iClone 8 & Character Creator 4 WIP パート2

CGソフト

Reallusionが新しく公開したiClone 8 と Character Creator 4 の新機能情報の紹介です。昨年11月の記事の内容の続編となります。

iClone 8&Character Creator 4の新機能が公開!先行販売キャンペーンが開始
Reallusionは、同社の3Dアニメーションソフトウェアとアニメーション、ゲーム、AR/VRのための3Dキャラクター作成ソフトウェアの次期メジャーアップデー...

iClone 8 WIP パート2

iClone 8 のWIP パート2では、ロトスコープやポーズミキサーなど、3Dキャラクターアニメーションを制作する時間を短縮し、コストを削減するようの機能が紹介されています。

ロトスコープ : pose-to-pose editing

ビデオリファレンスをもとにキーフレームを設定してモーションサイクル全体を作成することができます。

ポーズミキサー:pose-driven motion synthesis

ポーズミキサーは、既存のソースから新しいポーズを生成する便利なツールです。ミキシングエリアを(ボディマスクから)指定して、ソースポーズをターゲットポーズとミキシングすることが可能となります。

拡張可能なキャラクター中心のタイムライン

iClone 8では、ボディモーション(2段階)とフェイシャルエクスプレッション(3段階)の両方に拡張可能なトラックが導入されます。これにより、クリエイターはまず一次編集に集中し、フェイシャルやボディアニメーションのディテール編集は、高度なタイムラインコントロールを使用することができます。

■Body-Motion Tracks (2 levels):

  • Part level では、一般的なボディパーツを選択して直感的に編集することができます。
  • Bone level では、全身のボーンや指に至るまで、高度な編集が可能です。
  • FK/IK Blendトラックでは、FK/IK間の補間を自在にコントロールすることができます。

■Facial-Expression Tracks (3 levels):

  • Basic : 従来のMuscles、Eye、Headに加え、新たにEyeblinkを追加しました。
  • Feature : 眉、顎、耳など、16 の特徴的な顔のパーツにアクセスできます。
  • Morph : 表情の細部を表現するために 60~140 のモーフが用意されており、ブレンドシェープの数は選択した 表情プロファイルのレベル(Standard または Extended)に応じて決定されます。

カーブエディタ

カーブエディターはiClone 8にシームレスに組み込まれることになり、追加購入は必要なくなります。

ボーンやブレンドシェイプのサポートに加え、iClone 8のカーブエディタには、FK/IKエフェクタコントロールとボディ/フェイシャル3Dアニメーションカーブツールが搭載されています。

Character Creator 4 WIP パート2

Character Creator 4のWIP パート2では、60~140のモーフを使った自由度の高い「スケーラブルな表情の編集」、スマートスキンシェーダの色調整機能などが紹介されています。

スケーラブルな表情編集

Character Creator 4では、モーフを調整しながら表情を編集することができるように、Standard レベル(60以上)と Extended レベル(140以上)が用意されています。Standard レベルの60以上のモーフはARKitに対応した主要な3Dソフトウェアに対応し、140以上のモーフはキャラクターの表情を細かく制御することができます。

  • Standard レベル:60種類以上のモーフ
    眉、瞬き、まぶた、目つき、鼻、頬、口もと、口元、あご、舌、頭の11種類の顔形状に対応します。
  • Extended レベル:140種類以上のモーフ
    Standard レベルの11機能にスライダーを追加したほか、Extended レベルでは4機能(まつ毛、目玉(瞳孔)、首、耳)を追加し、ニュアンスを追加することが可能です。
  • ワンクリックでExtendedレベルへのアップグレード、Standardレベルへのダウングレードが柔軟に行えます。

スマートスキンシェーダー

■高速な色調変更 

Character Creator 4では、人間の多様性を忠実に反映するために、黒、赤、黄、白の4つのカラーベースが用意されています。これにより、異なる民族性を作成するプロセスをスピードアップすることができます。

ユーザーは、異なるカラーベースを素早く切り替えて、明度を調整したり、他の色の肌と調和させたりして、自分だけのキャラクターをカスタマイズすることが可能です。肌色を調整する際には、肌以外の部分を自動的に検出し、除外することができます。

■ソリッドスキン( Solid Skin )

ブレンド強度のスライダーを調整することで、キャラクター本来のディテールを維持したまま肌の色を変更することが可能です。カラートーンの変更や、異なるブレンドマップのインポートすることで、肌の質感を最適化することができます。さらに、リアルタイムスキンシェーダーにより、4つの高解像度のスキンマテリアル(顔、体、手、足)の肌色を一度に変更することが可能です。

■肌の最適化(Headshot プラグイン用)

Headshot プラグインでは、ソリッドスキン機能により、過剰なディテールを簡単にノイズ除去し、正面と側面のテクスチャのずれを中和することができます。これにより、より自然な3Dヘッドを作成することが可能となります。

■テクスチャーにベイク

カスタマイズしたデザインを完成させたら、「Bake Skin Color to Diffuse Map」ボタンをクリックして、シェーダーカラーを肌のテクスチャーに簡単にベイクすることができます。

以上となります。iClone 8 と Character Creator 4 の正式なリリースは2022年春に予定されています。無料アップグレードオファー、機能比較、FAQなどは以前の記事か、こちらのページをご確認ください。


iClone 8 – Now Anyone Can Animate

Character Creator 4 – Elevating Digital Humans

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました