Maya x Unreal Engine ウェビナー「シネマティックプロダクションとは? ~リアルタイムエンジンによる映像制作の新しいワークフロー~」

イベント

オートデスク株式会社主催で行われる Maya x Unreal Engine ウェビナー「シネマティックプロダクションとは? ~リアルタイムエンジンによる映像制作の新しいワークフロー~」の開催情報です。

イベント概要

SAFEHOUSEでは従来のMayaによる背景モデル制作に加え、最近ではモデリングチームとは別にシネマティックチームをつくり、Unreal Engine(以下UE) をつかったリアルタイムエンジンによる映像制作を行っています。

今回のウェビナーではモデリングチームとシネマティックチームがどういったワークフローで仕事をしているか、MayaとUE でシネマティックプロダクション(映像制作)をしていく流れが解説されます。

さらに、SAFEHOUSEは最近リリースされたMayaとUEをリアルタイムに繋ぐライブリンクプラグイン、Unreal Live Link for Maya を試しています。そのファーストインプレッションも語られる予定です。

■アジェンダ(予定)

01: SAFEHOUSEの紹介
02: SAFEHOUSEが挑むシネマティックプロダクションとは何か?
03: Mayaでのモデリングのポイント
04: MayaからUEへの出力する際のポイント
05: UEでの映像制作のポイント
06: Unreal Live Link for Maya を使ってみた!

■日時

2022年4月20日(水)14:00 〜 15:30

■受講対象

  • Autodesk Mayaユーザーまたは、その導入検討者の方
  • Unreal Engineユーザーまたは、その導入検討者の方
  • エンターテインメント業界にて映像制作に携わっている方、興味のある方
  • リアルタイムコンテンツ制作に携わっている方、興味のある方
  • 最新CGツールにご興味のある方
  • アート、CG、映像制作、ゲーム開発を学んでいる学生の皆様

■スピーカー

鈴木 卓矢 氏

株式会社SAFEHOUSE
取締役/モデリング・スーパーバイザー

中原 さとみ 氏

株式会社SAFEHOUSE
Lead Cinematic Artist

杉山 明 氏

エピック ゲームズ ジャパン
Business Development Manager

向井 秀哉 氏

エピック ゲームズ ジャパン
Solution Architect

より詳しい情報はこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました