O3DEで高精度の3D地理空間が利用可能になる Cesium for O3DE がリリース

フリーコンテンツ

2022年2月16日(現地時間)- Cesium GSは、Cesium for O3DEの最初の安定版のリリースを発表しました。

Open 3D Engine (O3DE)について

Open 3D Engine (O3DE)は、3D体験、ゲーム、シミュレーションを強化するために設計された、オープンソースのリアルタイム3Dエンジンです。O3DEは、Amazonのゲームエンジン Lumberyard の後継であり、The Linux Foundationとの協力により、Apache 2.0ライセンスの下でフルオープンソース化されました。詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

マルチプラットフォームのオープンソース3Dエンジン Open 3D Engine (O3DE) が発表
2021年7月6日(現地時間)The Linux FoundationとAWSは、 Open 3D Foundation を設立し、新しい財団が管理する最初のプ...

Cesium for O3DE

Cesium for Unreal に次いで発表されたCesium for O3DEは、Cesium Nativeで構築されたランタイムエンジン統合の第2弾となります。

Cesium for O3DEは、Cesium ionやその他のソースからの高解像度写真測量、地形、画像、3D建物などのリアルコンテンツを3Dとして取り込むことができます。

Cesium Native の使用により、3D Tiles Next、物理、衝突、キャラクタのサポートなど、Unreal用のCesiumで構築しているすべての機能がO3DEでも再利用可能になり、環境とアプリケーションを構築することが可能になります。

Cesium for O3DEを使用すると、以下のことが可能となります。

  • O3DEのためのフルスケール、高精度なWGS84地球儀により、開発者はリッチでグローバルなシミュレーションと体験を作成することができます。
    WGS84について
    WGS 84(World Geodetic System 1984。世界測地系1984)は、米国の国防総省が、測位、地図や海図の作成、船舶や航空機のナビゲーションなどで使用することを目的として構築した測地系です。WGS84は、地図作成、測地学、およびGPSを含む衛星ナビゲーションで使用するための標準となっています。
  • ランタイム3D Tilesエンジンは、詳細レベルの選択とキャッシングが可能で、全地形、画像、3D都市、写真測量などの大規模な3D地理空間データセットを、クラウド、プライベートネットワーク、またはローカルマシンからストリーミングすることができます。
  • 精度を高めるための倍精度数学APIのサポートを含む、O3DEのビジュアルスクリプト環境であるO3DE ScriptCanvasと統合されています。
  • Cesium ionクラウドサービスとの統合により、精選された3D地理空間コンテンツやデータ用3Dタイリングパイプラインにアクセス可能。Cesium ionの一部として、ユーザーはグローバルな地形、画像、建物、写真測定のデータセットにアクセスすることができます。

Linux FoundationおよびO3DEのデジタル メディアおよびゲーム担当GMのRoyal O’Brie氏は、今回の発表について次のように述べています。

「私たちは、Open 3D Engine を取り巻くコミュニティとパートナーの拡大をとても誇りに思っています。3D地理空間機能とデータをOpen 3D Engineに統合したことで、誰もがより没入感のある体験を構築できる新しい機会が生まれ、プロジェクトはさらに充実したものになりました。」

価格について

Cesium for O3DE 自体はオープンソースで無料でダウンロードすることが可能ですが、使用にはCesium ion への登録が必要です。

Cesium ionは、実世界の3Dコンテンツと3Dタイリングパイプラインを提供するオプションの商用サービスとなっていますが、個人・非営利目的では無料で使用可能です。詳しい価格についてはこちらから

Cesium for O3DEの使用方法の確認はこちらから

Cesium for O3DE のダウンロードはこちらから


Announcing Cesium for O3DE

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました