スポンサー

Substance 3D Painter 7.2 がリリース、新しいアセットパネルやパフォーマンスの向上など

CGソフト

2021年6月23日(現地時間)Adobeは、3Dメッシュのテクスチャやレンダリングを可能にする3Dペイントソフトウェアの最新アップデート Substance 3D Painter 7.2 (旧 Substance Painter ) をリリースしました。

新しくなった Substance 3D Painter は、Adobe Substance 3D アプリのひとつとしてAdobe Creative Cloudから利用できるようになりました。

Adobe、3D/ARアプリをまとめたSubstance 3D Collectionを発表
2021年6月24日 Adobe は、Substance 3D Collectionを発表しました。個々のアプリのアップデートもされていますが、それはまた別の記...

Substance 3D Painter 7.2 新機能

このリリースでは、アセットパネルの更新、新しいシェーダー、UIの全面的な刷新、要望の多かったパフォーマンスの改善、言語サポートの拡大などが行われています。

新しいアセットウィンドウ

従来の「Shelf」ウィンドウが改良され、「Assets」ウィンドウに名称変更されました。今回のリニューアルでは、新しい専用アイコンにより、コンテンツに素早くアクセスし、フィルタリングしやすくなっていたり、パンくずを利用したナビゲーションシステムも簡単になっています。また、他のSubstance 3Dソフトウェアと同様の操作性を実現することで、アプリケーション間でのコンテンツの管理を容易にしています。

■新しいデザインとレイアウト

新しいデザインでは、シンプルさに加えて、ウィンドウの整理がしやすくなっています。ウィンドウを縦にドッキングできるようになり、新しい「リスト」表示モードでは、アセットを名前で簡単に検索できるようになりました。
■新しい使用法フィルター
アセットウィンドウには様々なコンテンツがありますが、コンテンツをフィルタリングして特定のリソースを分離するには、使用法が適しています。特定の用途を選択するには、専用のボタンをクリックするだけです。複数の用途を追加または削除するには、ボタンをクリックしながらCtrlキーを押し続けます。
■新しいパンくず式ナビゲーション
小さなUIでは、リソースのナビゲーションが難しい場合があります。パンくずナビでは、フォルダ階層をすべて表示しなくても、フォルダ間の移動が簡単になりました。
■サムネイル表示の改善
サムネイル生成システムの再構築に時間をかけ、品質を向上させ、Substance 3Dエコシステム全体でより一貫した外観を実現しています。また、変位のサポートも追加しました。
■Substance Archives (sbsar)からのサムネイルの読み込み
Substance ファイルに埋め込まれたカスタムサムネイルは、ロードされず、Assets ウィンドウに表示されません。カスタムアイコンのリソースメタデータを含める必要がないため、カスタムリソースの共有が容易になりました。
■パフォーマンスの向上
サムネイルの読み込みと生成の時間がいくつかの点で改善され、より速くなりました。

■プレビューメモリバジェットを増やして、より多くのサムネイルをロード

デフォルトでは、パフォーマンスを向上させるために、限られた量のメモリがサムネイルの表示に割り当てられています。しかし、多くのリソースを持つライブラリでは、常にサムネイルのロードとアンロードが発生し、ナビゲーションやリソースの検索が困難になります。デフォルトのバジェット値をオーバーライドする新しい環境変数が追加されました。

このリリースでは、アプリケーションの環境設定とシェルフ/アセットのコンテンツの管理方法が変更されています。データを移行する方法については、こちらのページをご覧ください。

Substance 3Dエコシステムの交換

Substance 3Dアプリケーション間でのリソースやアセットの送信がより簡単になり、ワンクリックでアクセスできるようになりました。Substance 3D DesignerやSubstance 3D SamplerからSubstanceファイルを受信したり、Substance 3D Stagerにプロジェクトを送信して、コンテンツの反復作業を素早く行うことができます。

この送受信機能は、Creative Cloud Desktopバージョンのアプリケーションでのみ利用できます。SteamやSubstance 3Dスタンドアロン版では、これらの機能はサポートされていません。

自動UV展開の改善

自動UV展開機能がアップデートされ、UVタイルのサポートとUV生成のコントロールが追加されました。

■UV Island orientation

Unwrap Optionsウィンドウ内で、UVアイランドの向きを選択できるようになりました。これにより、元のメッシュに応じてUVの向きを変えることができます。これは特にハードサーフェイスのメッシュに有効です。

■UV Tiles amount

自動アンラップがUVタイルでも機能するようになりました。自動アンラップのオプションには、プロジェクト内のタイルの最大数を決定する追加設定があります。

使用するUVタイルの数は、最低でもプロジェクト内のマテリアルの数に対応している必要があります。

新しいAdobeSubstanceMaterialワークフロー

Adobe Substance Material (ASM)と名付けられた新しいシェーダーが追加されました。このシェーダーは複数の機能を同時にサポートしており、1つのテクスチャセットでより複雑で正確なマテリアルを構築することができます。

ASMは、クリアコーティング、光沢、異方性、鏡面エッジカラーなどの新しいマテリアルの動作を導入するPBRマテリアル仕様で、サブサーフェスの散乱も改善されています。

この新しいシェーダーの統合により、シェーダーAPI全体が改善され、さらに8つのユーザーチャネルが追加され、合計16になりました。

その他の改善

このバージョンでは、いくつかのQOLを向上するアップデートが行われています。

■ペイントとタブレットの改善

ペイントとタブレットのサポートが改善され、複雑なレイヤースタックの上にペイントする場合や、非常に多くのペイントストロークを処理する場合のパフォーマンスが向上しています。

また、一部のタブレットを使用している場合に、長年にわたって発生していたスライダーのスティッキー問題も修正されました。

■Height-to-normal アップデート

これまでPainterでは、高さの情報を通常のディテールに変換していました。一般的に、白黒の値を使って高さを扱う方が簡単だからですが、今回のアップデートでは、シャープという新しい変換方法が追加されました。これにより、特にマテリアルをタイリングする際に、高周波数やハードサーフェイスのディテールをより正確に処理することができます。

■大規模なレイヤースタックの処理速度の大幅な向上

多くのレイヤーを含むレイヤースタックの上にペイントレイヤーを追加する場合、速度が大幅に向上しました。以前のバージョンでは、最初のストロークが表示されるまでに数秒かかっていたのが、ほぼ瞬時にビューポートに表示されるようになりました。

Substance 3D Painter 7.2 のすべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Substance 3D Painter 7.2は、Adobe Substance 3D アプリのサブスクリプションプランに含まれています。
Adobe Substance 3D Texturing プランには、Painter、Designer、Samplerアプリと、月に最大30の3​​Dアセット(マテリアルのみ)が含まれ、価格は2,398 /月(税込)です。
Adobe Substance 3D Collectionプランには、Painter、Designer、Sampler、Stagerアプリと、1か月あたり最大50の3Dアセット(マテリアル、モデル、およびライト)が含まれ、6,028円/月(税込)(初年度4,818 円/月)です。
チーム向けAdobe Substance 3D Collectionプランには、4つのアプリ、100の3Dアセット、1TBのストレージ、と簡単なライセンス管理が含まれ、12,188円/月(税込)(初年度9,768 円/月)です。
価格の確認はこちらから
またSteamからは、永久ライセンスのSubstance 3D Painterが購入できます。現在スペシャルプロモーション中で、10,494円となっています。

A Smoother Texturing Experience, with Substance 3D Painter

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました