スポンサー

Enscape 3.1がリリース、新しいマテリアル・ライブラリ、改良されたマテリアル・エディタ、NVIDIA DLSSのサポートなど

プラグイン

2021年7月21日(現地時間)Enscape GmbHは、建築向け3Dリアルタイムレンダリングとビジュアライゼーションソフトウェアの最新アップデート Enscape 3.1 をリリースしました。

Enscape 3.1 新機能

このリリースでは、新しいマテリアル・ライブラリ、改良されたマテリアル・エディタ、NVIDIA Deep Learning Super Sampling (DLSS) サポート、パノラマ・ギャラリー、簡素化されたアセット、レイトレースされたサンシャドウ、その他の新機能や拡張機能などが追加されています。

マテリアルライブラリ

プロジェクトのリアリズムを向上させる簡単な方法は、適切なマテリアルを使用することです。Enscapeの新しいマテリアルライブラリでは、あらかじめ定義された高品質のマテリアルを選択して、プロジェクトですぐに使用することができます。200種類以上のマテリアルが用意されており、今後のリリースでさらに追加されていく予定です。
新しいマテリアルライブラリには、木、布、レンガ、タイルなどのマテリアルが用意されており、これらのマテリアルはマテリアルエディターにインポートして様々な要素を編集することができます。
この新機能により、ハイエンドのレンダリングマテリアルを探したり作成したりする時間が短縮され、わずかな労力でレンダリングの品質を簡単に向上させることができます。

マテリアル・エディターの改善

Enscape 3.1 のマテリアル・エディタは、新しいインターフェイスだけでなく、新機能や機能性も向上しています。

マテリアルリストには色とマテリアルタイプのインジケータが表示され、マテリアルをすばやく簡単に識別できるようになりました。また、自照式(self-illuminated )のマテリアルタイプ、新しいアイコン、コントロール、マップタブなどが追加され、操作性が向上しています。

さらに、マテリアルエディタ内からマテリアルパッケージをインポートおよびエクスポートすることができるようになっています。

NVIDIA DLSS (Deep Learning Super Sampling)のサポート

2021年7月のNvidia Studioドライバ記事でも少し紹介しましたが、Enscape 3.1には、自動的にパフォーマンスを向上させるNVIDIA DLSSテクノロジーがサポートされています。

2021年7月の NVIDIA Studio Driver がリリース
2021年7月19日(現地時間)NvidiaはNVIDIA Studio Driverの最新アップデートをリリースしました。 NVIDIA Studioドライ...

このディープラーニングをベースにしたアップスケーリング技術は、内部的には低い解像度でレンダリングされますが、高品質なビデオと高性能なバーチャルリアリティのウォークスルーの両方に対応する、クリーンでシャープな高解像度イメージを出力します。

NVIDIA DLSSを有効にすると、ビデオのレンダリング時間が短縮され、品質が向上します。これにより、ウォークスルーのリアルタイム性能が向上し、低いGPU要件でも高いフレームレートを実現します。この最新技術は、NVIDIA RTXグラフィックスカードを使用しているユーザーが利用できます。

また、EnscapeとNVIDIA DLSSを活用し、最新世代のハイレゾVRヘッドセット使用して、より高品質なバーチャルリアリティ体験が可能となります。

パノラマギャラリー

Enscapeで作成された360度のパノラマは、デザインを紹介するための人気の高い方法です。これにより、クライアントはウェブリンクやQRコードから、プロジェクト内を自由に移動することができます。
この機能をさらに進化させるために、Enscapeユーザーから最も要望の多い機能のひとつであるパノラマギャラリーが導入されました。
新しいパノラマギャラリーでは、複数のパノラマをグループ化して同時に共有することができ、複数の部屋を紹介したり、デザインのさまざまなバリエーションを比較したりするのに最適です。この機能はEnscapeライセンスセンターの「Uploads」セクションで管理され、ユーザーはウェブブラウザを使って一度に複数のパノラマにアクセスすることができます。

Revit用マテリアル・エディタ

RevitとEnscapeのマテリアルのワークフローを改善するために、Revit用のベーシックマテリアルエディタが導入されました。
このエディタは「General」マテリアル・タイプをサポートしており、ビデオ・テクスチャ、自照式(self-illuminated )マテリアル、ディスプレイスメント・マップをEnscapeで適用することができます。
これはRevitマテリアル・エディタ・プロジェクトの第一段階であり、より良いアクセシビリティを提供することに取り組んでいるとのことです。

シンプルなアセット

ポリゴン数が少なく、デザインの初期段階での使用に最適な白い外観を持ったシンプルなアセットが追加されました。この最初のリリースには、人物、建物、植物、家具、車両が含まれています。

レイトレースによるサンシャドウ

NVIDIA RTXレイトレーシングテクノロジーは、2019年のバージョン2.6.1からEnscapeに搭載されており、ユーザーに高速で正確なライティングと反射計算を提供します。
Enscape 3.1では、新しいレイトレーシングされた太陽の影が追加されました。よりシャープで正確な影はレンダリングの質を高め、エクスポート画像、パノラマエクスポート、ウォークスルーのレストモードで利用できます。

価格とシステム要件

Enscape 3.1 は、Windows 7 64Bit以降、MacOSでは、Bootcamp経由で利用することができます。また、Enscapeプラグインは、次のソフトウェア用に提供されています。

  • Revitの(2018、 2019、2020、2021、2022)
  • SketchUpのメイク&プロ(2018、2019、2020、2021、2022)
  • Rhino (6.0および7.0)
  • ArchiCADの(21、 22、23、および24)
  • Vectorworks(2020(Service Pack 3)、2021)

詳しいシステム要件はこちらから

価格は、1台の固定マシンに関連付けられる固定シートライセンスが 69.90ドル/月 または 478.80ドル/年、複数のマシンで共有できるフローティングライセンスは 814.80ドル/年です。

また、14日間の体験版が使用できます。体験版のダウンロードや価格の確認はこちらから


Enscape 3.1 – Now Available!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました