Nvidia Omniverse Enterprise の価格が明らかに

CGソフト

2021年9月28日、Omniverse Enterpriseの料金プランが、Omniverse ウェブサイトのFAQで公開されました。

現在利用できる NVIDIA Omniverse オープンベータは、個人とコミュニティメンバーが、ベータ版の SDK をテストする目的で利用できます。サポートは公開フォーラムとオンラインチュートリアルシリーズを介して受けることができます。

NVIDIA Omniverse プラットフォームは、ベータ期間が終了した後も、引き続き個人利用は無料となるようです。自分ともう1人との間で共同作業を行うことができます。

Omniverse Enterprise について

NVIDIA Omniverse Enterprise は、USD ベースのコラボレーションを管理する Omniverse Nucleus サーバー、業界をリードするデザイン アプリケーションのプラグインである Omniverse Connector、そしてエンドユーザー アプリケーションの Omniverse Create と Omniverse View が含まれる、新しいプラットフォームです。

Omniverse Enterprise は、NVIDIA RTX 搭載のノート PC とデスクトップ、データ センターの NVIDIA EGX™ 上の NVIDIA-Certified Systems™ で実行できるよう、テスト、最適化されています。それにより、ローカルのデスクトップとノート PCを使用する小規模なワークグループから、さまざまなデバイスを利用してデータ センターにアクセスする、世界中に散らばったチームまで、あらゆる規模の組織全体に Omniverse Enterprise を展開できます。

サブスクリプションには、フル エンタープライズ サポートサービスも含まれています。たとえば、SUMS (Support, Upgrades, and Maintenance/サポート、アップグレード、メンテナンス) ではメール、電話、Web ポータルでテクニカル エキスパートに直接連絡できるため、システムのダウンタイムを最小限に抑え、システム使用率とユーザー生産性を最大限まで高めることができます。

Omniverse Enterpriseには以下が含まれます。

  • Omniverse Nucleus、アセット交換とバージョン制御をワークステーションまたはマイクロサービスを含むEnterprise NucleusServerデプロイメントとして管理するコラボレーションエンジン
  • Omniverse Connector 、業界をリードする設計アプリケーションへのプラグイン
  • エンドユーザーアプリケーションOmniverse Create および Omniverse View
  • Omniverse Kit、拡張機能、アプリ、マイクロサービスを構築するための開発者ツールキット
  • Omniverse Enterprise LauncherIT展開ツール
  • サポート、アップグレード、メンテナンス(SUM)、電子メール、電話、およびWebポータルを介した8×5サポートを含む完全なエンタープライズサポート)

Omniverse Enterpriseに含まれるツールについては、こちらの記事でも説明しています。

[12/18更新]リアルタイムコラボレーションとシミュレーションのためのオープンプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」ベータ版が発表
12/18更新:NVIDIA Omniverseオープンベータ版がダウンロード可能になりました。更新部分へ Nvidiaは10月5日(現地時間)、GTC 20...

価格について

Omniverse Enterpriseソリューションは、Creator 2名、Reviewer 10名、Nucleusサブスクリプション4名のワークグループで、年間9,000ドルからとなります。8月の発表時には14,000ドルからとアナウンスされていましたが、引き下げられたようです。

NVIDIA、シミュレーション&コラボレーションプラットフォーム NVIDIA Omniverse の拡張を発表
2021年8月10日(現地時間)NVIDIAは、シミュレーションおよびコラボレーションプラットフォーム NVIDIA Omniverse の拡張を発表しました。...

Omniverse Enterprise には、3つのサブスクリプションコンポーネントがあり、次のようになっています。

■Omniverse Enterprise Creator サブスクリプション

1フローティング(同時)ユーザーライセンスあたり年間2,000ドル

  • ワークステーションおよび仮想ワークステーション上でのシーン合成、シミュレーション、レンダリングを可能にする。
  • Omniverse Create、Kit、Extensions、Batchマイクロサービス(最大64GPUまで)、NVIDIA Enterprise Supportの使用を含む。
  • 初回購入時にCreatorサブスクリプションを2つ以上購入

■Omniverse Enterprise Reviewer サブスクリプション

フローティング(同時)ユーザーライセンス1件につき年間100ドル

  • ワークステーションおよび仮想ワークステーション上のユーザーのレビューおよび承認機能を実現
  • レビュー担当者がコメントやマテリアル/テクスチャ/基本形状の微調整を行うためのOmniverse Viewビジュアライゼーションアプリの使用とNVIDIA Enterprise Supportが含まれます。
  • Reviewerサブスクリプション10個以上の初回購入

■Omniverse Enterprise Nucleus サブスクリプション

指定ユーザー1名につき年間1,000ドル

  • サーバーやワークステーション上で展開されるコラボレーションとスケーラブルなコアマイクロサービスを提供
  • Nucleus Workstation, Enterprise Nucleus Server & NVIDIA Enterprise Support
  • Nucleusサブスクリプションを4つ以上購入する必要があります。

すべてのサブスクリプションには、Omniverse Enterprise Launcher、Omniverse Enterprise Connectorsが含まれます。

価格のガイド情報はこちらから

発売時期

Omniverse Enterpriseは、ASUS、BOXX Technologies、Cisco、Dell、HP、Lenovo、PNY、Supermicroなどの大手コンピュータメーカーからなるNVIDIAのパートナーネットワークから、今年後半にパートナーネットワークから入手できるようになる予定です。

現在、専用のアップデートを受けられるアーリーアクセスプログラムに申し込むことができます。


Omniverse Enterprise ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました