に整理して、ユーザーが作業に集中しながらも、一目ですべてのものを確認できるようにします。

ユーザーが作業している現在のウインドウは中央に目立つように表示され、ほかの開いているウインドウは左側に表示されるので、タスクをすばやく簡単に切り替えられます。複数のアプリケーションを必要とする特定のタスクやプロジェクトで作業する際には、ウインドウをグループ化することも可能です。さらに、ステージマネージャは、Mission ControlやSpacesなど、macOSのその他のウインドウ管理ツールと連係して機能し、1回クリックするだけで簡単に自分のデスクトップに移動できます。

連携機能

■連携カメラ

Macユーザーは、iPhoneをウェブカメラとして使えるようになります。近くにiPhoneがある場合、iPhoneのスリープ解除や選択をしなくても、MacはiPhoneのカメラを自動的に認識してワイヤレスで使うことができます。

連係カメラは、センターフレーム、ポートレートモード、背景を暗くしてユーザーの顔を美しく照らすエフェクトである新しいスタジオ照明など、革新的な機能をすべてのMacコンピュータにもたらします。さらに、連係カメラはiPhoneの超広角カメラを利用して、ユーザーの顔とデスクを上から見たところを同時に表示するデスクビューを実現します。

■Handoff

また、HandoffをFaceTimeでも使えるようになり、ユーザーは1台のAppleデバイスで開始したFaceTime通話を、近くにある別のAppleデバイスにシームレスに転送できるようになります。

ユーザーは、iPhoneやiPadでFaceTime通話をしてから、1回クリックするだけでMacにその通話を移動したり、Macで通話を開始し、外出しながら通話を続ける必要がある場合にiPhoneやiPadに切り替えたりできます。

主要なmacOSのアプリケーションと機能のアップデート

■Safari

macOS Venturaでは、Safariにユーザーが一緒にブラウズするための新しい方法が導入されます。共有タブグループを使うと、友達、家族、同僚がSafariで自分のお気に入りサイトを共有でき、ほかの人が今見ているタブを確認できます。

ユーザーは、共有スタートページでブックマークのリストを作成したり、Safariからメッセージでの会話やFaceTime通話を開始することもできるので、一緒に旅行の計画を立てたり研究プロジェクトに取り組んだりするのに最適です。

■メール

検索機能の見直しにより、最先端のテクノロジーを使って、より関連性が高く、正確な検索結果を掲示するようになります。ユーザーはクリックして検索に入るだけで、入力を始める前でも、最近のメール、連絡先、書類、写真など、探しているものをすばやく見つけられます。

メールの送信を予約したり、送信を押した後すぐにメールの送信を取り消すことができるようになります。また、メッセージに添付ファイルやCCの受信者などの項目が不足していると、検出してくれます。さらに、特定の日時にメッセージを再確認するようリマインダーを設定し、メールに返信がない場合は、そのメールのフォローアップを行うよう自動的な提案を受け取ることができます。

■メッセージ

Macのメッセージに、最近送信したメッセージの編集や取り消しをしたり、メッセージを未開封にしたり、誤って削除したメッセージを復元したりできる機能が加わります。

新しい共同作業機能により、ほかの人との作業がすばやくシームレスになります。ユーザーが共有シートやドラッグ&ドロップを使ってメッセージでファイルを共有する際に、コピーを共有するか共同作業を行うかを選択できるようになり、共同作業を選択すると、メッセージのスレッドに含まれている全員が自動的に追加されます。誰かが共有された書類で編集を行うと、スレッドの一番上にアクティビティの更新情報が表示されます。

ユーザーはMacのメッセージからすぐにSharePlayセッションに加わることもできるので、チャットをしたり同期された体験に参加したりできます。

■Spotlight

Spotlightには、ナビゲーションがより簡単になる新しいデザイン、Appleデバイス全体でより一貫した体験を提供する新機能、ファイルをすばやくプレビューできるクイックルックが搭載されます。

これにより、ユーザーは、写真ライブラリ、システム全体、ウェブ上で画像を見つけることが可能となります。場所、人々、風景、被写体で写真を検索することもでき、「テキスト認識表示」により、画像の中のテキストを検索できます。

生産性をさらに高めるため、ユーザーは、タイマーを開始する、新しい書類を作成する、ショートカットを実行するといった操作をSpotlightから行うことができます。また、Spotlightの検索結果に、アーティスト、映画、俳優、テレビ番組、ビジネスやスポーツに関する豊富な情報が含まれます。

■iCloud共有写真ライブラリ

iCloud共有写真ライブラリでは、ユーザーは最大6人の家族メンバーと一緒に別の写真ライブラリを作成して共有できるようになります。自分のライブラリから既存のすべての写真を共有することや、開始日または写真に写っている人をもとに共有するが可能です。

共有ライブラリを最新の状態に維持するため、ライブラリの参加者またはユーザーが選んだその他の人を含んだ関連する写真のモーメントを共有するようスマートな提案を受け取ることができます。また、共有写真ライブラリのすべてのユーザーは、共有する写真やビデオを追加、削除、編集したり、お気に入りに追加できます。これらは各ユーザーのメモリーとおすすめの写真に表示されるので、全員がより完全な形で思い出を追体験できます。

Safariでのブラウズがより安全に

より安全で、使いやすく、パスワードに代わるものとして設計された次世代の認証情報であるパスキーにより、Safariでのブラウズがさらに安全になります。パスキーはデバイス上に保持される固有のデジタルキーであり、ウェブサーバ上には決して保存されないため、ハッカーが漏えいさせたりユーザーを騙して共有させたりすることはできません。

パスキーは生体認証にTouch IDまたはFace IDを使用し、安全なサインインをシンプルにします。そしてiCloudキーチェーンを使ってエンドツーエンドの暗号化を行いながらMac、iPhone、iPadそしてApple TVの間で同期します。

また、パスキーはアプリケーションとウェブ全体で機能し、ユーザーは他社製デバイスでも、iPhoneを使ってウェブサイトやアプリケーションにサインインできます。

没入感あるゲーム体験

Appleシリコンにより、すべての新しいMacでAAAのゲームを実行できます。公開予定のタイトルとして、EAの「GRID Legends」やカプコンの「バイオハザード ヴィレッジ」があります。AppleシリコンはiPadにも搭載されているので、ゲームデベロッパはAAAのゲームをより多くのユーザーに届けることができます。その1つとして、今年後半にHello Gamesの「No Man’s Sky」がMacとiPadの両方に登場予定です。

Metal 3は、Appleプラットフォーム全体でゲーム体験を実現するソフトウェアの最新バージョンであり、Macでのゲーム体験を高める新機能が搭載されています。

MetalFX Upscalingにより、デベロッパはより演算負荷の低いフレームを使用して複雑なシーンをすばやく描画してから、解像度スケーリングと時間的アンチエイリアシングを適用できます。これによってパフォーマンスが加速し、ゲームプレイヤーはより良い反応と美しいグラフィックスを体験できます。

ストレージからGPUへのダイレクトパスをより多く提供することで待機時間を最小限にする、新しいFast Resource Loading APIでは、リアルで没入感のあるゲームプレイのための広大なワールドの作成に必要な、高品質のテクスチャやジオメトリに簡単にアクセスできます。

Metal3のより詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

Apple、Metal 3などデベロッパ向けの新しいツール、テクノロジー、APIを発表
2022年6月6日(現地時間)- Appleは、デベロッパがユーザーのためにより豊かな体験を作り出せるように設計された、新しいツール、テクノロジー、APIを発表...

その他の機能

この他にも以下のようなアップデートがあります。

  • 「テキスト認識表示」は、デバイス上の知能を使ってシステム全体で画像中のテキストを認識します。その対象にビデオが加わり、一時停止中のビデオフレーム内でテキストを完全に操作できるようになります。テキストは日本語韓国語にも対応します。「画像を調べる」機能では、ユーザーは画像から対象物を抜き出して別のアプリケーションに配置することもできます。また、認識機能が拡張され、鳥、昆虫、彫像などが追加されます。
  • iPhoneの天気アプリケーションと時計アプリケーションが、ユーザーがよく知る人気のiPhoneの機能すべてを搭載してMac向けに最適化されました。
  • 新しいアクセシビリティツールとして、すべての音声コンテンツのためのライブキャプション、VoiceOverユーザーが校正を行うのをサポートするテキストチェッカーなどが含まれます7
  • システム設定はシステム環境設定の新しい名前で、より操作しやすい新しいすっきりとしたデザインになり、iPhoneやiPadのユーザーはすぐに使いこなせます。
  • 再起動しなくても簡単にセキュリティを最新の状態に維持する「スピーディーなセキュリティ対応」など、Macの攻撃への耐性をさらに高める新しいツールが搭載され、macOSのセキュリティがさらに強化されました。

iPadOS 16

新しい共同作業アプリケーションでのリアルタイム共同作業スペース

柔軟なキャンバスを備えたパワフルな新しい共同作業アプリケーションを使うと、レイアウトやページサイズを気にすることなく、ユーザーは表示、共有、共同作業のすべてを一か所で行うことができます。

また、Apple Pencilに完全対応しています。ユーザーは、リアルタイムの共同作業スペースを楽しみながら、ほかの人が行ったコンテンツの追加や編集などを見ることができます。年内にiPadOS 16に加わる予定の新しい共同作業アプリケーションでは、共同作業者は、FaceTimeからセッションを始めたり、ほかの人が行ったアップデートをメッセージのスレッドで確認できるようになります。

プロ向け機能により負荷の高いワークフローが進化

iPadOS 16は、クリエイティブなプロフェッショナルにとってiPad Proを不可欠なツールにする新しいパワフルな機能を提供します。

リファレンスモードでは、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proで、レビューや承認、カラーグレーディング、合成といった正確な色味と一貫した画質がきわめて重要なワークフローで色の条件に合わせることができます。

Appleが設計したM1チップのパフォーマンスによって実現する拡大表示では、ディスプレイのピクセル密度を増やすことができ、ユーザーはアプリケーション内により多くのものを表示できます。これは特にSplit Viewを使う時に役立ちます。

仮想メモリスワップを使用すると、iPadのストレージを使用して、すべてのアプリケーションで利用可能なメモリを拡張できるため、最も負荷の高いアプリケーションに最大16ギガバイトのメモリを提供でき、マルチタスキングを完全にシームレスなものにできます。

ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポート

macOS Venturaにも搭載されるステージマネージャは、アプリケーションとウインドウを自動的に整理し、タスク間の切り替えをすばやく簡単にできるようにします。

iPadでは初めて、ユーザーは重なり合う異なるサイズのウインドウを単一のビューで作成したり、横からウインドウをドラッグ&ドロップしたり、Dockからアプリケーションを開いてアプリケーションのグループを作成できるようになり、さらに高速で柔軟なマルチタスキングが可能になります。

ユーザーが作業中のアプリケーションのウインドウは中央に目立つように表示され、開いているほかのアプリケーションやウインドウは最新の順に左側に配置されます。

M1チップを搭載したiPad ProとiPad Airで利用可能なステージマネージャは、最大6Kの解像度を備えた外部ディスプレイのフルサポートも実現するため、ユーザーは理想のワークスペースを構成し、iPad上に最大4つのアプリケーション、外部ディスプレイに4つのアプリケーションを表示しながら作業できます。

その他の機能

他にも以下のような機能があります。また、Safari、メール、メッセージ、iCloud共有写真ライブラリのアプリのアップデートは、macOS Venturaと共通となります。詳細はmacOS Venturaをご覧ください。

  • Safari、メール、メッセージ、iCloud共有写真ライブラリのアプリのアップデート(共通)
  • 天気アプリケーションがiPadに登場(共通)
  • 「テキスト認識表示」と「画像を調べる」にアップデート(共通)
  • 音声入力は、ユーザーが音声、タッチ、Apple Pencilを使用したスクリブルの間を簡単に切り替えられる、新しいデバイス上の体験を提供します。ユーザーは、キーボードでの入力、スクリブルでの入力、テキストフィールドのタップ、カーソルの移動、QuickTypeの候補の挿入のすべてを、音声入力を止めることなく実行できます。音声入力には、句読点の自動追加と絵文字の音声入力の機能もあります。
  • Siriには、設定不要でアプリケーションから自動的にショートカットを実行する機能が加わります。また、メッセージの送信時にSiriを使って絵文字を挿入したり、設定内の機能を有効にすることでメッセージ送信時の確認手順をスキップすることができます。Siriは、インターネット接続がないオフラインの状態で、より多くの種類のリクエストを処理できるようになりました。また、ユーザーは「Hey Siri、電話を切って」と言うだけで、完全にハンズフリーで電話を切ることができます。
  • ホームアプリケーションには、スマートホームアクセサリの操作、整理、表示、コントロールがさらに簡単で一目でわかるようになる、まったく新しいデザインが採用されます。また、互換性のあるアクセサリを様々なプラットフォーム間でシームレスに連係できるようにするスマートホームの接続規格「Matter」に対応することで、最高レベルのセキュリティを保ちながら、より多くの選択肢と互換性を提供します。
  • デスクトップクラスのアプリケーションでは、システム全体で一貫した取り消しとやり直しの体験、再設計された検索と置換の体験、カスタマイズ可能なツールバー、ファイルアプリケーションでのファイルの拡張子の変更やフォルダのサイズの確認など、システムの要素や操作からMacで利用可能な新機能まで、iPadのディスプレイに最適化された新しい機能が実現します。
  • Apple Newsには「My Sports」が加わり、ユーザーは1つのアプリケーションの中で、好きなチーム、リーグ、選手をフォローしたり、地域や国内外の何百もの最高のスポーツメディアから厳選されパーソナライズされたストーリーを見たりすることができます。
  • メモを使うと、ユーザーは手書き文字を自動で整える機能によって、より綺麗な手書きメモを作成したり、自分のiCloudパスワードを使って個人用メモをロックしたり、クイックメモにスクリーンショットを追加したり、パワフルなスマートフォルダとフィルタ機能によって、これまで以上に整理することができます。
  • FaceTimeのHandoffにより、ユーザーは1台のAppleデバイスでFaceTime通話を開始した後、近くにある別のAppleデバイスにシームレスに引き継ぐことができます。別のデバイスに切り替える時は、接続されたBluetoothヘッドセットも同時に切り替えられるため、会話を少しも聞き逃すことはありません。
  • 新しいアクセシビリティツールには、FaceTimeのライブキャプション、周囲をより多彩に表現する新しい拡大鏡モード、iPad上の入力フィールド、メニュー項目、ボタンのラベル、その他のテキストをさらに読みやすくする「ポイントしたテキストの拡大機能」、VoiceOverと「読み上げコンテンツ」の20以上のサポート対象言語の追加などが含まれます。
  • 年内に、Game Centerにデザインが刷新されたダッシュボードが導入され、プレイヤーは友達がどのゲームをプレイしているかや、様々なゲームでの友達の達成状況やハイスコアを一か所で見れるようになります。また、SharePlayとの統合により、マルチプレイヤーゲームを友達とFaceTime通話で自動的に開始できるようになります。

提供について

macOS Ventura

macOS Venturaはこの秋、無料のソフトウェアアップデートとして提供される予定です。

macOS Venturaのデベロッパ向けベータ版は、developer.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されています。また、Macユーザーに対しては来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。

互換性のあるMacのモデルを含む詳しい情報は、apple.com/jp/macos/macos-ventura-previeをご覧ください。

iPadOS 16

新しいソフトウェア機能はこの秋、iPad(第5世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、すべてのiPad Proモデル向けに、無料のソフトウェアアップデートとして提供される予定です。

iPadOS 16のデベロッパ向けプレビューは、developer.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されています。iPadOSユーザーに対しては来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。

詳細については、apple.com/jp/ipados/ipados-previewをご覧ください。

iOS 16

新しいソフトウェア機能は、無料のソフトウェアアップデートとして、この秋、iPhone 8以降を対象に利用可能になる予定です。

iOS 16のデベロッパ向けプレビューは、developer.apple.comを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されています。iOSユーザーに対しては来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。

詳細については、apple.com/jp/ios/ios-16-previewをご覧ください。


iPadOS 16のパワフルな新しい生産性と共同作業の機能により、iPadがこれまで以上に万能に

macOS Venturaは、Macの体験をこれまで以上に向上させる、パワフルな生産性を高めるツールや新しい連係機能を追加

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました