Apple、新しい Appleシリコン M1 Ultra を発表

PC関連

2022年3月8日 – Appleは、新しい Appleシリコン M1 Ultra を発表しました。

M1 Ultra

M1 Ultraは、かつてないレベルのパフォーマンスと能力を持つシステムオンチップ(SoC)を作り出すために、2つのM1 Maxチップのダイを相互接続するAppleの革新的なパッケージングアーキテクチャであるUltraFusionを搭載しています。

新しいSoCは、パーソナルコンピュータ用チップでは史上最多の1,140億個のトランジスタで構成されています。M1 Ultraは、20コアCPU、64コアGPU、32コアNeural Engineがアクセス可能な、最大128GBの高帯域幅、低レイテンシのユニファイドメモリで構成可能で、コードをコンパイルするデベロッパ、これまではレンダリングが不可能だった膨大な3D環境で作業するアーティストに高いパフォーマンスを提供します。映像のプロは、Afterburner搭載の28コアのMac Proよりも最大5.6倍速いProResビデオのトランスコードが可能になります。

UltraFusionアーキテクチャ

M1 Ultraの基礎は電力効率の高いM1 Maxです。M1 Ultraを構築するために、Appleの専用設計のパッケージングアーキテクチャであるUltraFusionを使って、2つのM1 Maxのダイが接続されています。

パフォーマンスを拡張する最も一般的な方法はマザーボード経由で2つのチップを接続することですが、レイテンシが増大したり、帯域幅が減少したり、電力消費が増加したりといった大きな犠牲を伴うことがよくあります。一方、Appleの革新的なUltraFusionは、10,000を超える信号を通じてチップを接続するシリコンインターポーザを使用し、業界トップのマルチチップインターコネクトテクノロジーの4倍以上の帯域幅である2.5TB/sという膨大で低レイテンシのプロセッサ間帯域幅を実現します。これにより、M1 Ultraは1つのチップのように動作し、ソフトウェアに認識されるので、デベロッパはそのパフォーマンスを生かすためにコードを書き直す必要がありません。

高いパフォーマンスと電力効率

M1 Ultraは、16の高性能コアと4つの高効率コアからなる20コアCPUを搭載しています。現在利用可能な最も速い16コアのWindowsデスクトップパソコン(Core i9-12900K&DDR5 )のチップよりも、同じ電力量で90パーセント高いマルチスレッドパフォーマンスを発揮、さらに、M1 Ultraはそのチップのピーク時のパフォーマンスを100ワット少ない電力で達成します。

3Dレンダリングや複雑な画像処理のような最もグラフィックスを駆使するニーズのために、M1 UltraはM1の8倍のサイズとなる64コアGPUを搭載し、現在利用可能な最もハイエンドのWindowsパソコンのGPU(Core i9-12900K&DDR5&RTX3090 )よりもさらに高速なパフォーマンスを、200ワット少ない電力で実現します。

Appleのユニファイドメモリアーキテクチャも、M1 Ultraで拡大しました。メモリ帯域幅は、最新のWindowsデスクトップパソコンのチップの10倍以上となる800GB/sまで増加し、M1 Ultraは128GBのユニファイドメモリで構成できます。

M1 Ultraの32コアNeural Engineは、最大で毎秒22兆回の演算を実行し、最も困難な機械学習タスクを高速化します。M1 Maxのメディアエンジンの2倍の能力を持つM1 Ultra搭載の新しいMac Studioは、最大18本の8K ProRes 422ビデオストリームを再生できます。

また、複数の外付けディスプレイを駆動できるディスプレイエンジンや、統合されたThunderbolt 4コントローラ、そしてAppleの最新のSecure Enclave、ハードウェア検証によるセキュアブート、ランタイムのエクスプロイト対策技術などのクラス最高のセキュリティといったAppleのカスタムテクノロジーを搭載しています。

macOSとアプリケーションがM1 Ultraに合わせてスケールアップ

macOS MontereyはAppleシリコンのために設計され、M1 UltraのCPU、GPU、メモリ帯域幅の大幅な増加を活かせるようになっています。

Metalなどのデベロッパ向けテクノロジーはアプリケーションが新しいチップを最大限に活用できるようにします。そして、Core MLを最適化することにより、新しい32コアNeural Engineを駆使して、機械学習モデルは高速で動作します。

ユーザーは、Macで動作するようになったiPhoneとiPadのアプリや、ユニバーサルアプリケーションなど、これまでで最大のMac向けアプリケーションのコレクションにアクセス可能です。まだユニバーサルにアップデートされていないアプリケーションは、AppleのRosetta 2テクノロジーでシームレスに動作します。

新しい Appleシリコン M1 Ultra 新しいMac Studioで利用できます。詳しい情報は以下の記事から

Apple、Mac StudioとStudio Displayを発表
2022年3月8日 - Appleは、新しいMacのデスクトップとディスプレイである、Mac StudioとStudio Displayを発表しました。 ...

Apple、パーソナルコンピュータ向けとして世界で最もパワフルなチップのM1 Ultraを発表

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました