3ds Max用の火と煙のリアルタイムシミュレーションツール finalFluid パブリックベータプログラムが開始

プラグイン

2022年3月12日(現地時間)- cebas Visual Technology は、リアルタイムGPUビジュアルエフェクトを3dsMaxユーザーに提供する finalFluid パブリックベータプログラムの開始を発表しました。

finalFluid パブリックベータ版について

finalFluidは、NVIDIA GPUベースのダイナミックなオイラー流体シミュレーションシステムで、非束縛シミュレーション領域内でスパースボクセルグリッドを活用し、高度な煙や炎のエフェクトを作成することができます。

他のグリッドソルバとは異なり、ダイナミックな方法でシミュレーションブロックを割り当てるため、関心のあるアクティブ/レジデント領域でのみメモリを使用します。このアプローチにより、GPU流体ソルバーの長年の制約である、通常のグリッドは何も起こらない領域で膨大な量のメモリを浪費している、という問題を解決しています。

finalFluidのベータ版は無料で提供されます。

BETAサイクルの終了時には、パブリックベータプログラムに参加したすべてのベータテスターは、「最後の」ベータソフトウェアビルドを「そのまま」使用することができます。このBETAは2025年まで使用可能で、有効です。ただし、ベータ版には無償アップグレードやサポートはありません。

重要事項

市販されることになるソフトウェアの実験的なリリースをテストしていることを理解してください。このBETAソフトウェアには欠点があり、時折クラッシュしたり、ワークステーションをリセットしたりと予期せぬ動作をすることが予想されます。このソフトウェアをテストしている間は、別のワークステーションやセットアップを使用することを強くお勧めします。 しかし、私たちは、このソフトウェアの現状が、あなたが本番でテストし、使用することを可能にすると確信しています。3ds MaxのREALTIMEワークフロー哲学の性質上、最終的なVFX出力は業界標準のファイル形式を通じて行われ、finalFluid内またはfinalFluidから直接行われるわけではありません。

システム要件

最小要件は以下の通りです。

  • DX12 NVIDIA GPUとWindows 10
  • 4GB以上のNvidia GTXグラフィックスカード(8GB以上のカードを追加するのがよい)
  • 最新のNVIDIAドライバ
  • 3ds Max 2022/2021/2020
  • ギガバイトのシミュレーションデータキャッシュを書き込むのに十分なハードディスク(SSDが良い)の空き容量が必要です。

また、finalFluidは以下の製品に対応しています。

  • thinkingParticles 7
  • finalRender Free
  • finalRender
  • vray
  • Arnold
  • tyFlow
  • tyFlow Pro
  • PFlow
  • 標準的な3ds Maxのパーティクルシステム
  • OpenVDB をサポートする3ds Max レンダラー

無料BETAに参加する方法

無料ベータテストに参加するためには、まずアカウント登録する必要があります。

  1. ライセンスと仕様(License&Specifications)を読む。
  2. 無料アカウントを作成し、Web-Installer:cebas Product Manager を取得。
  3. cebasプロダクトマネージャーをインストール/セットアップし、ダウンロードとインストール
    を選択。
  4. コミュニティサポートについてはフォーラムで登録:cebas Public Discord Server

より詳しい情報はfinalFluid パブリックベータページから


Cebas announces first ever Public Beta program for 3ds Max

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました