スポンサー

Imerge Pro 2021.3 がリリース、8つの新しいエフェクトが追加

CGソフト

2021年7月29日(現地時間)FXhome は、画像編集ソフトウェアの最新アップデートImerge Pro 2021.3をリリースしました。

新機能

このリリースでは、8つの新しいエフェクト、新しく改良されたエフェクトメニュー、ワークフローを高速化する新しい「エフェクトスタック」プリセットが追加されています。

8つの新しいエフェクト

■Caustics:このエフェクトは、caustic 照明エフェクトとマッチング変位を作成し、水中イメージや水辺の反射のきらめきの外観をシミュレートします。

■Roughen Edges:既存の7つのマスクタイプに加えて、新しいマスキングツールとしても使用でき、「grungy」テクスチャを作成するのに非常に有効です。マスクしたい一般的な形状の周りにベクターマスクを作成し、「Roughen Edges」エフェクトを適用することで、レイヤーの可視エッジにバリエーションを持たせることができます。

■Inverted Highpass:このエフェクトはハイパス・シャープネスと似たような働きをしますが、逆に画像の細かい部分を滑らかにする一方で、より大きなスケールのコントラストを維持します。

■カラーバランスとシャドー&ハイライト:2つの新しいカラー調整機能が追加されました。カラーバランス – レイヤーのハイライト、シャドウ、ミッドトーンにRGB/CMYの色調補正を行うことができます。

■モザイク:新しいモザイク効果を含む3つのスタイル化/グラフィック効果が追加されています。モザイクエフェクトは、標準的な「ピクセレーション」や「フラグメント」エフェクトが可能です。

■ペンシルスケッチ:このエフェクトは、単に画像の細部を「スケッチのような輪郭」にするだけではないものを目指して作成されました。シェーディングから、鉛筆のストロークの太さや方向、ガイドライン、さらには紙の粗さに至るまで、すべてをコントロールできます。

■エンボス:画像の詳細に基づいて3Dエッチング/メタルプリント効果を作成します。

新しいエフェクトメニューとエフェクトスタックのプリセット

エフェクトメニューを全面的に刷新し、より簡単に、より素早く操作できるようになりました。サイドバーをスクロールすると、各エフェクトに簡単な説明とライブプレビューが表示され、サイドバーから直接、エフェクトスタックのお気に入り登録、分類、作成、更新、適用ができます。

また、新しい「エフェクト・スタック」プリセットが追加され、マルチエフェクト・プロセッシング・チェーンをレイヤーにすばやく簡単に適用できるようになりました。このプリセットをワークフローに組み込めば、プロジェクトの時間を大幅に短縮できます。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Windows 8 64ビット以降、macOS 10.13 High Sierra以降で動作します。

価格は199ドルです(12か月のアップデートとテクニカルサポート含む)。また、Fxhomeの他のソフトウェアとセットのバンドル製品の一部としても購入できます。

価格の確認はこちらから

無料の体験版のダウンロードはこちらから


New Release: Imerge Pro 2021.3

Imerge Pro ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました