KeyShot 11 がリリース!3Dペイント、物理シミュレーション機能の追加など

CGソフト

Luxion は、3Dレンダリングとアニメーションソフトウェアの最新アップデート KeyShot 11 をリリースしました。また、KeyShot 11から価格が改定され、サブスクリプションライセンスが導入されています。

新機能ハイライト

KeyShot 11の機能は、プロダクトライフサイクル全体を補完するために、プロダクトビジュアル制作の各側面を合理化することに重点が置かれています。各機能や改良点は、マテリアルデザイン、情報管理、モーション、自動化、プレゼンテーションの各分野で、製品開発の最も緊急なニーズを解決するために、ユーザーと直接話し合った結果生まれたものとなっています。

カラーやテクスチャを適用できる3Dペイント、マテリアル情報を管理・整理できる新しいCMF機能、KeyShot Animationで物理現象を作成・キャプチャできる物理シミュレーション、新しいヘッドレススクリプト機能によるワークフローの自動化、KeyShotシーンをオンラインでアップロード・共有できる新しいKeyShot Web Viewerなど、多くの新機能が導入されています。

3Dペイント

新しいテクスチャペイントツールである3D Paintが導入され、モデルのサーフェスに直接ペイントやスタンプでテクスチャを貼り付けて、サーフェスの仕上げをさらにカスタマイズすることができるようになりました。3Dペイントを有効にすると、バンプテクスチャ、カラー、粗さ、スペキュラリティ、屈折率、不透明度を直接ペイントしたり、スタンプしたりすることができます。

3Dペイントは、ユニークなサーフェス風化やパティーナを作成するのに非常に便利なツールで、シーン内のあらゆるサーフェスに摩耗痕を正確に追加するのに使用することができます。また、新機能ではレイヤー効果により、リッチでリアルな外観を作り出すことも可能となっています。

マテリアル管理とCMF出力

Color, Materials, Finish (CMF)とは色、素材、仕上げのことで、製品の非機能的な部分をさす用語です。KeyShotはCMFプロセスの主要な部分を占めることが多く、製品デザインの検討段階でCMFオプションを容易に変更、決定することができます。

このワークフローを効率化するために、KeyShot 11は、マテリアル管理とCMF出力の両方の機能が追加されました。この機能により、各マテリアルに関するメタデータ、カスタムスキーマビルダー、デザインレビュー用の既製「テックパック」の簡単な出力に対応した拡張マテリアルライブラリを利用することで、レンダー出力と対応マテリアルの位置合わせという手動プロセスを省くことが可能になります。

物理シミュレーション

物理シミュレーションは、オブジェクトの物理現象を記録し、キーフレームアニメーションとして適用することができます。このツールにより、完全にシミュレートされたアニメーションと、より正確なオブジェクトの散乱が可能となりました。

GIF

シミュレーションは、個別または複数のモデルセット、オブジェクト、またはオブジェクトのグループに適用でき、パーツまたはグループ全体としてシミュレーションできます。重力、摩擦、跳ね返りをコントロールし、時間、品質、1秒あたりのキーフレームを調整することができます。

KeyShot Web Viewer

KeyShot Web ViewerはKeyShotWebモジュールに含まれ、KeyShotシーンをKeyShot Cloudにアップロードして簡単に共有することができます。ブラウザ、デスクトップ、モバイルデバイスにまたがるユーザーに対して、1つのリンクでインタラクティブなシーンの共有を実現します。

KeyShot Web Viewerは、ウェブブラウザやモバイルデバイスで3Dを閲覧する際に、可能な限りリアルなビジュアルとスムーズなインタラクションを提供するよう高度に最適化されています。シーン内のマテリアルや環境のバリエーション、KeyShot StudiosをWeb Viewerのフライアウトメニューから表示することが可能です。

その他の機能として、品質調整、モバイルフレンドリーなテクスチャオプションを含むテクスチャベーキング、パスワード保護があります。KeyShotWebのサブスクリプションには、10GBのKeyShot Cloudストレージが含まれています。

ワークフローの自動化

ワークフローの自動化は、KeyShot Scripting Console(ユーザーインターフェース付き)およびHeadless Scripting Mode(ユーザーインターフェースなし)を介して、KeyShotの様々なワークフローを自動化することができる高度な新機能です。レンダー出力の自動化、製品バリエーションの生成の高速化などに応用できます。

その他の新機能

  • 環境の明るさのアニメーション:KeyShot Animationで環境照明の明るさを直接コントロール、調整できます。
  • 変形可能なアニメーションのサポート:Alembicに加え、.mc/.mcxキャッシュファイルやリグアニメーション付きのFBXファイルをインポートできます。
  • スキントーン:新しい肌のマテリアルにより、KeyShotマテリアルライブラリに幅広いスキントーンが追加され、3Dモデルにドラッグ&ドロップで追加できます。
  • GPUカッタウェイマテリアル:人気のcutawaマテリアルが、GPU モードですべてのcutawaオプションをサポートするようになりました。
  • glTF / USDzの機能強化:KeyShot の glTF と USDz のエクスポートが最適化され、インスタンス化のサポートによりファイルサイズが大幅に縮小されました。

アップデート情報

KeyShot 11.1

2022年3月21日(現地時間)Luxion は、KeyShot 11.1をリリースしました。

このリリースでは、KeyShot 11で追加された新機能の改善、Dファイルフォーマットのインポート/エクスポートの新サポート、新しいプラグインオプションとなるBlenderアドオンが利用可能になりました。

新機能と改良点は以下の通りです。

  • KeyShot Web Viewer の改良 – 3 倍のスピードアップ、テクスチャ圧縮
  • 3Dペイントの改良 – ペイントクローニングとパフォーマンスの向上
  • 物理シミュレーションの改善 – 物理的な複数選択と選択アウトライン
  • 3Dファイルフォーマットのサポート – SOLIDWORKS 2022、NX 2000、Solid Edge 2022のサポート、さらにCreo Viewインポートの改善とオリジナルUVを含むUSD/glTFエクスポートのサポート
  • KeyShot for Blender アドオン – LiveLinking、レイヤー/モデルセット、リジッド/デフォーマブルアニメーションをサポートし、Blenderと一緒にシーンをレンダリングします。
  • KeyShot for NX サブスクリプション – 新しいKeyShot for NXプラグインは、Siemens NXとの直接統合とLiveLinkingを実現するサブスクリプションライセンスを提供します。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

KeyShot 11.2

このリリースでは、Appleシリコン搭載のMacコンピュータのネイティブサポート(ベータ)、いくつかのパワフルな新ワークフロー機能の追加、75以上のバグフィックスがされています。

Apple SiliconでのKeyShot

この最新リリースは、Appleシリコンチップを搭載した最新世代のMac(M2、M1 Pro/Max/Ultraを含む)でKeyShotを実行できる待望の機能を導入した、重要なリリースとなります。

Apple製シリコンを搭載した最新のMacをお持ちの場合、レンダリングと全体的な操作性の両方で15~30%のパフォーマンス向上を実感できます(x86-64の変換パフォーマンスと比較)

KeyShot 11.2 では、従来の Rosetta 2/Intel アーキテクチャ用と、新しい arm64/Apple シリコンアーキテクチャ用の、2つのアプリケーションパッケージがインストールされます。次の11.3リリースで製品版に移行するまで、開発チームは、KeyShot 11.2の新しい分析ツールでベータ版の安定性とパフォーマンスを監視します。(パフォーマンス監視は、個人的なユーザーデータを記録することなく取得され、この機能はKeyShotの環境設定メニューでいつでもオン/オフすることができます)。これに関する詳細は、こちらのヘルプ記事をご覧ください。

KeyShot Web Viewerのアップデート

KeyShot 11.2 のリリースに伴い、KeyShot Web Viewer (KeyShotWeb サブスクリプションで利用可能) の大幅なアップデートが行われました。

KeyShot Web Viewer では、スタジオのサポートが追加され、環境とカメラの切り替えが可能になりました。さらに、吸収、反射、屈折をサポートした透明マテリアルの改善、新しいブルーム効果、2 本指スワイプによるカメラのパン、ベイク時のマテリアル精度の改善 (一部) が提供されています。

その他の新機能と改善点

  • 新しい Pantone 2022 カラー – Pantone Color of the Year (Very Peri) を含むカラーが KeyShot カラーライブラリに追加されました。
  • キーフレームアニメーションの更新 – リアルタイムビューでのレンダリングに干渉することなくキーフレームを調整。
  • メッシュ簡略化の更新 – メッシュ簡略化後も法線とUVを保持するようになりました。
  • 3Dペイントのアップデート – 3Dペイントのテクスチャ解像度を変更する際の品質を向上。
  • ワークフロー自動化アップデート – マテリアル情報データのスクリプトのサポート、CMFドキュメントのレンダリングにスクリプトを使用する機能、ヘッドレスおよびGUIのみの機能の検出を含む。
  • リアルタイムビューの更新 – リアルタイムビューのオブジェクトにマテリアルをドラッグ&ドロップする際のパフォーマンスの向上など。
  • インポート/エクスポートの更新 – glTFのバイナリデータのサポート、Onshapeのネイティブインポート、Appleシリコンをサポートした新しいSketchUpとCinema 4Dプラグインなど(11.2が必要です)
  • さらに75以上のバグフィックス(詳細)
その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

KeyShot 11.3

2022年11月3日(現地時間)Luxion は、KeyShot 11.3をリリースしました。

このKeyShot 11のポイントリリースでは、Apple Siliconを搭載したMacコンピュータをフルネイティブでサポート(ベータ版は終了)し、その他にもワークフローを高速化する新機能を搭載しています。

Appleシリコンサポートにより、最大30%のスピードアップを実現

前バージョン11.2では、ベータ版としてApple社製シリコンをサポートしていましたが、11.3では、Apple Siliconをフルサポートしました。

Apple Siliconを搭載した新しいMacをお持ちの方は、レンダリングと全体的な使い勝手の両方で15~30%のパフォーマンスの向上を実感できます。。KeyShot Network Renderingのユーザーも、Apple Siliconのパフォーマンス向上の恩恵を受け、より高速なレンダリングを体験できます。

新しいCMF(カラー、マテリアル、フィニッシュ)出力機能

KeyShot 11では、工業デザイナーの手作業の時間を短縮し、コストのかかる製造エラーのリスクを低減するCMF出力を導入しました。

KeyShot 11.3 では、PDF 形式で出力するオプションと、プロジェクトベースの CMF データを材料情報マネージャにインポート/エクスポートするオプションが追加されました。

KeyShot Web Viewer の更新

KeyShot Web Viewerは、ユーザーインターフェースを刷新し、モバイルおよびデスクトップデバイスでの製品閲覧をより速く、より簡単に行えるようになりました。ブラウザやシーンによって異なりますが、読み込み時間は2.5倍から4倍早くなっています。

パーツのマージ

KeyShot 11.3では、メッシュ簡略化ツールに新しいMerge Parts機能が追加され、シーンサイズをスリム化し、高速に表示することができるようになりました。また、カメラと環境のバリエーションもウェブビューアでサポートされるようになりました。

ネットワークレンダリングの改善

Mac ユーザーのレンダリング時間の短縮に加え、KeyShot Network Rendering ユーザー向けの 11.3 アップデートには以下が含まれます。

  • ヘッドレスKeyShotネットワークレンダリングマネージャによるフローティングサーバの設定
  • NR MonitorがNR Managerに接続するためのサイレントインストール・オプションの追加

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

サブスクリプションが導入

KeyShot 11のリリースに伴い、すべての新規ライセンスにサブスクリプション価格が導入され、初期費用を抑えた従量課金制に変更になりました。サブスクリプションの期間は通常1年間で、その間、ユーザーは以下のサービスを受けることができます。

  • KeyShot Proの機能に加えて、1年を通してリリースされるすべてのアップデートされた新機能。
  • 高度なツールとアニメーション機能へのアクセス。
  • KeyShot のビジュアライゼーションのハブとして、すべてのアセットとライセンスを一元管理できます。
  • KeyShot Web Viewer などの Subscription 限定機能へのアクセス(KeyShotWeb Module が必要です)
  • セルフサービスライセンスにより、KeyShotが動作するマシンのアクティベーションとおよび非アクティブ化を行うことができます。
  • KeyShotメンバーからのリモートデスクトップによる電話・メールサポート。

KeyShot Proおよび関連モジュールのサブスクリプションは、即時購入が可能で、1年ごとに請求および更新されます。詳しくは、KeyShot サブスクリプション FAQ をご覧ください。

価格とシステム要件

KeyShot 11は、Windows10または11、Windows Server2016以降、macOS10.15 Catalina以上で利用できます。より詳しいシステム要件はこちらから

価格は、KeyShotProサブスクリプションが 1,188ドル/年(約137000円/年)となっています。従来のHD版の代替となるフリーランス向けの Personal Edition は現時点ではまだ準備中のようです。

その他すべてライセンスオプションの価格確認はこちらから

KeyShot Proの試用版のダウンロードはこちらから


KEYSHOT 11 NOW AVAILABLE

KeyShot ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました