NVIDIA、RTX A5500 など7つの新しいNVIDIA AmpereアーキテクチャGPUを発表

PC関連

2022年3月22日(現地時間) – NVIDIAは、ラップトップとデスクトップ用の7つの新しいNVIDIA AmpereアーキテクチャGPUを発表しました。

この度発表されたのは、NVIDIA RTX A5500デスクトップGPUとNVIDIA RTX A500、RTX A1000、RTX A2000 8GB、RTX A3000 12GB、RTX A4500、RTX A5500ラップトップGPUとなります。

デスクトップGPU

新しいNVIDIA RTX A5500デスクトップGPUは、最新世代のRTコア、Tensorコア、CUDAコアを24GBのメモリと組み合わせ、高いレンダリング、AI、グラフィックス、コンピュート性能を発揮します。そのレイトレースによるレンダリングは前世代よりも2倍速く、モーションブラーレンダリング性能は最大で9倍速くなりました。

NVIDIA RTX A5500は、以下のようなNVIDIA Ampereアーキテクチャの最新技術を搭載しています。

  • 第2世代のRTコア:レイトレーシング、シェーディング、ノイズ除去のタスクを同時に実行することができ、第一世代の最大2倍のスループットを実現。
  • 第3世代のTensorコア:新しいデータフォーマットTF32とBfloat16をサポートし、トレーニングスループットが前世代の最大12倍になりました。
  • CUDAコア:前世代と比較して、単精度浮動小数点演算のスループットが最大3倍
  • 最大48GBのGPUメモリ: RTX A5500は、ECC(エラー訂正コード)付きGDDR6メモリ24GBを搭載。RTX A5500は、NVIDIA NVLinkを使用して2つのGPUを接続することにより、最大48GBまでメモリを拡張することができます。
  • 仮想化: RTX A5500は、リモートユーザーがリソースを共有してハイエンドのデザイン、AI、および計算ワークロードを推進できる複数の高性能仮想ワークステーションインスタンス用のNVIDIA RTX Virtual Workstation(vWS)ソフトウェアに対応しています。
  • PCIe Gen 4:帯域幅が前世代の2倍になり、AI、データサイエンス、3Dモデルの作成などのデータ集約的なタスクのデータ転送が高速化されます。

 
RTX A4000

RTX A5000
New
RTX A5500

RTX A6000
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereAmpere
CUDA コア6,1448,19210,24010752
Tensor コア192256320336
RT コア486480 84
メモリ16GB GDDR624GB GDDR624GB GDDR648GB GDDR6
メモリ帯域幅448 GB/s768 GB/s768 GB/s768 GB/s
メモリバス256-bit384-bit384-bit284-bit
NVLINK×
TDP140W230W230W300W

ラップトップGPU

新しいNVIDIA RTX A500、RTX A1000、RTX A2000 8GB、RTX A3000 12GB、RTX A4500、RTX A5500ラップトップGPUは、AIとレイトレーシング技術へのアクセスを広げ、どこで仕事をしても画期的な性能を提供することができます。ノートパソコンには最新のRTXとMax-Qテクノロジーが搭載されており、プロフェッショナルがワークフローを次のレベルへ引き上げる能力を提供します。

NVIDIA RTXラップトップGPUは、以下の機能を含んでいます。

  • 最新のNVIDIA RTX技術 : 第2世代RTコア、第3世代Tensorコア、NVIDIA Ampereアーキテクチャ・ストリーミング・マルチプロセッサは、前世代アーキテクチャの最大2倍のスループットを提供し、要求の厳しいレンダリング、レイトレーシング、AIワークフローをどこからでも取り組めるようにします。
  • NVIDIA Max-Qテクノロジー :AIベースのシステム最適化により、薄型軽量ノートPCは、Dynamic Boost、CPU Optimizer、Rapid Core Scaling、WhisperMode、Battery Boost、Resizable BARおよびNVIDIA DLSS技術によって、より静かに、より速く、より効率的に実行されます。
  • 最大16GBのGPUメモリ : 大きなモデル、シーン、アセンブリに対応。RTX A2000 8GB、RTX A3000 12GB、RTX A4500は、より大きなモデル、データセット、マルチアプリケーションワークフローを扱うために、前世代のものの2倍のメモリを搭載しています。
  • NVIDIAソフトウェアテクノロジーの豊富なスイート:NVIDIA CloudXR、NVIDIA Omniverse、NVIDIA Canvas、NVIDIA Broadcast、NVIDIA NGC、NVIDIA RTX Experienceなどを含む幅広いソフトウェアツールにより、テザーレスVRから共同3Dデザインまで独自のメリットを利用することが可能です。

業界の声

NVIDIA RTX A5500を最初に使用したのは、コンセプト航空機の設計、分析、開発に注力する航空宇宙工学のリーディングカンパニーであるM4 Engineeringです。M4 EngineeringのシニアエンジニアであるBrian Rotty氏は次のように述べています。

「M4で使用しているマルチアプリケーション製品開発ワークフローは、NVIDIA RTX A5500とその24GBのメモリによって十分に機能します。私のチームは、以前よりも大きなCADやCAEデータセットを扱うことができ、さらに、この新しいカードのGPUメモリのヘッドルームと計算能力を活用することで、これらの大きなデータセットを同時に操作して反復することができます。」

AS+GG Architectureの設計技術スペシャリストであるHiram Rodriguez氏は次のように述べています。

「NVIDIA RTX A5500で得られるパフォーマンスは、前代未聞のものです。以前は、点群処理に時間がかかりすぎて、現在の現場の状況を設計・分析する際のボトルネックになっていました。NVIDIA RTX A5500を使えば、20分以内に、完全に処理され、地理的に位置が特定され、分類された点群を3Dモデルに統合することができるのです。」

Sony Pictures Animationのテクノロジー担当エグゼクティブディレクターであるYiotis Katsambasは次のように述べています。

「新しいNVIDIA RTX A5500は、高いフレームレートとスムーズなカメラモーションを維持しながら、非常に詳細な環境をロードし、シーンを探索し展開する能力を与えてくれます。A5500をNVIDIA Omniverse Enterpriseと当社独自のFlixiVerseソフトウェアと組み合わせることで、当社のアーティストとディレクターは当社の仮想世界に没頭し、リアルタイムでコラボレーションを行うことができます」

利用可能時期

新しいNVIDIA RTX A5500デスクトップGPUは本日よりチャネルパートナーから、また第2四半期より世界のシステムビルダを通じて入手可能です。

新しいNVIDIA RTXラップトップGPUは、Acer、ASUS、BOXX Technologies、Dell Technologies、HP、Lenovo、MSIなどのグローバルOEMパートナーから、今春よりモバイルワークステーションで利用できるようになる予定です。


New NVIDIA RTX GPUs Tackle Demanding Professional Workflows and Hybrid Work, Enabling Creation From Anywhere

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました