Chaos Phoenix 5 がリリース、アクティブボディの新しいコントロール、ボクセルシェーダ、リアルな泡のパターンなど

プラグイン

2022年5月26日(現地時間) – Chaosは、流体力学(fluid dynamics)ソフトウェアの最新アップデート Chaos Phoenix 5 をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、アクティブボディシミュレーションのフルコントロール、新しいプリセット、合理化されたワークフローなど、さまざまな機能が追加されています。

■アクティブボディのコントロール

アクティブボディシミュレーションをこれまで以上にコントロールできる以下のようなツールが追加されました。

  • スラスターフォース(Thruster Force)でアクティブボディのプロシージャルアニメーションを作成できます。
  • 軸ロックにより、アクティブボディの移動や回転を、選択した水平軸や垂直軸に沿って制限できます。
  • 流体を放出、吸着、保持するかどうかを選択できるようになるなど、アクティブボディがシーンとどのように相互作用するかをさらにコントロールすることが可能となりました。

■新しいプリセットと強化されたプリセット

嵐の海、ジェットエンジン、アイスキューブ、スピードボートなど、すぐに使える新しいプリセットが追加されました。

さらに、火、ビール、海のプリセットも強化され、より美しい仕上がりになっています。

■リアルな泡のパターン

よりリアルな泡を、より速く作成できます。パターンのサイズや見た目に簡単にバリエーションを追加できます。

■ボクセルシェーダ

ボクセルシェーダを使用すると、火や煙のシミュレーション、メッシュを1つのシミュレータでシェーディングできます。

■スタンドアロン シミュレーション

Phoenixスタンドアロンシミュレータの初期実装によりシミュレーションが高速化され、Phoenix simscene Node Editorでシーンのデバッグを容易に行うことができます。

■macOS support

Phoenix for MayaがmacOSで実行可能になりました。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから(Maya / 3dsMax)

価格とシステム要件

Phoenix for 3ds Maxは、Windows 7, 8.1,10 で動作する 3dsMax2018 以降で利用することができます。Phoenix for Mayaは、Windows 7, 8.1, 10、Linuxで動作するMaya 2018以降、MacOS 10.11.x – 12.x で動作するMaya 2019以降で利用することができます。

それぞれのより詳しいシステム要件はこちらから(Maya 3dsMax

昨年、Chaos Phoenix for 3ds MaxとChaos Phoenix for Mayaが1つの製品に統合されました。Chaos Phoenix のライセンス価格は、9,130円/月、50,600円/年または、129,660円/3年となります。

また、Chaosのすべての製品が含まれたV-Ray Collectionの一部としても利用できます。

最新アップデートのダウンロードはこちらから(Maya 3dsMax


Chaos Phoenix ウェブサイトへ

Chaos Phoenix 5: Take your simulations to the next level

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました