スポンサー

キャラクターに物理ベースのリアルな2次モーションを追加できるMaya用プラグイン Ragdoll Dynamics 1.0

プラグイン

2021年7月28日(現地時間)にリリースされたMaya用プラグイン Ragdoll Dynamics 1.0 の紹介です。公式では現在アリーアクセス期間のようです。

Ragdoll Dynamics

背景

Ragdoll Dynamicsの開発者である、Marcus Ottosson氏は、Framestore、Goodbye Kansas 、日本のStudio Anima で仕事をした経歴をもちます。

Ragdoll Dynamicsの前身となる物理ベースのアニメーションツールWeightShift Dynamicsは、Framestore(ハリー・ポッター、グラビティなど)やWeta Digital(アバター、ロード・オブ・ザ・リングなど)などの長編映画スタジオで採用されていました。なお、このツールを開発していたWeightShiftは、2020年Epic Gamesに買収されています。

機能

Ragdollは、Maya用のリアルタイム物理ソルバーです。リアルタイムの物理システムを使用し、高速で自動的にオーバーラップするリアルなモーションを作成することができます。

このツールは、ネイティブのnClothソルバーやnHairソルバーと似ていますが、ポイントではなくトランスフォームで動作します。ポイントからの変換を不要なので、簡単に既存のアニメーションコントロールと合わせて使用することができます。

上の動画のように、通常のキーフレームアニメーションでシミュレーションされたキャラクターを操作することができます。ここでは青がターゲットポーズで、カラフルな方がそれに従っています。
translateと rotateのチャンネルがあれば、何でもシミュレート可能で、布にも使えますし、筋肉、脂肪、腱のような内部で行われるオーバーラップのアニメーションも作成できます。

このプラグインは、Mayaの新しいキャッシュプレイバックシステムをサポートしており、ソルバーは別々のプロセッサスレッドで実行することができます。

また、Ragdoll DynamicsのUnlimitedライセンスでは、Python APIとJSON形式でデータをエクスポートするオプションが用意されており、MayaとRagdoll Dynamicsを使用して、Blender、MotionBuilder、Unity、Unreal Engineなどの他のゲームエンジンやDCCアプリケーション用の物理シーンを作成することがで可能です。

価格とシステム要件

Ragdoll Dynamicsは、Windows 10+ または CentOS 7+ で動作するMaya 2018-2022で利用できます。

価格は、非商用の個人永久ライセンスは99ポンド(約15,000円)。

商用ライセンスは、Complete、Unlimited、Batchの3種類があり、永久ライセンスはそれぞれ499ポンド(約76,000円)、1299ポンド(約199,000円)、199ポンド(約30,000円)からとなっています。ほかにもサブスクリプションランセンスも用意されています。詳しい価格の確認はこちらから、各ライセンスの価格と機能のまとめついてのはこちらのページで確認できます。

ご購入前にプラグインを試したい場合は、30日間の無料トライアルをダウンロードすることが可能です。

無料トライアルをダウンロードはこちらから

こちらの公式Youtubeチャンネルでは、Ragdoll Dynamicsの基本的な操作を学ぶことができます。また公式のサンプルも用意されており、こちらからダウンロード可能です。


Ragdoll Dynamics プロダクトページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました