VUE & PlantFactory 2021.2 がリリース、NVIDIA Omniverse とのライブシンク機能や Unreal プラグインの追加など

CGソフト

2021年12月9日(現地時間)e-onsoftwareは、自然環境作成ソフトウェアの最新アップデート VUE & PlantFactory 2021.2 をリリースしました。

新機能ハイライト

この最新リリースでは、PBRマテリアルへのクリアコートの追加、グラフワークフローの改善、NVIDIA Omniverseとのライブシンク、Redshift & Rendermanマテリアルの変換などの新機能が追加されています。

PBRマテリアルのクリアコートチャンネル

VUEとPlantFactoryは、リアルな濡れた表面、塗装された表面、光沢のある表面を作成するためのPBRマテリアル内のクリアコートプロパティをサポートするようになりました。

強度、粗さ、色合い、屈折率、オプションの法線マップ、クリアコートの法線と通常のマテリアルやメッシュの法線をブレンドするフラット化パラメータを使用することができます。

また、クリアコートのプロパティを持つSubstanceマテリアルをロードすると、そのマップがマテリアルグラフで正しく設定されます。

ノードワークフローの改善

今後数回のリリースでVUEとPlantFactoryの両方において関数グラフが大幅に改良される予定となっており、今回はその第一弾となります。

このアップデートでは、表示および計算パフォーマンスの向上、ナビゲーター、ノードデザインの更新、サイズ変更可能なノードプレビュー、スナップ機能付き背景グリッド、より簡単な接続処理などが導入されました。


ブレンドとトポロジーの新オプション(PlantFactory)

PlantFactoryには、トポロジーとブレンディングの移行を改善する新しいオプションが含まれています。

新しい軸コントロールは、強く歪んだ軸スプラインをスムーズにすることで、生成されたメッシュを改善します。

標準的なブレンドには、トランジション領域での変位の無視、ブレンド形状のオフセット、難しい成長角度でのブレンドの連続性の確保などの新しいオプションが追加されました。

Omniverse Live Sync

NVIDIAのOmniverseプラットフォームとVUE、PlantFactory、PlantCatalogのライブシンク機能が導入されました。

VUEでシーンを構築し、それをUSDにエクスポートした後、Nucleusコアを使用してOmniverseステージにほぼリアルタイムで変更を同期することができます。これには、ライト、ビットマップベースのマテリアル、オブジェクトやメッシュの変更、さらにエコシステムも含まれます。

PlantFactoryとPlantCatalogには、Omniverse用の拡張プラグインも含まれています。OmniverseにエクスポートされたUSDプラントは、PlantFactory(レスポンシブルPlantCatalog Exporter)に送り返され、後のステージでプロシージャルなまま再び編集することができます。

シーンやアセットをRedshiftオブジェクトに変換

MayaとCinema 4D用のVUE統合プラグインを使用して、VUEシーン全体を既製のRedshiftマテリアルで変換できるようになりました。

この機能を利用するには、新しいOCIOワークフローを備えたRedshift 3.0.46(またはそれ以上のバージョン)以上が必要です。

この機能は現在テクノロジープレビューとして利用でき、Maya 2020以降とCinema 4D R23以降でサポートされています。今後のリリースで、より多くのバージョンや他のアプリケーションにサポートを拡大する予定です。

MayaでのRendermanのネイティブマテリアル作成

VUE統合プラグインは、Maya 2020以降でRenderman 24をサポートするようになりました。レンダーエンジンをRendermanに設定し、統合プラグインでVUEシーンをロードしてから、Renderman PxrSurfaceマテリアルで任意のオブジェクトをネイティブメッシュに変換します。

このリリースでは、カラー/アルベド、アルファ、ノーマルマップなどの基本的なマテリアルプロパティをサポートしています。また、PBRマテリアルも変換可能です。将来的には、より多くのマテリアルプロパティが追加される予定です。

Unreal Engine 4 テクノロジープレビュー(PlantFactory)

Unreal Engine 4 用 PlantFactory プラグインの最初のバージョンが利用可能になりました。

このプラグインは、「Unreal 4.24」から「Unreal 4.27」までをサポートしています。他のインテグレーションと同様に、この新しいプラグインでは、ネイティブの *.tpf フォーマットのプロシージャル植物を UE4 内で直接開くことができ、季節、成熟度、健康状態、その他のパブリッシュされたパラメータを調整することができます。新しいバリエーションの生成、風の強さやポリゴンの解像度の調整、プリセットの切り替えなどが可能です。

植物を Unreal actor に変換して、アニメーションまたは静的な状態にすることができます。これは、従来のエクスポート – インポート ワークフローを使用するよりも、はるかに便利な方法で PlantFactory の植物をゲームに導入することができます。

互換性の追加

このリリースでは、以下のホストアプリケーションのバージョンおよびレンダーエンジンに対するプラグインの互換性が追加されています(太字の項目は新規)。

Vue

  • 3D Studio Max 2018〜2022
  • Maya2018〜2022
  • Cinema4DR18〜R25
  • NVIDIA Omniverse
  • Lightwave11.6〜2020
  • V-Ray5およびArnoldバージョン7まで
  • Renderman 24 for Maya(2020以降)
  • Redshift 3.0.46以降(Maya(2020以降)およびC4D(R23以降)用)

PlantFactory 2021.2

  • 3D Studio Max 2016〜2022
  • Maya2015〜2022
  • Cinema4DR20〜R25
  • Unreal Engine 4.24〜4.27
  • NVIDIA Omniverse
  • Lightwave11.6〜2020
  • V-Ray5およびArnoldバージョン7まで
  • Renderman 24 for Maya(2020以降)
  • Redshift 3.0.46以降(Maya(2020以降)およびC4D(R23以降)用)

他にも多くの改善や修正があります。

VUEとPlantFactory2021.2のすべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

VUEとPlantFactory2021.2は、Windows 64ビット(Windows 8、Windows10またはWindows11)、macOS 10.14-12で利用することができます。

VUEとPlantFactoryの内部だけで作業することができるノードロックライセンス Creator Solutionが、199ドル/年または19.95ドル/月。

エクスポート機能、無制限のレンダリングサイズ、マルチパスおよび統合プラグインを備えたノードロックライセンス Professional Solution が、750ドル/年または75ドル/月。

25のRenderNodesネットワークレンダリングライセンス、植生種のライブラリPlantCatalogが含まれたフローティング(リクエストに応じて)およびノー​​ドロックライセンス Enterprise Solution が、999ドル/年または99ドル/月です。

それぞれのエディションの機能比較の確認、体験版のダウンロードはこちらから

各アプリケーションの最新ビルドをダウンロードは、ソフトウェアセンターから可能です。


What’s new in VUE 2021.2

What’s new in PlantFactory 2021.2

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました