スポンサー

AIによる自動タグ付け支援機能を搭載したVFX用のアセット管理ソフトウェア「das element」

CGソフト

2021年8月1日(現地時間)にリリースされたVFX用のアセット管理ソフトウェア「das element」の紹介です。

das element とは

das element は、VFXのエレメントライブラリを管理・整理すことができるソフトウェアです。ScanlineVFXMackevisionのVFXEditorとして仕事をした経歴をもつJonas Kluger氏によって作成されました。

エレメントライブラリは、日々のVFXワークフローにおいて重要な役割を果たしており、das element を使用し、ライブラリをきちんと構造化、整理することで、アーティストはショットに最適なエレメントを素早く見つけることが可能になります。

das elementでは、アセットをフォルダ階層ツリー)構造と命名規則に基づいて保存されます。アセットの保存時にはプロキシファイルが作成され、サムネイルやクイックプレビューが可能です。VFXの要素だけでなく、テクスチャ、参照画像、インターネットからのクリップ、マットペインティングなども分類できます。

複数のライブラリを作成可能で、特定のプロジェクトのために個別のライブラリを作成することができ、作成したデータベースは、世界中のスタジオ全体で共有することができます。

このソフトウェアは、OpenEXR、DPX、PSD、QuickTime (.mov)など、一般的な画像や動画のファイル形式に対応しています。(現在、3Dファイルには対応していません。)また、完全にオフラインで動作し、インターネット接続を必要としないのも特徴です。

■AIを活用した自動タグ付け機能

エレメントを素早く見つけるためには、タグ付けされたエレメントが不可欠です。das elementでは、これを支援するために、自動タグ付け機能が搭載されています。

この機能は、VFXエレメントに特化して訓練された独自の機械学習モデルを使用しており、ファイヤーのようなメインカテゴリーだけでなく、フレーム、ロールオーバー、トーチなどの子カテゴリーも認識します。

この自動タグ付け機能は、あくまで支援機能であり、場合によっては間違っている場合があるためチェックする必要がありますが、AIモデルは時間とともに向上し、カテゴリーの数は常に増加していきます。

VFXの専門家が開発したソフトウェアなので、VFXスタジオの特定のニーズを理解しており、他にも便利な機能があります。あるエレメントがすでに含まれているかどうか判別し、必要に応じてその場所に導いてくれたり、エレメントがどこから来たのか、元のカラースペースは何だったのかを追跡することができたり、シーケンスにフレームが欠けている場合に警告してくれたりします。

価格とシステム要件

das elementは、Linux(Debian / Centos)/ Windows10(MacOS版は今後リリース予定)で利用できます。

standard、lite、cliの3種類のエディションがあり、それぞれの価格は次のようになります。

■standard:このスタンダード版は、デジタルメディアアセットの整理に役立つソフトウェアです。パイプラインやレンダリングテンプレートを設定したり、ライブラリを作成したり、フォルダ構造にファイルを取り込んだりすることができます。AI機能は、要素のタグ付けをサポートします。価格は、499ユーロ(約64000円)/年です。

■lite:ライトバージョンは、アーティストがライブラリをブラウズするために使用します。複数のライブラリを読み込むことができます。ライブラリの作成、インジェスト、AI機能は使用できません。価格は、49ユーロ(約6300円)/年です。

注:このライトバージョンだけを手に入れても、あまり意味がなく、ライブラリをセットアップするには、少なくとも1つの標準バージョンが必要です。

■cli:CLIバージョンは、与えられたメディアファイルに対するラベルの予測を返すコマンドラインソフトウェアです(GUIはありません)。これは、レンダリング後の処理で、レンダリングにラベルを付けるために使用できます。価格は、399ユーロ(約51500円)/年です。

ライセンスは、サブスクリプション形式で、すべてのライセンスはフローティングライセンスとなります。

それぞれのエディションの価格、機能比較、システム要件の確認はこちらから


das element ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました