地形生成ツール Gaea 1.3 Bleeding Edge がリリース、新しいノードの追加、安定性の向上など

CGソフト

2021年10月8日(現地時間)QuadSpinner は、地形生成ツールの最新アップデート Gaea 1.3 Bleeding Edge をリリースしました。

Bleeding Edgeビルドとはベータ版のような位置づけとなります。最終リリース(10月下旬から11月上旬)までの間に、いくつかのBleeding Edgeビルドがリリースされる予定となっています。

Gaea 1.3 新機能

Gaea 1.3はLTS(Long Term Support)ビルドとなり、公式に推奨されるビルドとなります。

新機能ハイライト

  • Gaeaでの作業方法を再定義する主要な新ノード。
  • Tiled/Distributed Builds* – 最も要望の多かった機能の一つです。
  • デザイン中にタイルを1対1でプレビューすることができます。
  • シームレスなタイリング – どんな地形にも対応。
  • 最も重いノードでの処理が20~40%高速化。
  • Texture、Anastomosis、Lightなどのヘビーノードでの再処理が60~80%高速化。
  • これまで10~15秒かかっていたマシンでも、2秒程度で起動するようになりました。
  • 2Kおよび4Kプレビューの処理と応答性が向上。
  • メモリ使用量が減少しました。プレビューのメモリ使用量が80%減少しました。
  •  Sediment Removal(堆積物の除去)とWizard(ウィザードノードを備えた次世代のErosion(侵食)。
  • Erosion Studioの最適化とUIの改善。
  • Erosion Studioはスタートメニューから直接アクセスできるようになりました。
  • 新しいSophiaアルゴリズムによるメッシュの最適化。
  • ターンテーブルアニメーター
  • Navigation Overhaul: Wacom、XP-Pen、その他のタブレットをフルサポート。
  • ナビゲーションの刷新:Mayaスタイルのコンフィグでカスタマイズ可能なナビゲーション。
  • ナビゲーションの刷新: 一人称視点が復活!
  • 20以上の影響度の高いバグを修正。
  • 100以上の中・低影響のバグを修正
  • 70以上の新しいチュートリアルとクイックスタート*。
* – Bleeding Edgeの初期ビルドでは利用できません。

安定性とパフォーマンスの向上

1.3では、ユーザーから報告があった主要問題を解決することに多くの時間が費やされており、これまでで最も安定したGaeaのビルドになったとされています。

また、コードの3分の1が書き直されたことで、高解像度のプレビューを扱う際の作業効率が20~30%向上しています。

新しいノードと改良

■新しいノード

Gaea 1.3では17個の新しいノードが追加されました。文字だけで少しわかりにくいですが、すべての新機能とノードを紹介する動画が近日中に公開されるようですので、公開されたらまた紹介しようと思います。

・Rocky:砕けた岩の床を作成するプリミティブです。他の形状にも岩のディテールを加えることができます。

・Wizard:侵食シミュレーションの全く新しい使用方法で、簡単な選択と洗練されたビルトインレシピを備えたインターフェースを提供します。また、マルチパス侵食にも対応しています。

Seamlessシームレス):このノードは、入力された地形やカラーマップをタイル状/繰り返しパターンに変換することができます。ほとんど手間がかかりません。

・Rugged:LookDevのノードで、任意のサーフェスに岩のようなディテールを追加して、険しいフォーメーションに変えます。表面的なディテールにも、強烈なモディフィケーションにも使用できます。どんな形状にも、特にシンプルで特徴のない形状にも、このノードを取り付けるだけで、その効果を実感できます。

・Canyon:シンプルで高速、かつ詳細なキャニオンのプリミティブです。排水をベースにした川の峡谷を作ります。

・Craterfield:元々は独立したノードでしたが、より使いやすくするためにCraterノードに統合されました。古典的な月面の外観を作成します。また、柔軟性があるので、さまざまなエイリアンの表面を作ることもできます。

・Sea:水のノードで、内陸部には手を付けずに端から水面を追加することができます。また、海岸の浸食も可能です。このノードはCoastに代わるものです。

・DriftNoise:重なり合う「棚」を作ることができるユニークなプリミティブです。崖から亀裂の生成まで様々な場面で使用できる汎用性の高いプリミティブノイズです。

・Gabor:一般的なPerlinやVoronoiノードと比較して、特徴的な形状を追加するもう一つのノイズプリミティブです。砂のようなパターンや変調された丘などの作成に使用できます。PerlinやVoronoiと並んで、Gaeaの基盤となるノードの1つです。

・LoopBeginとLoopEnd:2つの新しいロジックノードで、これら2つのノードのチェーンに含まれるノードの処理を繰り返すことができます。

・Sunlight:任意の期間(最大365日)の日照積分(サンライト/シャドウマップ)がわかるデータマップです。これを利用して、雪解けや植生の成長などを促進することができます。このノードは世界のあらゆる緯度に対してリアルな結果を出すので、プロジェクトが依存するあらゆる地域に特化させることができます。

・Distance:Apexの後継となる距離変換ユーティリティで、どんな大きな平面形状でも、そこから山のような形状を作り出すことができます。低レベルのユーティリティです。

・SoftClip:指定したしきい値以上の形状の強度をソフトに下げることができる低レベルのユーティリティです。これは、Heightノードで形状をマスクし、その部分をクランプすることに匹敵します。このようなカスタムセットアップとは異なり、SoftClipノードはより良い結果を驚異的な速さで提供し、セットアップも必要ありません。

・TiledInput:イメージやハイトフィールドのタイルセットを取り込み、1:1のタイル処理に使用したり、1つのイメージに結合したりすることができます。このノードでは、他の場所で作成されたワールドのタイルセットを持ち込むことができ、通常のビルドでもタイル化されたビルドでも、Gaeaの処理を使用することができます。入力と出力のタイルサイズが同じであれば、Gaeaはより高速なビルドに最適化されます。(初期のBleeding Edgeでは利用できません)。)

・Slump(スランプ):スランプ(崩れた)部分を持つ比較的滑らかな丘を作成するシンプルなプリミティブです。大きなランドスケープを作成するのに非常に便利です。

・Hill(丘):Mountainノードの親戚で、小規模な形成のニーズを模倣するために、小さな浸食を組み込んだ独立した丘を作成するプリミティブです。

・Insert:ターゲットとなるハイトフィールド(heightfields)の相対的な高さを維持したまま、疎なハイトフィールドを別のハイトフィールドに挿入するユーティリティーノードです。一般的な例としては、平らな(クリップされた)表面に岩を作成し、それを地形に挿入することが挙げられます。MaxやAdd combineとは異なり、Insertは挿入されたハイトフィールドを保持し、下にあるハイトフィールドからのアーティファクトや形状は追加されません。

■ノードの改良点

  • Sediment Removal(堆積物の除去):ErosionとThermalノードの新機能で、侵食シミュレーションで生成された堆積物を除去することができます。これは地形全体で均一にコントロールすることも、マスクを使ってコントロールすることもできます。
  • FractalTerraces、Mountain、Crater、Dunes、Sand、Hydro、Anastomosis、MultiFractal、Canyonizer、Occlusion、Maskに新機能が追加されました。
  • メッシャーで構造を選択できるようになりました。Tris、Quads、Sophia アルゴリズムのいずれかを使用した Tris の最適化を選択できます。

10月18日に行われたライブ配信では、新機能の一部が紹介されています。

重要な変更

古いプロジェクトに影響を与える可能性のある変更点があります。古いファイルを1.3にアップグレードする前に、バックアップを取ることが推奨されています。

廃止されたノードは古いファイルに残りますが、できるだけ早く置き換えることをお勧めします。将来のアップデートではサポートされない可能性があります。

古いノードの形状を正確に残したい場合は、高解像度のR32/RAWファイルに保存し、それをFileノード経由で使用すると良いようです。

【変更リスト】

  • BiasGain、Contrast、Invertの各ノードは廃止されました。代わりにFxまたはポストプロセススタックを使用してください。
  • HSLノードが廃止されました。代わりはColorFXを使用してください。
  • Mixerノードが廃止されました。代わりに Combine を使用してください。
  • SubTerrace ノードが廃止されました。
  • Biome ノードが廃止されました。
  • Draw ノードが廃止されました。代わりに Mask + Distance を使用することを推奨します。
  • Details(詳細)ノードが完全に作り直されました。後方互換性はありません。
  • Sand ノードが完全に作り直されました。後方互換性はありません。
  • Dunes(砂丘)ノードが完全に作り直されました。後方互換性はありません。
  • Rocks と RockSlide は廃止されました。
  • Crater(クレーター)ノードの Volcano(火山)モードが廃止されました。代わりに Impact Crater モードを使用してください。
  • すべてのノイズ関連ノードからPoissonノイズが削除されました。
  • Igneous の Channels モードが廃止されました。
BiomeやSubterraceのように、期待通りの進化を遂げなかったノードが削除されましたが、これらのノードは将来的に新しい形で復活する予定とのことです。
また、Gaea 1.3では、新しいランタイムであるVisual C++ 14.28(VS16)を使用しています。ランタイムが見つからない場合は、インストーラーが自動的にインストールを試みます。
ほかにも多くの修正があります。すべてのアップデート内容の確認、Bleeding Edgeのダウンロードはこちらから

価格とシステム要件

Gaeaは、現在Windows 7-Service Pack 1以降で利用できます。

価格はすべて永久ライセンスでIndieライセンスが99ドル、Proライセンスが199ドル、Enterpriseライセンスが、299ドルとなります。

すべてのマイナー(0.x)アップデートは無料、メジャーアップデート(x.0)は有料アップグレードとなります。

無料のコミュニティバージョンもあります。それぞれの機能比較はこちらから


QuadSpinner Gaea ウェブサイトへ

Gaea 1.3 Bleeding Edge

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました