デスクトップ版 Illustrator 26.0 & iPad 版 Illustrator 2.0 がリリース

CGソフト

2021年10月26日、Adobeは、ベクターグラフィックスデザインアプリの最新アップデート デスクトップ版 Illustrator 26.0 と iPad 版 Illustrator 2.0(2021年10月リリース) をリリースしました。

今回のアップデートは、今日から始まる Adobe MAX 2021 に合わせて、他のAdobeのソフトウェア、 Photoshop や AfterEffects などとともにリリースされました。

デスクトップ版 Illustrator 26.0 新機能

3D 効果の適用(Technology Preview)

回転、リボルブ、押し出し、ライト、シャドウなどの 3D 効果をベクターアートに簡単に適用し、3D グラフィックスを作成できるようになりました。

これらのすべての効果は、Adobe Substance マテリアルやレンダリングオプションなどと併せて、単一の 3D パネルで見つけることができます。

追加されたパネルの説明はこちらから確認することができます。

Adobe Substance マテリアルを使用してテクスチャを追加(Technology Preview)

Substance マテリアルを使ってアートワークにテクスチャを追加し、リアルな 3D グラフィックスを作成できます。独自のマテリアルを追加することも、何千もの Adobe Substance マテリアルアセットから選ぶこともできます。

コメントのための共有

アートワークへのリンクを、共同編集者やチームメンバーなど、誰とでも共有できます。リンクを持っている人であれば誰でもアートワークを表示してフィードバックを共有することができるので、シームレスな共同作業ができます。共有ドキュメントに追加されたレビューコメントは、Illustrator で表示可能です。

検索パネルでのコンテキストに即したセルフガイドコンテンツ

検索パネルを使用すると、新しい機能に関するヘルプが表示されます。ユーザーのスキルや作品にもとづいたお薦めのヒントとチュートリアルも含まれます。

不足しているフォントのシームレスなアクティベーション

不足しているフォントがあっても、手作業で直す必要なくどのコンピューターでもドキュメントを読み込んでシームレスに作業できるようになりました。環境に無いフォントは、Adobe Fonts の対応するフォントに置き換えられます。

同じ属性のテキストを一度に選択

ドキュメント内のすべてのテキストボックスを選択して、テキストの特徴を変更することができるようになりました。これにより、テキストボックスを 1 つずつ手作業で処理したり、Illustrator アプリケーションから離れて作業する必要がなくなりました

リンクされたクラウドドキュメントの配置

リンクされた PSD クラウドドキュメントを、Illustrator ドキュメント内に配置または埋め込むことができるようになりました。ファイルを編集するときには、PSD クラウドファイルをアップデートするか再度リンクしてアートボードに埋め込みます。

HEIF および WebP 形式のサポート

High-efficiency Image Format(HEIF)または WebP 形式のファイルを Illustrator で開いたり配置したりできるようになりました。Windows 上の Illustrator で HEIF 形式のファイルにアクセスするには、コーデックファイルが必要となります。

簡素化された変数幅の線

線のパスが簡素化されたことにより、変数幅の線を少ないアンカーポイントで簡単に調整したり拡大できるようになりました。


デスクトップ版 Illustrator 26.0のすべてのアップデート内容の確認はこちらから

 iPad 版 Illustrator 2.0 新機能

ブレンドツールを使用したオブジェクトのブレンド

Illustrator iPad 版では、ロゴやイラストを作成するときにオブジェクトをブレンドできるようになりました。

カンバス上のコントロール、「ブレンド」オプション、またはタッチショートカットを使用してブレンドオブジェクトを修正し、オブジェクトをより細かく定義できます。さらに、パスにブレンドを追加し、カリグラフィやアーティスティックなバナーにクリエイティブなタッチを持たせることもできます。

GIF

ラスタライズ画像をベクターアートに変換 (Technology Preview)

ラスタライズ画像やスケッチを、タップするだけでベクターアートに変換できるようになりました。

ベクター化ツールを使用して、ラスタライズ、ビットマップ画像、またはスケッチ(JPEG、PNG、PSD など)をベクターアートに変換できます。iPad から画像を配置したり、内蔵カメラから画像をキャプチャしてベクターアートワークに変換したりできます。

シェイプ変形ツールを使用して複雑なシェイプを変形する

この機能は Adobe Sensei の技術を活用しています

シェイプ変形ツールを使用して、Illustrator iPad 版で複雑な形状のジオメトリ構造を分析および調整できます。アンカーポイントを手動で調整しなくても、同様の曲線や線を簡単に修正できます。

ブラシツールを使用したパスのスタイル設定

オブジェクトへのブラシスタイルの適用、アートブラシやカリグラフィブラシのカスタマイズ、お気に入りへのブラシの追加などを行うことができます。

コメント付きのシームレスなレビュー

アートワークへのリンクを、共同編集者やチームメンバーなど、誰とでも共有できます。リンクを知っているすべてのユーザーは、アートワークを表示したり、フィードバックを共有したり、共有ドキュメント内のコメントをレビューしたりして、シームレスな共同作業ができます。

リンクされたクラウドドキュメントの配置

リンクされた PSD クラウドファイルは、Fresco または Photoshop から Illustrator iPad 版に読み込むことができます。ファイルを編集するときには、PSD クラウドファイルをアップデートするか再度リンクしてアートボードに埋め込みます。

定規とガイド

Illustrator iPad 版で定規とガイドを使用して、アートボード上のオブジェクトを正確に配置して測定できるようになりました。「ガイド」オプションを使用すると、垂直ガイドと水平ガイドを有効にしたり、アートワークを操作するために簡単にカスタマイズしたりできます。

内蔵カメラからカラーをキャプチャ

この機能は、Adobe Capture の技術を活用しています

Illustrator iPad 版に内蔵されているカメラを使って、自由にカラーを選んでスウォッチに追加できます。

線ツールの追加

直線を描画できる Illustrator iPad 版のシェイプツールのリストに、線ツールが追加されました。


iPad 版 Illustrator 2.0のすべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

価格

Illustrator デスクトップ版

Illustrator デスクトップ版のシステム要件はこちらから確認できます。

Illustrator デスクトップ版は、Adobe Creative Cloud コンプリートプラン、または単体プランとして購入することができます。価格は以下のようになっています。

■creativecloudコンプリートプラン

  • 年間プラン, (月々払い) — 5,680 円/月
  • 年間プラン, (一括払い) — 65,760 円/年
  • 月々プラン — 8,980 円/月

■単体プラン

  • 年間プラン, (月々払い) — 2,480 円/月(税別)
  • 年間プラン, (一括払い) — 26,160 円/年(税別) 月額2,180円相当
  • 月々プラン — 3,480 円/月(税別)

Illustrator iPad 版

Illustrator iPad のシステム要件はこちらから確認できます。

Illustrator iPad 版は、Adobe Creative Cloud コンプリートプランと単体プランのどちらにも含まれており、Adobe ID でログインし、Illustrator iPad 版をダウンロードしてすぐに利用することができます。

Apple App Store 経由での購入は、 1,080 円/月 です。初めて利用する方はま、1か月の無料体験版が利用できます。

また、Illustrator iPad 版は、1600円/月または15800円/年のアドビデザインモバイルバンドルにも含まれています。


Illustrator ウェブサイトへ

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました