オブジェクトにデカールを張ることに特化した 3ds Max 用ツール DecalPlacer 1.5

プラグイン

MXTOOLS(CONSTANTIN DAN)氏によるオブジェクトにデカールを配置するための 3ds Max 用ツール DecalPlacer 1.5の紹介です。

DecalPlacerとは

DecalPlacerは、オブジェクトにデカールを貼ることに特化したAutodesk 3ds Max用ツールで、作業をスピードアップすることができます。現在の最新バージョンは、2022年2月11日にリリースされたバージョン1.5で、以下のような機能があります。

主な機能

  • モダンでサイズ変更可能なUI。

  • デカールをグリッドベースのレイアウトに保存。

  • サポートされているデカールファイル形式* .tif、*.png、*.jpg、*.jpeg。

  • マルチレイヤーのデカール。
  • デカールの配置、サイズ変更、回転を高速化します。

  • デカールのためのカスタムマテリアル。

  • メッシュのターゲット表面に投影デカールを適合させます。

以下の動画では、すばやくデカールを張っている様子を確認することができます。

価格とシステム要件

DecalPlacer 1.5は、3ds Max 2017-2022で利用することができます。

価格はサブスクリプション形式で1ユーザー36ドル/年からです。途中でサブスクリプションをキャンセルしても期間中ツールを使用し続けることが可能のようです。

詳しい価格の確認はこちらから


DecalPlacer ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました