2022年 Blender 戦略的開発ターゲット

CGソフト

2022年1月17日(現地時間)に公開されたブログ記事「Strategic Targets 2022」の内容紹介です。この投稿では、2022年のBlenderの今後の開発についての情報が共有されています。

Blender Institute (BI)の役割について

Blender Institute (BI) のクルーは2つの主要なタスクを持っています。ひとつはblender.org の設備を維持すること、もう一つは優先度の高い戦略的開発プロジェクト、特に経験豊富な開発者による長期的な集中が必要なプロジェクトを開始することです。

戦略的プロジェクトは通常、複雑なアーキテクチャやデザインを含み、そのための実用的なプロトタイプを開発する必要があります。戦略的BIプロジェクトは確実に機能することが証明され、blender.orgで公開された後、モジュールと開発者コミュニティに引き渡されることになります。

昨年は複数の開発者が一緒に作業できるプロジェクトに重点が置かれ、その結果BIチームは以下の新機能を納品しました。

  • アセットブラウザ
  • Cyclesのオーバーホール(通称:Cycles X)
  • ジオメトリノード
  • ライブラリオーバーライド

2022年の1年間、BIチームはこの作業をさらにBlenderに統合し、モジュールにコミュニティを参加させる予定です。

戦略的トピック

以下は2022年のアジェンダにおける戦略的トピックとなります。

Application Templates

Blenderはすでに実験的な状態でアプリケーションテンプレートをサポートしています。しかし、ユーザはBlenderで動く独自のスタンドアロン体験を簡単かつ適切に作成することができません。

オーサリングパイプラインの機能、deployment(デプロイメント)将来性/互換性はまだ解決される問題があります。アプリケーションの例はユースケースとして、いくつか開発されるかもしれません。

Overrides

コレクションとオブジェクトのプロキシシステムは Blender 3.0 でライブラリオーバーライドに完全に置き換わりました。この新しいシステムによりBlender の再同期のパフォーマンスに影響する長年の複雑さの問題が明らかになりました。

このプロジェクトの目標は、オーバーライドプロジェクトをまとめ、オーバーライドパイプラインの将来を評価し、関連するデータ管理の問題に取り組み、モジュールに引き継ぐことです。

Physics

Geometry Nodesプロジェクトの次のマイルストーンは、物理ダイナミクスをサポートすることです。

最初のステップは、インタラクティブな物理シミュレーションを処理し、リアルタイムで動作するソルバーを見つけることです。これは、ポイントベースのパーティクルとヘアノードの両方をサポートし、古いシミュレーションシステムを完全に置き換えることができます。

Texturing

ノードベーステクスチャとマスクペインティングの組み合わせは、Blenderの非破壊ペインティングパイプラインを改善するのに役立ちます。 ブラシの管理と性能も関連トピックです。

次のステップ

1月から2月にかけてBlender本社でワークショップが開催され、これらのプロジェクト、その期待される結果、対象者、可能な解決策がより明確にされる予定となっています。これをもとに、チーム、マイルストーン、優先順位を考え始めることになります。


Strategic Targets 2022

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました