Maya 2022に対応したUnreal Live Link プラグインが利用可能に

フリーコンテンツ

2021年12月15日(現地時間)Autodeskは、Maya 2022に対応した 新しい Unreal Live Link プラグイン バージョン1.0.0をリリースしました。

Unreal Live Link for Maya

Unreal Live Link プラグインを使用すると、Maya から Unreal へアニメーション データをリアルタイムでストリーミングすることができます。Maya でキャラクタ アセットを処理し、変更を加えるとすぐに Unreal に反映されるプレビューを確認することができます。

主な機能は次のとおりです。

■簡素化されたインストール環境により、数分で使用開始することができます。

■新しい合理化されたインターフェースを使用すると、Unreal にストリーミングする Maya アセットを簡単に定義および管理することができます。

■Joint hierarchy transforms を接続することで、キャラクタ間のアニメーション ストリーミングを可能にします。

■BlendShapesがサポートされているため、顔の表情やリップシンクなどのキャラクターに変更を加えたり、Unrealでコンテキスト内で表示したりできます。

■トランスフォーム、画角、焦点距離、フィルムゲート、カメラの絞り、フィルムのアスペクト比、被写界深度、焦点距離、fStopなどのカメラ属性がサポートされています。

■色、強度、円錐角、半影角などの照明調整がサポートされています。

■シーンのタイムコードは、メタデータとして Unreal にストリーミングされるため、Maya と Unreal 間でプレイヘッドの同期をとることができます。

■バックバージョンのサポートにより、プラグインをMaya2018からMaya2022で使用できるようになります。

価格とシステム要件

Unreal Live Link for Maya 1.0.0 は、Maya 2018、2019、2020、2022、UnrealEngineバージョン4.27と互換性があります。価格は無料です。

以前のMaya バージョン 2016 から 2020 向けUnreal Live Link プラグインも、今まで通りUnrealマーケットプレイスから無料で入手できます。こちらは、UnrealEngineバージョン4.23, 4.26 – 4.27と互換性があります。


Unreal Live Link for Maya 1.0.0のダウンロードはこちらから

Unreal Live Link for Maya のUnrealEngineドキュメントページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました