もうすぐリリースされる KeyShot 11 SNEAK PEEKが公開

CGソフト

2022年1月18日(現地時間)- Luxionは、まもなくリリースされる3Dレンダリングとアニメーションソフトウェアの最新アップデート KeyShot 11 のSNEAK PEEKを公開しました。

KeyShot 11 SNEAK PEEK

発売日は2022年2月8日(火)に

日本の販売代理店である株式会社スリー・ディー・エスによると、2月8日(火)に正式リリースとなるようです。当初の予定よりも1か月以上遅れたようです。

新機能情報

KeyShot 11では次のような新機能があります。リリース時に追加の情報があれば、また紹介したいと思います。

■3Dペイント

KeyShotのモデルにテクスチャと色を直接「ペイント」するように追加することができます。

■Webビューア

KeyShot Webは、ユーザーがモデルを直接操作できるように、ブラウザーにフル機能のビューアーを含むように拡張されます。

■重力および干渉アニメーション機能

  • 落下アニメーション(キーフレーム):ものが落下すると固定オブジェクトもその力を受けて動く
  • 落下と干渉のアニメーション(キーフレーム)
  • アニメーションを前のキーフレームにリセットします
  • キーフレームの編集

■スクリプティングとヘッドレス(インターフェースなし)スクリプティング

  • CADファイルをインポートし、KeyShotインターフェイスを見ずにKeyShotシーンを作成
  • 材料グラフのスクリプト
  • スクリプトテンプレートの機能強化:スクリプトを介して140を超える機能にアクセス可能

■カラーマテリアルフィニッシュ(CMF)のデザイン機能

■アニメーション

■GLB / GLTFの最適化(Officeドキュメントに3Dモデル挿入)

ライセンス/価格変更

新バージョンリリースに伴い、ライセンス形態及び価格の改定が行われ、サブスクリプションライセンスが導入されます。

■変更内容

  • サブスクリプションライセンスが追加。
  • サブスクリプションライセンスは、KeyShot Pro版とPE版(現在のHD版)の2種類となります。
  • KeyShot HDは新規/追加購入に関してはサブスクリプション版のみとなり、開発元サイトからの直接購入(Web決済)となります。
  • KeyShot HDをお持ちの保守更新ユーザー様はKeyShot V11 HD版に無償でバージョンアップすることが可能です。
  • KeyShot Pro Single、Pro Floating、Enterpriseの永久ライセンスはV11リリース以降も販売継続しますが、メンテナンスが初年度より必須となります。
  • 既存ライセンス(永久ライセンス)のメンテナンス費用が製品定価の20%から25%へ改定となります。
  • オプションライセンス、アカデミックライセンスは従来通りの提供となります。

こちらのページから登録するとリリース時に通知をもらえるようです。

KeyShot ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました