Adobe Fresco 3.3(2022年2月)がリリース、最近使用したブラシ機能、遠近グリッドのキャプチャの追加など

CGソフト

2022年2月11日(現地時間)Adobeは、モバイルデジタルソフトウェアの最新アップデート  Fresco 3.3(2022年2月リリース) をリリースしました。

新機能ハイライト

■最近使用したブラシ

最近使用したブラシ機能」が追加されました。最近使用したピクセル、ライブ、ベクターおよびぼかしブラシがリストに表示されます。

■遠近グリッドのキャプチャ

Adobe Sensei AIを利用して、取り込んだ画像やレイヤー、ドキュメント全体から遠近グリッドを自動的に作成することができるようになりました。

■モーションレイヤーのすべてのフレームを変換

モーションレイヤー内のすべてのフレームを一度に変換できるようになりました。

■その他のアップデート

  • 2022 年冬の新しいブラシセット:このユニークなセットは、ミッドセンチュリーのミニマリズムや絵本にヒントを得たスタイリッシュな冬の木や、テクスチャーを施した背景ブラシが追加されました。
  • スポイトの改良:カラーの選択とペイントが高速になりました。Photoshop の動作に合わせて、スポイトを使用した後、Fresco は以前に選択したツールに戻ります。注:キャンバスを長押しすると、スポイトツールにすばやく切り替えることができます。

より詳しい情報はこちらから

価格とシステム要件

Frescoは、Windows 10 バージョン 1903 以降、iPadとiPhoneのサポート対象デバイスで使用できます。詳しいシステム要件はこちらから

Frescoは無料から使用でき、100GBのストレージやすべてのブラシが利用できるプレミアム版は、1080/月となります。

プレミアム版は1600円/月または15800円/年のアドビデザインモバイルバンドルにも含まれています。


Fresco ウェブサイトへ

APP Storeページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました