スポンサー

2021年7月の NVIDIA Studio Driver がリリース

CGソフト

2021年7月19日(現地時間)NvidiaはNVIDIA Studio Driverの最新アップデートをリリースしました。

NVIDIA Studioドライバは、アーティスト、クリエイター、3D開発者がクリエイティブなアプリケーションを使用する際の高いパフォーマンスと信頼性を提供しています。

7月のNVIDIA Studio Driver アップデート

7月のNVIDIAStudioドライバーは、Unity、Unreal Engine、Toolbag、Omniverseなど以下のクリエイティブアプリケーションの最新アップデートをサポートしています。

UnityとUnreal Engine

今回のドライバのリリースは、GDC 2021の開始に合わせて行われているようです。NVIDIA RTXテクノロジーは、2つのトップPCゲームエンジンの最新リリースに統合されており、ゲーム開発にも大きく貢献しています。

■Unity

Unityの新しい2021.2ベータリリースでは、NVIDIA DLSSのネイティブサポートが提供され、ゲーム開発者は高度なAIレンダリングをゲームに簡単に組み込むことができるようになりました。

[懸賞あり] Unity 2021.2 ベータ版 が利用可能に
2021年6月21日(現地時間)Unity 2021.2 ベータ版 が利用可能になりました。 Unity 2021.2 Unity 2021.2では、安定性...

DLSSは、従来のピクセルのほんの一部をレンダリングするだけで、ネイティブ解像度に匹敵する、時にはそれ以上の画質を実現します。これにより、より魅力的な体験のためのリアルタイムパフォーマンスが向上し、アーティストの貴重なエクスポート時間を節約することができます。
NVIDIAが提供する最新のDLSS SDK 2.2.1は、Unity 2021.2に組み込まれており、「Auto」モードと呼ばれる、特定の解像度に最適な画質を可能にする新しいブループリント機能が搭載されています。また、オプションでシャープネスのスライダーが用意されているので、開発者はビジュアルをさらに調整することができます。

■Unreal Engine

現在プレビュー版が公開されている「Unreal Engine 4.27」には、「Eye-Tracked Foveated Rendering」という実験的な機能が含まれています。この技術は、1つの画像を様々な解像度でレンダリングし、人間の視覚を模倣するために、フォーカスのポイントをシャープにする一方で、他の部分をぼかすというものです。

また、NVIDIA RTX GPUでは、NVIDIA Variable Rate Shading(可変レートシェーディング)を使用すると、パフォーマンスが向上し、画質の低下がみられなくなるため、拡張現実に最適です。さらに、RTXレイトレーシングをベースに構築されたGPU Lightmassベイキングでは、制作アセットの照明やディテールのレベルをよりよく制御するためのパラメータが導入されました。

Unreal Engine 4.27ロードマップへ

Marmoset Toolbag

Marmoset Toolbag 4.03には、最新のGPUで動作するように最適化された新しいレイトレーシングエンジンが搭載されています。NVIDIA RTX デバイスのネイティブハードウェアサポートにより、さらに高速なレイトレース結果が得られます。

最新のアップデートでは、RTXで加速されたAIデノイジングが追加され、ゲームアーティストはフォトリアリスティックなライティングとシャドウを持つマテリアルを素早く視覚化することができます。

Marmoset Toolbag 4.03 がリリース、リアルタイムノイズ除去、新しい選択やテクスチャリングツールの追加など
2021年7月2日(現地時間)Marmosetは、リアルタイムレンダリング、テクスチャリング、ベイキングツールセットの最新アップデートToolbag 4.03の...

NVIDIA Omniverse

NVIDIA Omniverse は、3Dコンテンツの作成とコラボレーションのためのプラットフォームです。モジュール式の開発フレームワークを用いて、簡単に拡張およびカスタマイズできるように一から構築されています。このプラットフォームには、 MachinimaAudio2Faceのような既製のOmniverseアプリに加えて、200以上のOmniverse Kit Extensions(特定のタスクを達成するために作られた小さなコード)が含まれています。

ゲーム開発者は、あらかじめ用意されているアプリや拡張機能を使用することもできますし、Omniverse Kit上で独自のツールを簡単に構築することもできます。Omniverse Kitは、基本的なプログラミング知識を持つコーダーが、コンテンツ制作パイプラインを支援する拡張機能、アプリ、マイクロサービスを構築できる堅牢なシステムです。

7月22日午前8時30分~9時30分(PT)に開催されるGDCセッション「Collaborative Game Development with NVIDIA Omniverse」では、Omniverseについて詳しく知ることができます。このセッションでは、Unreal Engine 4、3ds Max、Mayaなどの業界をリードするアプリケーション間のコラボレーティブなワークフローに関するヒントに加え、Omniverse Kitをベースにした構築方法について紹介されます。興味のある方は、こちらから登録可能です。

Enscape

7月21日にリリースされるEnscape 3.1には、新しいNVIDIAリアルタイムデノイザーと、NVIDIA RTX GPUを利用するリアルタイムエンジン用に設計されたNVIDIA DLSSのサポートが追加されています。

これにより、ビューポートの視認性が向上するとともに、低解像度でのレンダリングが可能になり、より高いフレームレートを実現します。また、AIスーパーレゾリューションを使用して画像をアップスケールし、同等以上のビジュアルフィデリティ(visual fidelity:視覚的忠実度)を実現します。

RenderMan

Pixar Animation StudiosのRenderMan 24には、ルック開発に特化したGPUアクセラレーションによるレイトレーサー「RenderMan XPU」が追加されました。

ビューポートでのAIノイズ除去と合わせて、RenderMan XPUは、アーティストがインタラクティブにアートを作成し、最終フレームのレンダリングを予測するイメージを表示することができます。

RenderMan 24 がリリース、XPU、スタイライズドルック、新しいシェーディングシステムの導入など
2021年6月29日(現地時間)Pixar は、フィジカルベースレンダラーの最新アップデート RenderMan 24 のリリースを発表しました。 Rende...

Topaz Video Enhance AI

Topaz Video Enhance AIは、RTX GPU Tensor Coreを搭載した新しいAI機能であるスローモーション機能が利用可能になりました。これにより、高価な高フレームレートのカメラを用意する必要がなくなります。

Video Enhance AI v2.3 がリリース、FPS変換のための新しいAIモデルの追加など
2021年6月29日(現地時間)Topazlabsは、動画の品質向上のためのソフトウェアの最新アップデート Video Enhance AI v2.3 をリリー...

ダウンロード

2021年7月のNvidia Studioドライバ(リリース471.41)は GeForce Experienceか、ドライバのダウンロードページからダウンロードすることができます。


From Concept to Credits, Faster: NVIDIA Studio Ecosystem Improves Game Creation With RTX-Acceleration and AI

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました