iPadとApple Pencilのために設計された新しいリトポロジーアプリ「CozyBlanket」開発プレビューをチェック!

CGソフト

Pablo Dobarro氏が公開した、現在開発中のiPad用の新しいリトポロジーアプリ「CozyBlanket」の紹介です。

Pablo Dobarro氏は、以前Blenderの開発に参加し、クロスブラシなどさまざまなスカルプトツールをBlenderに追加してくれた開発者です。

CozyBlanket

「CozyBlanket」は、iPadとApple Pencilのために設計された新しいリトポロジーアプリです。このアプリにはGodot Engine 3.4 のカスタムビルドが使用されており、Godot Engineを開発しているJFons氏Pablo Dobarro氏によって現在開発中です。

以下の動画が開発プレビュー動画です。

CozyBlanketは、iPadで数百万ポリゴンを処理できる独立したCPUビューポートを備えています。リトポロジツールは、画面上で利用可能な情報のみを使用して動作します。

未処理のフォトスキャンや、最高解像度でエクスポートされたZBrushプロジェクトでの作業にも使用可能とされており、以下の動画では19M以上のトライアングルをもつモデルを第3世代iPad Proでリトポする様子を確認できます。

Godot Engine開発者のJFons氏によると、「CozyBlanket」はGodotの仕事の休みを取ったここ一か月の間に開発したとのことです。

現在JFons氏はGodotの開発者としての通常業務に戻っており、開発のスピードは間違いなく遅くなりますが、それでも今後数ヶ月の間にいくつかのベータ版を作ることを目指しているとしています。

一方Pablo Dobarro氏は、今後数週間のうちにベータ版を提供する予定としており、若干表現に差異がありますが、また情報が公開されれば紹介したいと思います。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました