スポンサー

デスクトップ & iPad版 Photoshop 2021年8月リリースが利用可能に

CGソフト

2021年8月17日(現地時間)Adobeは、画像編集ソフトウェアの最新アップデート Photoshop 22.5 と Photoshop on the iPad 2.7(2021年8月リリース) をリリースしました。

Photoshop 22.5 新機能

「空を置き換え」機能の改善

空プリセットフライアウトメニューの新しいメニュー項目を使用して、Adobe Discover Web サイトにアクセスし、無料で多数の空の画像を表示してダウンロードできるようになりました。

新しい「ワープの変形」オプション

分割ワープグリッド内の変形を行うことができるようになりました。これにより、パッケージデザイナーは、コントロールハンドルを簡単に分離して移動し、作品を商品に合わせることができるようになります。

Control(Win)/Command(Mac)修飾キーを使用すると、メニューバーに戻らずにワープの分割オプションをすばやく切り替えることもできます。

コントロールハンドル(「ベジェ」ハンドル)にはユニゾン(Unison)と独立(Independent)の2つオプションがあり、「ユニゾン」は、1 つのハンドルを移動すると、すべてのハンドルが一緒に移動し、一方「独立」は、各ハンドルは、アンカーポイントに関連する他のハンドルに影響を与えずに移動します。

アプリ内の検索の機能強化

検索パネルのホームの「新機能」セクションを使用して、Photoshop の新機能を紹介するコンテンツにアクセスできます。

その他の機能強化

この他にも、Photoshop Betaプログラム、従来の「名前を付けてエクスポート」オプションの使用、ニューラルフィルタの改善、その他お客様から報告された問題の解決などのアップデートがされています。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

ベータ版へのアクセス方法は次の動画から確認できます・

iPad 版 Photoshop 2.7 新機能

マジックワンドによるオブジェクトの抽出

マジックワンド機能が追加されました。Photoshopを代表するこの機能は、平らな背景からオブジェクトを素早く抽出したり、不規則な形状のエリアを素早く選択したり、はっきりとした色の要素を選択したりするのに便利です。

キャンバスを映し出す

iPadをHDMIまたはUSB-C経由で外部ディスプレイ(モニター、テレビ)に接続すると、PhotoshopのUIを介さずにキャンバスがディスプレイに投影され、編集中のドキュメントをライブで見ることができます。
キャンバスを投影するには、「アプリ設定」ダイアログの「一般」を開き、キャンバス投影を有効にします。
すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

デスクトップ版 Photoshop

デスクトップ版Photoshopは、現在Windows 10(64 ビット)バージョン 1809 以降、macOS Mojave(バージョン 10.14)以降で利用できます。詳しいシステム要件の確認はこちらから

PhotoShopの価格はサブスクリプションで、、単体プランで2,728 /月 (税込)、フォトプラン 1,078 /月 (税込)やコンプリートプラン 6,248 /月 (税込)にも含まれています。

デスクトップ版PhotoShopにはiPad版のライセンスも付属しています。また、単体プランではAdobeFrescoも利用できます。

価格の確認はこちらから

iPad 版 Photoshop

iPad 版 Photoshopは、iPadOS(13.1)以降で利用できます。詳しいシステム要件はこちらから

価格はサブスクリプションで、1080/月 または、8600/年です。

アプリストアから Photoshop iPad 版のサブスクリプションを購入すると、Photoshop iPad 版とAdobe Fresco の両方にアクセスできます。


Photoshop ウェブサイトへ

iPad版 Photoshop AppStoreページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました