スポンサー

Modo 15.1 がリリース、カーブブーリアンの追加、ユーザーエクスペリエンスの改善など

CGソフト

2021年7月23日(現地時間)TheFoundryは、3Dモデリング、アニメーション、テクスチャリング、レンダリングツールセットの最新アップデートModo 15.1をリリースしました。

Modo 15.1 新機能

15シリーズの2番目のリリースとなるModo 15.1では、OmniHaul、Curve Booleans、Schematic MeshOp Stacks、Deferred/Paused Evaluationの導入、mPathの継続的な改善など、ワークフローの洗練と制作プロセスを大幅に改善する機能追加がされています。

ユーザーエクスペリエンス

OmniHaul

Modoの最大の強みの一つは、カスタマイズ性です。OmniHaulは、プロパティやチャンネルを素早く変更するためのジェスチャーを組み込むことで、この強みを大幅に拡張します。

Hauling(ハウリング)とは、3Dビュー上で(特定のUI要素やハンドルから開始することなく)クリック&ドラッグして、ツールがアクティブな状態で値(一般的にはツール属性)を編集すること、またはチャンネル運搬がアクティブな状態でチャンネル値を編集することです。

OmniHaulは、Modoでハウリング作業を行うための、より統一された一貫性のあるインターフェースを提供し、どの属性やチャンネルをハウリングするかをユーザーがコントロールできるようにします。

より詳しい情報はこちらから

MeshOpsとデフォーマのための延期/一時停止評価

プロシージャルモデリングには、非常に大きなパワーと柔軟性がありますが、計算によってはかなりの時間を要し、シーン内のインタラクションが遅くなることがあります。Modo 15.1では、これらの時間のかかる計算の一部を一時的に遅らせることができ、ツールの使用、チャンネルの修正、アニメーションの再生時のインタラクティブ性を向上させることができます。

これは、グローバルに制御することも、メッシュごとに制御することもできます。デフォルトでは、すべてのメッシュはMeshOpsリストで使用可能なグローバル設定に従って動作しますが、メッシュアイテムのプロパティのデフォルト以外の設定はグローバルオプションを上書きします。

より詳しい情報はこちらから

Static Analysis(静的解析)

アーティストは、シーン内の問題をすばやく特定して修正する必要がある場合があります。静的解析はModoの新しいフレームワークで、シーンを検索して、静的解析テストで定義された問題を見つけて修正します。プリセットのテストが用意されており、高度にカスタマイズされたテストも可能です。

より詳しい情報はこちらから

ダイレクト&プロシージャルモデリング

■Curve Booleans

Curve Booleansを使用すると、曲線を交差させて複雑な形状やパターンを生成することができます。

このツールは、ダイレクトモデリングとプロシージャルの両方で使用でき、カーブツールを使って複雑な2D形状を作成し、ブーリアンのシステムを作って2Dカーブを3Dモデルに変換します。

より詳しい情報はこちらから

■Curve Winding Aligner MeshOp

カーブフィル(Curve Fill )などのツールは、ジオメトリの作成を効率化しますが、ある曲線が別の曲線の内側にある場合、形状を適切に塗りつぶすためには、2つの曲線の方向が関連している必要があります。Curve Winding Alignerは、このプロセスを自動化し、アーティストがシーンのトラブルシューティングをすることなく、思い通りの結果を得ることができます。

■MeshFusion Edge Weights to Strips

MeshFusionでは、オープンエンドのチューブ状メッシュのエッジウェイトを活用してストリップを作成できるようになりました。これにより、プロシージャルなベベルをスムーズに作成することができます。また、Curve SweepやExtrudeなどのプロシージャルツールと組み合わせることで、作成プロセスのどの時点でも簡単に変更できる精密なメッシュを作成することができます。ストライプに変換できるエッジには次の制限があります。

  • 選択されたエッジは、メッシュの最後まで続いていなければならず、オープンエンドにすることはできません。
  • エッジのウェイティングは100%に設定されていなければならず、それ以外の値はストリップに変換されません。
  • エッジは互いに交差してはならず、エッジにはリッジまたはガリーのような目立った折り目がなければなりません。
  • エッジの端は、他のフュージョンソースアイテムで「capped」されていなければなりません。

より詳しい情報はこちらから

■Boolean, Union All

新しいUnion Allモードでは、ブーリアンワークフローでオーバーラップするメッシュアイランドを持つ1つのメッシュレイヤーを活用することができます。

■Layer selection for the Merge MeshOp

Merge MeshOpは、あるレイヤーやスタックから別のレイヤーにメッシュを渡す、プロシージャルモデリングツールセットの重要な部分です。プロシージャルスタック内のレイヤーを選択して、スタック全体の最終結果ではなく、出力することができるようになりました。

リギング

■MeshOp Stack Node

ノードグラフやスタック/ツリービューは、アイテムの関係を表現するのに最適です。新しいMeshOp Stack Nodeは、MeshOpの操作順序スタックをノードベースのスケマティック・ビュー内に可視化します。これにより、MeshOpスタックとノードグラフがどのように相互作用しているかを、別々のビューにジャンプすることなく、両方の方法の本質的な利点を維持したまま、より明確にすることができます。

レンダリング

■mPath

mPathは、新しい物理ベースのハイブリッド・レンダリング・パストレーサーです。

Modo 15.1 では、QuickCam の機能が拡張され、カメラを直接回転させることができるようになりました。これにより、アイテムを周回させることなくシーンを見渡すことができます。また、分散(Dispersion)機能が追加され、光が別々の波長や色に分割されることで、屈折をより正確に表現できるようになりました。これは、被写界深度を有効にした場合でも、レンダリング時間への影響を最小限に抑えます。

ファイル交換

UVタイリングとリアルワールドサイズに対応したUSDが導入されました。

機能強化

■TuneUps

寸法ツールに「Orient to selection(選択方向)」が追加され、デザイナーが作成するアイテムの寸法を評価する方法が改善されました。絶対スケールツールにもこの機能が追加されています。さらに、アイテムリストの右クリックメニューからレプリカを凍結することができるようになりました。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

What’s New ページへ

価格とシステム要件

Modo 15.1 は、macOS 10.14.x、10.15.x、11.x (64ビットのみ)、Windows 10(64ビットのみ)、Linux 64ビットオペレーティングシステム (CentOS/RHEL 7.6+)で利用することができます。

価格は、1年間のメンテナンス付きの新規永久ライセンスが1,909ドル、メンテナンスは440ドル/年です。サブスクリプションライセンスもあり、659ドル /年または 65ドル /月となっています。

最新アップデートのダウンロードはこちらから


MODO ウェブサイトへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました