リアルペイントソフトウェア Rebelle 5 がリリース、リアルな顔料ミックス、NanoPixelテクノロジーが搭載

CGソフト

2021年12月16日(現地時間)Escape Motionsは、リアルペイントソフトウェアの新バージョン「Rebelle 5」をリリースしました。

主な新機能

このリリースでは、伝統的な顔料調色、NanoPixel、カラーマネジメント、Photoshopプラグインなどの新機能が追加されています。

Pigments(Pro)

Rebelle 5は、世界初のRGBフルカラー色域で伝統的な顔料に基づく実際の物理的なカラーミキシングを備えたソフトウェアとなりました。

伝統的な顔料で作られたように色を混ぜ、グレーから自然に離れて曲がるより鮮やかな色を作り出し、二次的な色相を生み出すことができます。

この顔料のカラーミキシング・モデルは Šárka Sochorová氏と Ondřej Jamřiška氏によって開発され、SIGGRAPH Asia 2021では、テクニカルペーパーが公開されています。

NanoPixel(Pro)

機械学習に基づく新しいNanoPixelテクノロジーにより、リアルタイムでキャンバスにズームインしてディテールを確認することができます。

シャープなディテールで16倍ものアートワークをエクスポートしたり、絵画をA4からA0にリスケールして今までにないディテールでプリントすることができます。

Watercolor Granulation

Granulationとは、粒状になった顔料を使って作業するときに、顔料がバインダーや水から、テクスチャーのある水彩紙の谷間にウォッシュで沈殿して形成されるものです。

水彩画のストロークに美しい実物そっくりの粒状化エフェクトが追加されました。下の画像では左側がGranulationありとなります。

油絵とアクリルの改良

油絵とアクリル絵の具を使ったペイントが大幅に改良され、よりコントロールしやすいペイントが可能になりました。

ブラシストロークは互いに重なり合い、厚いレイヤーを作るのではなく、より「through each other(互いを通して)」ペイントするため、ペイントはまだ厚いもののよりコントロールしやすくなっています。

 

マルチカラー&ダーティブラシ

美しいマルチカラーのブラシストロークを作成したり、ダーティブラシを使用して最後に読み込んだ色でペイントすることができます。

オイル&アクリルツールのプロパティパネルに、新しいオプション「マルチカラーブラシ」が追加されました。「Alt」キーで色を選ぶか、「X」キーで色を混ぜることで、キャンバスやカラーセットから複数の色を数回クリックしてブラシチップに取り込み、好みの色で塗ることができます。多色のブラシストロークの始まりは、選んだすべての色で構成され、その後、これらの色の平均値となる色に混合されます。

ダーティブラシモードでは、前のストロークを終えた色が、次のストロークの始まりにブラシチップに読み込まれます。ブラシをブレンドモードにすると、キャンバスから色を読み込むことができます。

Express Oil

Express Oilsは、素早いスケッチ、コンセプト・デザイン、下絵の準備、または広い面積を素早くカバーする必要がある場合に使用する、オイルをベースにした新しいペイントツールです。

油絵具とアクリル絵具のすべての機能を使用しますが、違いは、1色のみの絵具を使用することと、絵具の厚みがないことです。

ミキシングパレット

ユーザーから要望のあった機能リアルなミキシングパレットが導入されました。

色を別のミキシングパレットパネルに置き、キャンバスに置く前にそれらを混ぜ合わせることができるようになります。顔料を使用する場合は、選択した顔料(カドミウムイエロー、カドミウムレッド、プルシアンブルーなど)に応じてパレット内の色が混色されます。

GIF

タイムラプス録画

ペイントの最初から最後までを録画し、.mp4ファイルフォーマットでエクスポートできます。次の動画はRebelle 5で録画されたタイムラプス動画となります。

Photoshopプラグイン(Pro)

FlamePainterの場合と同様に、Escape MotionsConnectと呼ばれるRebelle5用のプラグインが作成されました。

弊社ソフトウェアとPhotoshopの間で頻繁にレイヤーを交換する必要があるアーティストのために作成された特別なプラグインです。ボタン1つでレイヤーをPhotoshopに書き出したり、逆にPhotoshopからレイヤーを書き出したりすることができます。

インストール後、プラグインはRebelleとPhotoshop間の通信チャネルとしてバックグラウンドで実行され、ボタン1つでレイヤーをPhotoshopに書き出したり、逆にPhotoshopからレイヤーを書き出したりすることができます。特にPhotoshopで追加の調整を行う必要がある場合は、2つのソフトウェアプログラム間でレイヤーを交換する必要がなくなるので時間を大幅に節約できます。プラグインは「behind the scene」で機能し、RebelleとPhotoshopの間で通信するため、クリエイティブなプロセスがシームレスになります。

その他のアップデート

  • フルカラーペーパー:ペイント中にさらに自然な感じを得るために使用できる新しいタイプのペーパーである、3つの新しいフルカラーペーパーセットが追加されました。これらのペーパーはフルカラーで作成されているため、より多様で豊かな、より詳細なペーパー構造を楽しむことができます。これらのペーパーは、アドオンとして別途購入することができます。
  • 複数の参照画像:Rebelle 5から1枚だけでなく、複数の画像をそれぞれ別の画像パネルに読み込むことができます。
  • ボリュームプリセット:サイズ、不透明度、水、油分、圧力など、最も頻繁に使用するボリュームパラメータを新しいパネルに保存できます。
  • カーブエディタ:不透明度、ブラシサイズ、チップティルト、ペイントモード、およびブラシクリエータのその他の設定にカスタムカーブを設定できます。ペンの筆圧感度のカーブを修正することもできます。
  • 反転マスキング:マスキング機能の使い勝手が一段と向上しました。Rebelle 5では、マスキング液レイヤーの不透明または透明ピクセルを選択してマスクすることができます。
  • カラーマネージメント:カラーマネージメントは、ピグメントカラーミキシングとシームレスに動作するように再設計されました。この機能はRebelle 5 Proで利用可能です。

その他アップデートの詳細はブログで確認することができます。

価格とシステム要件

Rebelle 5は、Windows 10 (64-bit or 32-bit) or Mac OS X 10.14で利用できます。

Rebelle 5は、Rebelle 5スタンダード版と、Pigments、NanoPixel、カラーマネジメント、Photoshopプラグインが含まれたRebelle 5 Proの2つのエディションがあります。機能比較は以下のようになります。

Rebelle 5の通常価格は89.99ドル、Rebelle 5 Proの通常価格は149.99ドルです。Rebelle 4の既存ユーザーは50%のアップグレード割引が適用され、通常のアップグレード価格は、スタンダード版が44.99ドル、Pro版が74.99ドルとなります。


Rebelle 5 Released Today: A Whole New Level of Painting Experience

Rebelle 5 ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました