スポンサー

Adobe公式Blender用Substance3Dアドオンのプレリリース版が利用可能に

フリーコンテンツ

2021年7月20日(現地時間)Adobeは、Blender用のSubstance3Dアドオンのプレリリースバージョンの提供を開始しました。また同時にBlender用のMixamoプラグインもダウンロード可能となっています。

Substance3Dアドオン

今まで非公式のアドオンもいくつかありましたが、このアドオンはAdobe公式となります。このアドオンでは、Blender内でSubstanceマテリアルに直接アクセスできるようになります。

他のプラグインをインストールするのと同じようにSubstance3Dアドオンをインストールすると、シェーダーエディタと3Dビューに新しいSubstance3Dタブが表示されます。

SBSARファイルをロードすると、そのタブにマテリアルが表示され、パラメーターとプリセットを変更できます(ctrl+shift+Uで素早くアクセス)

選択したオブジェクトにマテリアルを自動的に割り当てるオプションが用意されてるので、Blenderでのテクスチャリング作業をすぐに行うことができます。
デフォルトのマテリアル設定に戻したり、カスタム設定を確認することも簡単にでき、プリセットを保存してマテリアルの複製を作成することで、さらに別のバリエーションのマテリアルを作りることも可能です。次の動画で使用している様子を確認することができます。

また、プレリリースバージョン1(WindowsおよびMac)には次のような既知の問題点があります

  • クラッシュが発生した後にBlenderを閉じても、Substance3D統合ツールは引き続き実行されます
  • Blenderが複数のセッションで開いている場合、Substance3D統合ツールは無効になります
  • サブスタンス3Dマテリアルをオブジェクトに適用できない場合、エラーメッセージは表示されません。
  • パラメータスライダーを複数回ドラッグすると、Substance 3D統合ツールがクラッシュする(Macバージョンのみ)
  • Cyclesレンダーを使用する場合、パラメーターはビューポートでライブ更新されません

■システム要件このアドオンは、WindowsとMacで動作する公式Blenderバージョン2.90から2.93で利用できます。(Linuxも準備中

Blender用のSubstance3Dアドオンのダウンロードはこちらから

MIXAMO Auto-Control Rig Plugin

Substance3Dアドオンのプレリリースと同時にMIXAMO Auto-Control Rig Pluginもダウンロードできるようになったようです。

MIXAMO Auto-Control Rig Pluginを使用すると、、Mixamoで作成または既存の二足歩行のキャラクターモデルにBlender内で直接コントロールリグを作成することができるようになります。

MIXAMOには、キャラクターに直接使用できるモーションキャプチャークリップも2500個用意されており、Blenderでも必要に応じてアニメーションをカスタマイズすることができます。

Mixamo Auto-Control Rig Plugin for Blender のダウンロードはこちらから


The Substance 3D add-on for Blender is Here!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました